Xcode

ビルド ID

ビルド ID を自動インクリメント

AppStoreConnect にアップロードするときだけビルド ID を更新してほしいので、Edit SchemeからArchivePre-actionsを更新する。

cd ${PROJECT_DIR}
xcrun agvtool next-version -all
1
2

ビルド ID を Git のコミット数に変更

TARGET のBuild Phasesから+を押してNew Run Script Phaseを選択。

buildNumber=$(git rev-list HEAD | wc -l | tr -d ' ')
/usr/libexec/PlistBuddy -c "Set :CFBundleVersion $buildNumber" "${PROJECT_DIR}/${INFOPLIST_FILE}"
1
2

デバッグ機能

余計なログを非表示

OS_ACTIVITY_MODE = disableを環境変数に設定する。

Info.plist

HTTP 通信を許可する

App Transport Security SettingsAllow Arbitrary Loadの値をYESにする。

Allow Arbitrary Loads in Web Contentでは WebView のみ HTTP 通信が許可されるので、Alamofire などで対応したい場合にはこちらではなくAllow Arbitrary Loadの方を変更すること。