RealmSwift (opens new window)

RealmSwift で定義したモデルケースを SwiftPackage でフレームワーク化しようとしたらちょっと詰まったので掲載。

というか、今調べたら普通に日本語ドキュメント出てきてぼくは泣きました。

ほとんど全く同じことを[SwiftPM][Realm] Swift Package の Package.swift の記述方法 Realm に依存するケース (opens new window)で書かれているので、オチが気になる人は先にこっちを読んでしまっても良いです。

Package.swift

本来であればそのまま必要なライブラリの情報をPackage.swiftに書けばよいのですが、realm-cocoaで提供されているパッケージ名はRealmなのでRealmSwiftをそのまま取り込むことができません。

(1), (2) の行がポイントです。 特に、(2) の Package "Realm" 内で定義されている Product "RealmSwift" を記述しないと RealmSwift が見つからずコンパイルエラーが発生します。

dependencies: [
    .package(name: "Realm", url: "https://github.com/realm/realm-cocoa.git", from: "10.12.0"),
],
1
2
3

なので、単なるdependenciesには次のように名前を指定して読み込み、

dependencies: ["Realm", .product(name: "RealmSwift", package: "Realm")]),
1

実際に利用するところではRealmに加えてRealmSwiftも利用するということを明記しなければいけません。

これでライブラリ側からRealmSwiftが利用でき、コンパイルエラーも発生しなくなります。

RealmSwift のおまけ

AppDelegateに次のようにシミュレータビルド時には Realm のディレクトリを表示するようにしておくとちょっと便利です。

// シミュレータビルド時にはディレクトリを表示
#if targetEnvironment(simulator)
print(Realm.Configuration.defaultConfiguration.fileURL!.path)
#endif
1
2
3
4

以下のようなものが表示されるので Finder でパパっと目的のファイルをひらくことができます。

/Users/devonly/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/827DB7C3-CBCE-4D0F-857C-01ADFE8B216A/data/Containers/Data/Application/51452190-6D80-4887-9C93-A05F5B18C5C5/Documents/default.realm

価格