THEOS

THEOS は脱獄 Tweak を作成するためのプラットフォームです。

単なる広告非表示 Tweak から GUI も整った高度な脱獄アプリまで何でもつくることができます。

THEOS のセットアップ

THEOS は Windows、iOS、macOS、Linux のプラットフォームをサポートしているようですが、とりあえず macOS を利用するのが簡単です。

iOS でも開発はできるので macOS を持っていない方は脱獄した iOS に環境を作り、SSH 接続して PC でコードを書くことになると思います。Windows や Linux はめんどくさいので今回は割愛します。

必要なもの

  • macOS
    • Mavericks(10.9)以上であれば問題ないようです
  • Xcode
    • とりあえず最新のものをインストールしておけばよいです
  • Objective-C、Swift への情熱
    • 最低限のプログラミングスキルは必須
  • エラーにもくじけない心

セットアップについて

すべてのコマンドは必ずユーザ権限で実行するようにしてください。要するに、rootで実行してはダメだし、sudoをつけてもダメだということです。

Homebrew のインストール

以下のコマンドでインストールします。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"
1

それなりに時間がかかるのでじっくり待ちます。

ldid、xz のインストール

brew install ldid xz
1

これも同様に待ちます。

環境変数の設定

# Catalina(macOS 10.15) 以上の方
echo "export THEOS=~/theos" >> ~/.zprofile
source ~/.zprofile
1
2
3
# Catalina(macOS 10.14) 未満の方
echo "export THEOS=~/theos" >> ~/.profile
source ~/.profile
1
2
3

おまけ

@p1atdev (opens new window)氏の記事 (opens new window)にもあるように、コマンド一発で theos を呼び出せるようにしておくと良いかもしれません。

vi ~/.zprofile
1

でファイルをひらき、alias theos="$THEOS/bin/nic.pl"を追記して保存。

THEOS のインストール

インストールといっても GitHub からクローンしてくるだけです、簡単。

git clone --recursive https://github.com/theos/theos.git $THEOS
1

SDK のインストール

curl -LO https://github.com/theos/sdks/archive/master.zip
TMP=$(mktemp -d)
unzip master.zip -d $TMP
mv $TMP/sdks-master/*.sdk $THEOS/sdks
rm -r master.zip $TMP
1
2
3
4
5

これを全部一気にターミナルにコピーして実行。iOS14.4 までの SDK しかないので、それ以上のものが使いたい場合は各自手に入れよう。

実行してみる

$THEOS/bin/nic.plと実行して以下のように表示されれば成功

THEOS JAILED のセットアップ

脱獄していなくても動作させられる Tweak を作成できる神ツール。

一時期はやった Sideload などで使われている。興味がある人は是非追加してみよう。

git clone --recursive https://github.com/kabiroberai/theos-jailed
cd theos-jailed
./install
1
2
3

こうすると標準の THEOS に入獄用 Tweak 作成のテンプレートが追加される。

$THEOS/bin/nic.plと実行して以下のように表示されれば成功

さっきまでの結果と比べて[8.] iphone/jailedという項目が追加されているのがわかります。

ここまでできればセットアップは完了です。