SwiftUI でカメラ使うとめんどくさい

カメラアプリなどは多数リリースされているが、それを実際に SwiftUI で実装してみようとすると意外とめんどくさいことがわかりました。

単純にカメラ機能を実装するだけなら簡単なのですが、カメラから取り込んだ画像をいろいろ処理してから表示しようとするとややこしいのです。

今回は簡単な方法からめんどくさい方法まで解説します。