Nintendo Switch Hack

オンラインプレイについて

CFW が起動した状態で絶対にニンテンドーネットワークに接続してはいけません。ニンテンドーオンラインの規約違反なだけでなく、不正アクセス等の法令に違反する恐れがあります。

CFW でインターネットに接続する際は 90DNS を必ず使うようにしてください。

90DNS の設定方法は以下の記事を参考にしてください。

CFW の導入

現在の CFW の環境は DeepSea + EmuMMC が主流です。

何故 DeepSea を使うのですか

CFW は atmosphere が更新が早く、一番使われています。

ただ、atmosphere 単体では他のツール等が入っておらず、初心者の方は使い勝手が悪いです。DeepSea は atmosphere やその他の便利なツールが一括になっているオールインワンパケージであり、ファイルを解凍してコピーするだけで導入できるのが特徴です。

ただし、DeepSea は悪い言い方をすればいろいろなツールをまとめただけであり、そのため開発者からはあまり好まれていません。

何故 EmuMMC を使うのですか

通常の状態ではニンテンドースイッチは SysNAND と呼ばれる本体の NAND からファームウェアやその他のデータを読み出して起動しています。

しかしこの状態では NSP をインストールなどすると本体の NAND に改造した痕跡などが残ってしまい(これを NAND が汚れるなどといいます)、万が一物理的に(改造等が原因ではなく)ニンテンドースイッチが起動不可能になってしまった場合、改造の痕跡を発見されて任天堂に修理を拒否されてしまう可能性があります。

EmuMMC は SD カード上に仮想の NAND を作成することで環境を完全に切り分けることができるので、SD カードさえ抜いてしまえばクリーンな状態にいつでも戻すことができます。

ただし、EmuMMC 自体には BAN を回避するような仕組みは備わっておらず、EmuMMC であっても 90DNS の設定は必須です。

もしも初めてニンテンドースイッチの改造に挑戦しようとしているのであれば DeepSea + EmuMMC の環境構築をすることを強くオススメします。

DeepSea の導入

EmuMMC の導入

初級編

カスタムテーマ

IPSwitch でチート適用

各種キーのダンプ

ニンテンドースイッチはさまざまな鍵が使われていますが、主なものは title.keys と prod.keys の二つです。

title.keys とは

title.keys にはタイトルキーと呼ばれるキーが保存されています。タイトルキーはゲームのタイトルの固有の値で、NCA を展開するときにはこのキーが必要になります。

prod.keys とは

prod.keys にはニンテンドースイッチのプロダクトキーと呼ばれるニンテンドースイッチの本体ごとに固有の鍵が保存されています。本体ごとに固有のため、prod.keys を使い回すことはできません。

title.keys や prod.keys を保存するには Lockpick を使うのが最も楽です。

ゲームのバックアップ

ゲームのバックアップには HACGUI を使った方法と、NXDumpTool を使った方法があります。

バックアップのインストール

Sigpatch Installer

Edizon

中級編

DeepSea Toolbox

Pack ファイル

SZS/SARC ファイル

BPRM/BYML/BYAML ファイル

ゲームのダウングレード

IPSwitch でコード移植

上級編

スイッチのダウングレード

ステージ移植

Starlight

Skyline

エミュレータ