フジツボスポーツクラブ

基本情報

項目
ノックアウト率 40.44%
平均ノックアウト時間 2:18
勝利側平均カウント+ 11
勝利側平均カウント 17
敗北側平均カウント 42

カウント 90 前後でも勝率が 70%くらいしかないのでカウントを進めることは怠らないように。

ゴール直前の防衛率と勝率が悪いのはここで戦いになったら防衛側が不利だということを意味しているので、ここまで絶対に進まれないようにしよう。

概要

キル力依存 立ち回り依存 初動ホコ割重要度
☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆

青ルートが安定かつ無難な選択と思われます。

初動のホコ割が最初の一分のカウントを左右するといっても過言ではありません。割り勝てれば中央に塗りが広がるため、非常に有利になります。

割り勝って相手が一人でも落ちたのであればすぐに拾って青ルートを選択すればカウント 40 くらいであれば簡単に取れます。もちろん、試合開始直後に青ルート側にまわっている相手がいないかどうかはチェックしておきましょう。

割り負けそうだからと相手が敵陣網側に引けばやはり割ってホコをとって青ルートが進めます。

初動でも見ていないと思えば一気に進もう。

逆に言えば、ここの初動はホコ割は負けたくないし、割り負けたときはやられないようにしなければならず、しかも青ルートを選択されたときにすぐ止められるような立ち回りが必要になります。

このステージでの考え方

まず覚えておいてほしいのは「赤ルートは防衛側が有利なので選択するケースが少ない」ということです。相手もそれをわかっているので、よほどの人数有利が続いていない限り赤ルートを選択しません。

しかしそれは「防衛側が止めようと思えば赤ルートは止めやすい」というだけであって、誰も見ていなければルートの短さ故にあっというまにカウントを進められてしまいます。

なので「赤ルートは使ってこないだろうけれど、もし使ってきたときにはすぐ止められる」という立ち回りが要求されます。青ルートも同様で、ホコが真ん中付近に落ちているときはいつでも取られて青ルートを進まれることを考えていなければいけません。

例えば中央にホコがある状態で自分がやられたことを考えてみましょう。このとき、まず上部のイカランプを見てどちらがどれだけ人数有利かを瞬時に見極めなければいけません。

もしこのときこちらが人数不利であるなら「相手がホコを持って青ルートを使って進軍してくる」ことを警戒しなければいけません。ホコを持って進んでいる相手を後ろから倒すのは難しいので、人数不利のときは安易に中央へスーパージャンプするのは避けたほうが良いです。スーパージャンプしているスキにカウントを進められてしまう可能性があるからです。

また、復帰時に安易にこの場所に降りるのも避けたいところです。ここにいれば赤ルートは止めやすいですが、青ルートを選択されたときに止めるのが難しいです。

ここから降りるときは青ルートを進まれても止められる自信があるときだけにしましょう。

進軍での考え方

青ルートを選択する上で最もホコを止められやすいのがこの壁裏の相手陣地です。何故止められやすいかと言うと、死角が多くて相手がどこにいるのかわかりにくいからです。

なので、ここを突破してホコを前に進められるというのは大きな人数有利があり残りの相手がどこにいるのか把握できている状況(相手の人数が少ないほどどこにいるかはわかりやすい)か、仲間が既にこの陣地を荒らしていて塗りが十分あるかのどちらかです。

相手が見ていない場合は別ですが、見られている場合にはガチホコが先に突っ込んでもただやられるだけなので、ホコ持ちはホコショットで前戦を荒らしている仲間の援護をしてあげると良いでしょう。

フルショで一気に塗って駆け抜けよう。

何度もいいますが、この相手陣地は青ルートで最も突破が困難な場所なので長居は無用でさっさと突破したいエリアです。フルチャージのホコショットであれば動画のように途中のブロックも含めて一気に塗って進めるので、ぜひとも試してみてください。