Nintendo Switch

Hack

本ページでは “このページさえ見ればニンテンドースイッチのHackのすべてが解決できる” ことを目的として、様々な情報をまとめたものになります。

かなり細かいところまで触れて解説しているつもりですが、執筆者の理解度以上の情報については扱えないのでご了承願います。

はじめてのHack

Nintendo SwitchをHackするための手引書です。

初めてNintendo Switchの改造に手をだそうとしている方はまずこれを最初に読んでください。

各種Keyのダンプ

prod.keys, title.keys, biskeydumpのダンプについてまとめています。

どこかで必ず必要になるので、最初にダンプしておくことをおすすめします。

ファイル展開(SZS, SARC)

スプラトゥーンなどの内部データであるSZSファイルからデータを展開する方法について以下の記事で解説しています。

BPRM/BYML復号・暗号化

スプラトゥーンのパラメータを弄るためにはBPRMやBYMLを改竄する必要がありますが、そのままでは暗号化されているのでこれを復号するための手順について解説しています。

FTP接続

ニンテンドースイッチはMicro SDを抜き差しするたびに再起動が要求されるのですが、FTPを利用することで再起動なしにSDカードの内部データにアクセスできます。

ダウングレード

不意のアップデートでCFWが導入できないバージョンにアップデートされてしまった場合でも、NANDのバックアップを保存していればいつでもダウングレードできます。

以下の記事ではNANDのバックアップから公式FWの抽出方法、ダウングレードの二通りのやり方について解説しています。

IPSwitch

GHIDRAを使ったIPSwitch向けのコードの移植方法について解説しています。

NSPインストール

いろいろなNSPインストールツールがありますが、直感的なUIとわかりやすさを兼ね備えたGoldleafをオススメします。

下記の記事で一通りのGoldleafの機能の説明をしています。

バックアップ

ゲームのバックアップはWAIN DUMPERが有名ですが、その導入と使い方について解説した記事になります。

また、CFWで起動するためには一般的にNSPと呼ばれる別の形式に変換する必要があるのですがそれについても解説しています。

アップデータ

アップデータはWAIN DUMPERではバックアップできないので、別のツールを使う必要があります。

最も簡単と思われるのはHACGUIを使う方法なので、それをご紹介します。

memloader

USB接続でNANDにアクセスできるmemloaderの使い方をご紹介します。

NANDバックアップは万が一に備えてとっておかなければいけないのですが、hekateを利用する方法に比べて高速に行えるのが特徴です。

Knowledge

ニンテンドースイッチのHackはどこまでできるのか、どのような展望が見込めるかなどについて書いていこうと思います。

技術的な話になるので興味がない方はスルーで結構です。

エミュレータ

Nintendo Switchのエミュレータはかなりの完成度になっています。

まだまだ実機と同じようにプレイする段階には至っていませんが、PS3よりは将来性がありそうな出来栄えです。

以下記事でNintendo Switchエミュレータであるyuzuの導入を日本語でわかりやすく書いているので興味がある方はどうぞ。

BAN

オンラインを目的としたゲーム機であるNintendo Switchには改造故にBANの可能性がつきまといます。

BANされた場合に解除できるのかどうかについてわかりやすく書いたつもりなのでぜひ読んでください。

BAN対策のためにぼくがしていることを書いておきました。

必ずしも正しいわけではないと思いますが、参考にどうぞ。

シェアする