[Hack] ニンテンドースイッチ改造の基本

Hack

基本知識

ニンテンドースイッチは旧型であればRCMジグとMicroSDさえあれば簡単にHackすることができます。

最新バージョンはHack出来ない可能性もあるので、その際は以下の記事を参考にダウングレードすると良いかもです。

改造を施した状態でオンラインに繋ぐと悪意があろうがなかろうが、悪いことをしてようがしていまいが問答無用でBANされます。

ニンテンドースイッチのBAN解除は不可能なのでそこは注意しましょう。

Switch-Lan-Playのfake-internetオプションを使うことで意図せずオンラインに繋いでしまうことは回避できます。

まあでも一番は二台目のオフライン専用のニンテンドースイッチを買うことだと思います。

本体以外の機器は全く要らないので、それらを全て売ってしまいえば実質的に15000円くらいで二台目のニンテンドースイッチを手に入れることができます。

ただし、今から購入する二台目は既に対策基板のニンテンドースイッチである可能性が高いので、アカウント移行機能を利用して一台目のニンテンドースイッチを改造することになります。

https://www.nintendo.co.jp/support/switch/transfer/index.html

必要なもの

  • RCMジグ
  • Micro SD
  • SDカードリーダ
  • USB-Cケーブル

どれも入手は簡単なものばかりですが、一応アマゾンのリンクを下に貼っておきます。

RCMジグ

RCMジグというのはこういう短絡コネクタのことで、ジョイコンの右側に代わりにとりつけるものです。

こちらは利用時にパソコンが必須になってきます。

RCMジグ自体はなくても出来なくはないですが、あったほうが絶対に楽なので買ってしまいましょう。

Micro SD

既にMicro SDを持っている方はこちらは不要です。

SDカードリーダ

PCでMicro SDが読み込めないという方はこちらをどうぞ。

個人的にはこの製品がおすすめですが、既にMicro SDをパソコンで読み込める環境がある方は不要です。

USB-Cケーブル

これも持っていない方のみ必要です。

Proコントローラーを使っている人は、プロコン用の充電ケーブルでも代用できます。

ダウンロードすべきもの

  • Kosmos
  • Tegra RCM Smash
  • Checkpoint
  • IPSwitch

Kosmos

Releases · AtlasNX/Kosmos
All-in-One CFW Package for the Nintendo Switch - previously SDFilesSwitch - AtlasNX/Kosmos

とりあえずこれさえあればなんとかなるというのがこのKosmosです。

執筆時の最新バージョンはV11.11

ダウンロードして解凍したらMicro SDにコピーします。

このGIF動画と全く同じ構成になるようにしなければいけません。

Micro SDの構成

TegraRcmGUI

Releases · eliboa/TegraRcmGUI
C++ GUI for TegraRcmSmash (Fusée Gelée exploit for Nintendo Switch) - eliboa/TegraRcmGUI
TegraRcmGUI

インストールする必要はないので、ポータブル版で良いでしょう。

解凍したフォルダ内の構成

いろいろありますが、TegraRcmGUIを起動します。

Windowsからの警告

警告が出た場合は、詳細情報を押してから「実行する」を選択します。

Install Driver

まず最初にニンテンドースイッチを認識できる状態にしなければいけないので、Install DriverをクリックしてAPX用のドライバをインストールします。

警告画面

「APXのデバイスが見つからないけどインストールする?」ときかれますが、多分「はい」で大丈夫。

ドライバのインストール

ここまで出来たら準備は整いました。

CFWを起動する

まずはニンテンドースイッチの電源を切ります。

本体の電源ボタンを長押ししないとスリープモードになってしまうので、必ず電源ボタン長押しをしましょう。

電源ボタン長押し
電源を切る

ニンテンドースイッチの電源が切れたら、RCMジグを右ジョイスティックをはめるところに接続します。

RCMジグを接続したところ

接続したら、電源が切れている状態で本体のボリューム+ボタンと電源ボタンを同時押しします。

すると一見何の反応もないようですが、ここでUSB-TypeCのケーブルを使ってニンテンドースイッチとパソコンを接続します。

先述したように、このとき使うUSBケーブルはProコントローラーを充電するときのものを使用して構いません。

PC側の操作

TegraRcmGUI

ここでTegraRcmGUIを確認するとRCM OKの文字が表示されているのがわかります。

TegraRcmGUIを閉じてしまっていた場合は再度起動してください。

Favoritesから「hekate_ctaer_5.0.0.bin」を選択します。

そしてInject payloadをクリックしてパソコン側の操作は一旦終了です。

ニンテンドースイッチ側の設定

恐らくこんな怪しげな画面が表示されているので、この状態で電源ボタンを一回押します。

このモードでは電源ボタンがYes(OKボタン)を意味します。

プロコンやジョイコン、その他の外部機器の操作は一切受け付けないので注意してください。

この画面が表示されたらボリュームボタンを操作してCFWを選択して電源ボタンを押します。

CFW起動画面

一見何も変わっていないように見えますが、Albumを開くと全く違う画面が開きます。

Checkpoint

コメント

  1. りかこ より:

    連投すみません。
    リストアしてOFW起動まで戻せたのですが、今度はTegraRcmGUIで認識しなくなりました。
    switch自体はRCMモードに入るのですが、PCに接続するとTegraRcmGUIで認識する前に通常起動に戻ってしまいます。なぜでしょうか?

  2. りかこ より:

    連投すみません。
    もともとOFW10.0.3にアップグレードして最新CFWを使用していました。
    旧バージョンのゲームをやるためにChoiDujourNXの本体リセット機能を使用したところ、うまく本体が起動できなくなり、NANDのリストア(FW9.0.1のもの)を行いました。
    リストア後、OFWでswitchの通常起動はできるようになりました。
    しかし、hekateからのCFW(emunand)起動がうまくいかず、sysnand起動もブルースクリーンになったりと調子が悪いです。

    何か解決策はありますか?

  3. りかこ より:

    自己解決しました。
    emuMMCを作成していないという単純なミスでした。
    連投失礼いたしました。

    • えむいー より:

      起きたらコメントにお返事しようと思っていたのですが、自己解決されたようで何よりです。

      すぐに返事しようとも考えたのですが、少し自分で解決の糸口を見出して欲しく、結果的に焦らしてしまうことになってすみません。

  4. 竹内 より:

    10.10にて初の作業にて固まりやすいのですが・・・・・

  5. そこら辺の人 より:

    何回も電源+ボタンを押してRCMモードにしようとしているのですが、出来ません。
    どうしたらよいでしょうか。(RCMはクリップで自作したものです。クリップの問題でしょうか?400回くらいやりました。)

    • えむいー より:

      安定性を求めるなら高い買い物ではないのですしRCMジグを買ったほうが良いと思います。

      自作の場合はショートさせるピンが正しいかご確認ください。

  6. bell より:

    本体メモリに保存してあるダウンロード版ソフトから音楽ファイルを抽出しパソコンなどで聞けるようにしたいのですが、
    CFW導入後にどのソフトを用いるのが容易なのでしょうか?

    • えむいー より:

      ダウンロード版ソフトでしたらNXDumpToolが一番楽かと思います。

  7. 匿名 より:

    64ギガのsdカードを使ったのですがcfwを起動しようとするとFAT32を使ってくださいと英語で出てくるのですが諦めた方がいいのでしょうか

    • えむいー より:

      CFWを起動するときはSD PartitionのEMUNANDを使うのが良いと思います。その時は強制的にFAT32でフォーマットできるので、是非とも試してみてください(当HPでEmuNANDとか調べれば該当記事がでてくると思います

タイトルとURLをコピーしました