no-image

[2019年4月版]通話しながらゲームをする方法

はじめに

通話しながらゲームをするために必要な知識について考えましょう。

まず、ケーブルで伝送しなければいけない信号が四つあることを覚えましょう。

  • マイク音声
  • 通話音声
  • ゲーム音声(ステレオ)

マイク音声と通話音声はモノラルですのでケーブルが一極あれば足りますが、ゲーム音声はステレオですので四極必要です。

つまり、四極に対応したケーブルとヘッドホンが必要になります。

どういう方法があるか

通話しながらゲームをするには大まかに分けて二つの方法があります。

一つは自分のお気に入りのヘッドホンを使いたいという人向けで、ステレオミキサーを使う方法です。

もう一つはとにかく手っ取り早い方法がいいとい人向けで、既存のゲーミングヘッドホンを買ってしまうというものです。

個人的にはゲーミングヘッドホン購入をおすすめします

というのも、まずは自分のヘッドホンが四極対応かどうか調べる必要があるという煩わしさ、またそれ自体がそもそも調べにくいためです。

ステレオミキサー

まず、こちらの方法を選ばれる前に自分の使いたいヘッドホンないしはイヤホンが四極に対応していることを確認してください。

[amazonjs asin=”B019PJRCS4″ locale=”JP” title=”Satechi アルミニウム Bluetooth ワイヤレス ヘッドホン (有線も可) 低音強調(スペースグレイ)”]

必要なもの

以下の二つを購入して、ヘッドホンと接続するだけです。

[amazonjs asin=”B07JVGVHLB” locale=”JP” title=”Sound Wave【 LINK Master 3.5mm L字 4極 ケーブル レッド 1M 】 ステレオミニプラグケーブル 100cm AUX端子 金メッキ加工 (4極 L字型 90度 オス-オス 1M Red 赤色) + F.Wave オリジナル レザー調 MicroFiber お手入れクロスセット 3.5to3.5L4極 (レッド1M)”]

[amazonjs asin=”B00SCDV9T8″ locale=”JP” title=”エレコム オーディオ変換ケーブル (4極メス- 3極オス,×2) 3.5mm【マイク付きイヤホンをPCで使用するための変換ケーブル】 AV-35AD01BK”]

注意点としては、このステレオミキサは音量調節機能がないのでスマホやスイッチを直接操作して音量を変えなければいけません。

[amazonjs asin=”B071GQRL56″ locale=”JP” title=”【Nintendo Switch対応】ゲーミングヘッドセット AIR STEREO for Nintendo Switch スマートフォン向け「オンラインロビー&ボイスチャット」アプリ対応”]

少々値段は張りますが、このヘッドホンに付属のステレオミキサを代用することも出来ます。

これは音量調節機能がついているので便利です。

接続方法

ステレオミキサと四極ケーブルの接続方法

ゲーミングヘッドホン

アマゾンで上位にランクインされている商品から対応機種をピックアップしてみました。

[amazonjs asin=”B075T5GV5X” locale=”JP” title=”ARKARTECH G2000 ゲーミング ヘッドセット ヘッドホン ヘッドフォン ゲームヘッドセット マイク付き ゲーム用 PC パソコン スカイプ fps 対応 男女兼用 プレゼント ブルー”]

[amazonjs asin=”B07Q5SLZKV” locale=”JP” title=”【2019進化版】 ゲーミングヘッドセット ps4 ヘッドホン G7500 LEDマイク付き 有線 軽量 高音質 伸縮可能 3.5mm switch FPS ゲーム用 PC用ヘッドセット ノイズキャンセリング 重低音強化 男女兼用 Nintendo/Switch/Xbox One/PUBGに最適 (ブルー)”]

[amazonjs asin=”B00EI11DTY” locale=”JP” title=”ゲーミングヘッドセット ロジクール G430 Dolby 7.1 サラウンド Windows対応”]

特にこだわりがない方はこういう商品を買えば一発で環境が整います。

ヘッドホンが自分の耳とかに合うかなどの問題はありますが、気にしないのであればこれを買ってしまうのが手っ取り早いです。

3.5mmイヤホンジャックがない方

iPhoneやiPadであれば以下の製品を購入すれば解決します。

[amazonjs asin=”B01LZ4RPHI” locale=”JP” title=”Apple Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ”]

ただ、付属品として購入時に付いてきている可能性があるので注意してください。

まとめ

技術的な話をするとハードルが高くなってしまうので、簡単にまとめようとすると結局は「対応しているゲーミングヘッドホンを買ったほうが早い」という結論になってしまいました。

ただ、ゲーミングヘッドホン自体は3000円から購入できるような手軽なものが多く、環境を整える事自体は楽になってきているのは良い兆候だと思います。