[決定版]スプラトゥーン2でサラウンド環境を整える方法

知識編

以下、ニンテンドースイッチのついていろいろ調べた情報です。

  • 5.1chはHDMI経由でしか出力されない
  • BluetoothやUSBでの音声出力には対応していない
  • USBゲーミングヘッドホンは使えない
  • 音声出力はリニアPCM2ch/5.1chしか対応していない
  • WH-600はリニアPCM5.1chに対応していない
  • 既存のキャプチャーボードはほとんど5.1chに対応していない

間違っていたらコメントで連絡お願いします。

結論から言ってしまうと、ニンテンドースイッチはHDMIかイヤホンジャックでしか音声出力ができません。

そしてイヤホンジャックは2chまでしか対応していないので、サラウンドを楽しむことは不可能です。

つまり、HDMI経由でなんとかサラウンド環境を整える必要があります。

三通りの方法でスプラトゥーン2でサラウンド環境を整える方法を載せたので、興味がある方は是非どうぞ!!

#SPDIF

このような分離器を使って映像信号と音声信号をわけることができればいろいろ応用ができそうな気がするのですが、これもできません。

何故ならSPDIF(光デジタル音声)はリニアPCMには2chまでしか対応していないからです。

上記の商品を買っても全くの無駄足です。

情報が信用できないという方のために、下にソースを載せておきます。

相変わらず光デジタル出力では、2ch以上の未圧縮音声(リニアPCM)は送れないし、HDMIでは音声のみを送信することはできないからだ。

それリニアPCM5.1ch対応してないよ、ドルビーデジタルのみ対応の製品多いので注意

Switchの音声はリニアPCMで出力されていますが、リニアPCMの5.1chはS/PDIFには規格上乗せられないらしく、このスプリッタを経由する時点で2ch分しか通りません。

Dolby Digital等では1 – 6.1チャンネル、リニアPCMでは最大2チャンネルの音声を1本のケーブルで転送可能である。

この製品はARC(オーディオリターンチャンネル)と呼ばれるHDMIの機能を利用してサラウンド環境を整える製品ですが、ARCはSPDIFと仕様が同じためリニアPCMは2chまでしか伝送することができません。

つまり、この製品を使ってもスプラトゥーン2をサラウンドで楽しむことはできません。

解決策

ゲーミングヘッドホン

オススメ度 ☆☆☆

手順は複雑ですが、一度完成すればリアルサラウンド環境が手に入ります。環境構築までには40000円位かかります。

5chにLPCMデコーダを利用してサラウンド環境を構築した人がさっそうと現れました。

この方法を使えば多少金額はかかりますが、確実に5.1ch環境がスプラトゥーンが楽しめます。

書き込みの内容から現在では購入が難しいものがあるので、購入が簡単な代替品に置き換えてみました。

#必要な製品

  • aEX-LPCM71ch
  • Tiamat 7.1 V2
  • 赤白分配ケーブルx3
  • マイク用変換ケーブル
  • バスリダイレクト機器

LPCMの信号をアナログに変換してくれる機器です。これがないと話が始まりません。

書き込み主が使っているのはこっちのオーディオデコーダですが、こちらだとうまくバスリダイレクトができるかわからないので注意が必要です。

アナログ端子に対応したゲーミングヘッドセットです。

世の中のゲーミングヘッドホンの殆どはバーチャルサラウンドで、しかもUSBにしか対応していないためにニンテンドースイッチでは使えません。

信号をまとめるためのケーブルです。

これが三本必要なので購入しましょう。

もしもボイスチャットをしたい場合はこのケーブルを一本買っておけば問題ありません。

これがないと低音域がスカスカになってしまうので購入必須です。

#人柱の書き込み

719 なまえをいれてください (ワッチョイ abc0-Bug1 [153.232.81.39]) 2018/09/21(金) 19:54:53 ID:
先月末にリアルサラウンド導入してヘッドホンでプレイしてみる言ってたもんだけどその時いた人いる?

環境整ったらリアルサラウンドの感想報告するって書き込んだんだけどようやくLPCMアンプ内蔵のデコーダーが届いた

それがこれ

上記で紹介されているLPCMデコーダはこれですね。

ただし、これよりも更により良い製品があるのでそちらをオススメします。

ずっと品薄状態が続いていたのですが、ようやく供給が安定してきた気がします。

775 なまえをいれてください (ワッチョイ 63d5-NnYb [221.191.162.131]) 2018/09/22(土) 05:26:47 ID:
ちなみに>>719のHDMI音声分離デコーダはパススルーだからHDMIをキャプボに繋いでキャプボからモニターにパススルーできれば遅延(映像)なしで音(若干遅延あり?)もちゃんと拾うよ。(HDMIは(映像+音声)&アナログ端子(音声))

719の真似する人は気を付けないといけない点が2つくらいある。

1、まずLPCM7.1HDMI音声分離アナログ端子付きデコーダは人気過ぎて取り寄せだから2~3週間届くまでかかる。

2、TORITON PRO+(ヘッドセット)はメーカーが潰れてるから、中古がたまに出回るくらいで、さらに同じTORITON PRO+でも3つくらい種類があって必ずアナログ端子がついてるやつを買わないといけない。

アマゾンで新品で一万とかで売ってたけど詐欺の可能性もあるから、気を付けて。買うのなら店の評価とかちゃんとした所かちゃんと調べてから購入することをススメる。

#Tiamat 7.1で代用

TORITON PRO+を製造しているメーカーは確かに潰れているため、TORITONは入手が困難だが、Razer Tiamat 7.1 v2であれば現行品で販売中のため対応できる。

ただし、これにも最大の欠点が一つあるので必ず下記の記事に目を通していただきたい。

なんとTiamat 7.1はバスリダイレクト機能を搭載していないのだ。

「バスリダイレクトとは何か」という話は初代Tiama 7.1のレビュー時に済ませてあるため,詳細はそちらをチェックしてもらえればと思うが,ものすごく簡単におさらいすると,「本来サブウーファへ送られる低域信号には,サブウーファ専用の『LFE』と,サテライトスピーカー側の低域成分をまとめた『SUB』があるにもかかわらず,TiamatシリーズにはSUBをサブウーファへ送る機能がない」のである。Tiamat 7.1に引き続いてTiamat 7.1 V2でもこの仕様は変わらなかったので,Razerはこれを問題だと捉えていない可能性があるが,いずれにせよ,バス(bass,低音。より具体的に言えばSUB信号)をリダイレクト(redirect,変更)してサブウーファへ送る処理を行わないと,Tiamat 7.1 V2の低音はスカスカなものになってしまう。

https://www.4gamer.net/games/023/G002318/20180328114/

バスリダイレクト機能がないので別の機器で補完する必要があります。

#バスコントローラ

これをサブウーファーチャンネルに挟めばバスリダイレクトのような機能が実現できます。

#おまけ

TORITON PRO+
サラウンド環境

#参考文献

この記事が大変参考になりました。

シネマヘッドホン

オススメ度 ☆☆☆☆☆

簡単に環境が整いますが、バーチャルサラウンドなので気になる人は気になるかもしれません。

環境構築までには35000円位かかります。 HW700DSを買ってHDMIを接続するだけなので失敗がないのもオススメです。

サラウンドに対応していて最も環境を構築するのが簡単なのはMDR-HW700DSです。

ニンテンドースイッチ側の設定
5.1chで動作していることが確認できました
接続方法

#キャプチャボード接続時の注意

キャプチャボード接続時①

一番最初に述べたように、キャプチャボードは2chまでしか対応していないのがほとんどなのでキャプチャボードのパススルー機能を使うと強制的に2chになってしまいます。

キャプチャボード接続時②

かといってこのように接続すると今度は700DSには音声のパススルー機能がないのでキャプチャボードで音声がキャプチャできなくなってしまいます。

このように接続すれば5.1chのサラウンドを聴きながらキャプチャーできます。

ただし、3.1ch分の情報を喪失してしまうのでキャプチャーできる音声は5.1chでも2chとも違う奇妙な音声になってしまいます。

AVアンプ

オススメ度 ☆☆

一度完成すればリアルサラウンド環境が手に入ります。

環境構築までには60000円位かかります。 スピーカーの質によっては最も良いい質が得られますが、夜には大きな音が出せないというデメリットもあります。

V583が旧機種ですが値段が安くていいかもしれませんね。

キャプチャーボード

一応このキャプチャボードであれば5.1chもキャプチャできるらしいのですが、アプデで追加された機能らしいのでちょっと不安かもしれない。

あと、公式のソフトでしか5.1chや7.1chはキャプチャできないらしいです。

ASUSが同じくアナログ端子対応のゲーミングヘッドセットを販売していた気がするのですが、うまく見つけられませんでした…

誰か情報あればお願いします。

シェアする