SalmonRecを便利に扱おう

SalmonRecとは

サーモンランの記録をりれきとして残すことで自分がどのブキが苦手か、度のスペシャルが苦手とかそういうのがわかるツール。

しかも全世界の記録との比較もできるので、今回の編成が強いのか弱いのかもわかるというスグレモノ。

こんな感じでいろいろ見れるんです。

いくらなんでも便利すぎんか?

唯一にして最大の欠点

それは全て手入力しなければいけないというところ…

この欠点のせいでSalmonRecは全然流行っていないといっても過言ではない。

ところが、以前のアップデートで自動入力でりれきを登録してくれる機能が追加された。

なのにSalmonRecは普及していない、何故か?

iksm_sessionの取得

自動で登録するためにはiksm_sessionと呼ばれるイカリング2からデータをダウンロードするためのセッションキーが必要なのです。

そしてそのキーの入手方法がめんどくさすぎるためにSalmonRecの自動登録機能は殆ど普及していません。

Fiddler

パソコンとFiddlerを利用してiksm_sessionを取得する方法です。

正直、とてもめんどくさいのでオススメしません。

Filza Escaped

こっちもめんどくさいといえばめんどくさいのですが、一応スマホだけでできます。

ただ、対応しているのがiOS12.1.2までなので最新バージョンまで上げていると無理かもしれません。

Filza Escapedの利用方法

まず最初にikawidget2をインストールしないといけません。

既にインストール済みの方はこのステップは省略できます。

ikawidget2ログイン画面

ここから普通にニンテンドーオンラインのIDとパスワードを入力してログインします。

勝手としては普通にイカリング2を利用しているのと変わりません。

ログインできたらikawidget2はとじてしまって構いません。

当たり前ですが、アンインストールという意味ではないのであしからず。

インストール

現在のiPhoneやiPadのバージョンによって使用するのが異なります。

インストールが完了したら設定から一般を選択してプロファイルを開きます。

設定画面

Shanghai Laiyfen Co., Ltd.をタップして信頼するを選択します。

するとトップ画面にFilzaEscapedがあるはずなのでタップして起動します。

一回目はひょっとすると再起動がかかるかもしれませんが、正常な動作なので安心してください。

FilzaEscaped

起動したら左側から[Root]を選択します。

そこから以下の順にフォルダをどんどん開いていきます。

[Root]→User→Containers→Shared→AppGroup→ikaWidget2→Library→Preferences

Preferencesの中身

するとすごくファイル名の長いファイルがあると思うので開きます。

cookiePropertiesにあるValueの値がiksm_sessionです。

「i」を押すとコピーができるようになります。

ここのValueの値をコピーしてSalmonRecに入力します。

あとはSalmonRecにその値をペーストして終了です。

お疲れ様でした。