no-image

2三歩省略型の4五角戦法を成敗する

4五角戦法とは

横歩取り4五角(よこふどりよんごかく)は、横歩取り戦法の戦型の一つ。後手番が採る戦法である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一時期谷川浩司九段が採用し単手数で相手を投了に追い込むなどプロ間でも流行しましたが、研究が進むにつれて後手の無理攻めということが判明した。

基本的には攻め続ける後手を先手が受け続ける格好になり、先手が受けきれば先手勝勢となる。

4五角戦法の手順

横歩取り基本図

上図の横歩取り基本図から後手も角交換を行います。

以下、手順は☖8八角成 ☗同銀 ☖2八歩 ☗同銀 ☖4五角打と進みます。

☖4五角打まで

ここから更に☗2四飛 ☖2三歩打 ☗7七角打 ☖8八角成 ☗同角 ☖2四歩 ☗1一角成

☗1一角成まで

タダで飛車をとられてはいけないので☗2四飛は絶対の一手。それに対する☖2三歩打も☗2一飛成とされてはいけないので必要不可欠な手です。

定跡ではこのように進むのですが、たまに飛車成りを手抜いて☖2四歩打を省略する人がいます。実はこの手順は簡単に先手が受けきれるので、この手順を解説したいと思います

2三歩打を省略

プロの解説書によると、☖2三歩を省略してしまうとのちの☗2一飛成から後手敗勢になるとのことです。

どのような手順で負けに至るのかを解説したいと思います。

☖4五角打を☗2四飛とかわしたところで☖6七角成が後手の用意の一手。

☖6七角成まで

これを☗同金と取れば☖8八飛成と銀をとられながら龍をつくられて先手不利のように見えます 。

☖8八飛成まで

二枚替えで龍をつくられて先手玉がかなり危ないように見えますが、銀には飛車の紐がついているのでギリギリ大丈夫です。

桂馬や香車がとられそうな格好ですが、それを無視して☗2一飛成が好手。後手は☖8九龍と桂馬を取りながら王手をかけてきますが☗6九歩打の底歩が堅いです。

☗6九歩打まで

後手はぼやぼやしていると☗2四桂打くらいから金銀をとられて駒損をしてしまうので、攻め続けるしかありません。

この局面で攻めを繋げるなら☖5五桂打くらいでしょう。

☖5五桂打まで

この局面で注意しなければいけないのは、一見すると底歩が堅くなる☗6八金と指してしまいがちなことです。

☗6八金と指しても先手優勢なのは変わらないのですが、☖6七銀打などから後手にも楽しみが生まれてしまうのと、後手の選択肢が増えてしまうことからあまりオススメできません。

☗5六角打まで

正着は桂馬とりにあてる☗6六金です。桂馬をとられては後手はおしまいなので☖4七桂成としますが、ここで☗5六角打が決め手級の一手。

龍と成桂の両取りがかかり、後手は受けることができません。

☗2四桂打まで

桂馬を守るために☖5四歩とするような手には、相手の攻めが遅いことを見抜いての☗2四桂打が実現します。

5三の地点が空いてしまっているので簡単に必至がかかりそうな格好で、先手勝利は揺るぎない格好です。

B級戦法返し

☗3三角打まで

相手が正しく受けてくると互角の形勢になってしまいますが、受け間違えると一気に勝負が決するのがこの戦法です。

本来であれば☗6六金とするのが正しい受けですが、逆にこちらから攻めるのがこの☗3三角打です。

玉が逃げれば☗5五角成と桂馬をとられてしまうので、☖同金の一手。

そこから☗3一龍 ☖6二玉 ☗4二龍と金とりをかけつつ王手をかけます。

☗4二龍まで

ここで後手が☖5二銀打以外を指せば一気に先手勝勢になります。

例えば☖5二金には☗5四桂打と桂馬を捨てるのが寄せの手筋。

#桂馬をとらない場合

これをとらずに☖6一玉と逃げるのは☗7二銀がぴったりの手。☖同銀と取れば☗5二龍から手数は長いですが後手玉は詰んでいます。

☗7二銀まで

13手詰めですが、一本道なので迷う場面は殆どないと思います。

13手詰め

銀では取れないので☖同玉の一手ですが、そうすると☗5二龍と金を取りつつ王手をかけることができ、攻めが継続できます。

#桂馬をとった場合

☖同歩と桂馬をとった場合には、☗5三銀打として追撃します。

以下、☖7二玉 ☗5二金 ☖8三玉と8三の地点まで玉を移動させてから☗6八金と自陣に手を入れるのがオシャレな好手。

☗6八金まで

玉が8三の地点にいるため、☖6七銀と打ち込むような手には強く☗同金 ☖同桂成 ☗5六角打で先手勝勢です。

☗6七角打まで

#5二銀打とされた場合

☗6八金まで

☖5二銀打としっかり受けられた場合には早い攻めがこちらにないので一度☗6八金と受ける必要があります。

後手は持ち駒に銀がないので☖6七銀打のような打ち込みはありません。

この局面で後手の正着は☖9五角打で、放っておくと☖6八角成から後手勝勢になってしまいます。そこでそれには☗7七桂打としてまずまずの形勢です。

しかし、たまに☖9九龍とする人がいるので、その対策も覚えておきましょう。

☗5四桂打まで

それが龍が8筋からそれたことを利用する☗8三角打で、ほっておけば☗5四桂打から詰んでしまいます。

以上、簡単な横歩取り4五角に対する対応策でした。

後手が定跡通り☖2三歩打をしてきた場合はこんなにあっさりと決まらないのでその対応はまた後ほど。