no-image

2018年に読みたい本

せっかくなので

書くことがあんまりないので、amazonで見つけた面白そうな本でも紹介しようと思う。
さっさとアソシエイト・プログラム通らないかなと思いつつ懲りずに申請してみる。
いや、ほんと何が悪いのか教えてもらわないとAmazonJSがいつまでたっても使えないんですけど…

アルゴリズムが世界を支配する

[amazonjs asin=”B00FMI2XIW” locale=”JP” title=”アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書)”]
知り合いのおばちゃんから勧めてもらった本です。前まで2000円を超えていて高いなーって思ってたのですが、いつの間にか1000円切っているので買おうと思います。
Kindle版があるのもポイントですね。いつでもどこでもiPad等で読めますので。
ここまで書いておいてなんなんですが、買ってないので内容がわからないんですよね。そのうちちゃんとレビューを書こうと思います。
これからはこの本のタイトルにアルゴリズムが世界を支配する世の中になると思うので、アルゴリズムがなんなのか、どういったふうに利用されているのかくらいは知っておいて損はないと思います。

世界でもっとも強力な9のアルゴリズム

[amazonjs asin=”B00FR78X64″ locale=”JP” title=”世界でもっとも強力な9のアルゴリズム”]
これも興味があっていつか買ってみたいな思っている本です。高いのでまだ買わないと思います(笑)
世界で最も強力な9つのアルゴリズムってなんでしょう?自分でもいろいろ考えてみました。

  1. ユークリッドの互除法
  2. ショアのアルゴリズム
  3. クイックソート
  4. シンプレックス法
  5. RSA暗号
  6. 掃き出し法(ガウスの消去法)
  7. ニュートン法
  8. 二分探索
  9. FFT(高速フーリエ変換)

このくらいしか思いつきませんでした!他にもこういうのあるでしょ!っていうご意見があればコメントかツイッターのリプでお願いします!!

数学を変えた14の偉大な問題

[amazonjs asin=”4797375191″ locale=”JP” title=”数学を変えた14の偉大な問題”]
これも内容を予想しようとしたのですが、内容紹介に全部書かれていました(笑)

  1. ゴールドバッハ予想
  2. 円の正方形化(πの超越性の証明)
  3. 四色定理
  4. ケプラー予想
  5. モーデル予想
  6. フェルマーの最終定理
  7. 三体問題
  8. リーマン予想
  9. ポアンカレ予想
  10. P/NP問題
  11. 質量ギャップ仮説
  12. ナヴィエ=ストークス方程式
  13. バーチ・スウィンナートン=ダイアー予想
  14. ホッジ予想

これらのうち、赤字のものについては既に解決されています。
ミレニアム懸賞問題から選ばれているのが多いのは当然といえば当然なんですが、個人的には作図可能な正多角形の問題は扱ってほしかった気もします。とはいえ、難解な内容が多いのでこれを全部理解できる人がどのくらい居るのでしょうか…
特に9, 12, 13, 14あたりは概念を理解するだけでも頭がこんがらがりそうなくらい難しいです。それに比べたらリーマン予想は(証明の内容や難しさ云々は置いておいて)言わんとしようとしていることはかなりわかりやすいです。
問題としてはフェルマーの最終定理が誰でもとっつきやすくて良いのではないでしょうか。
[amazonjs asin=”4102159711″ locale=”JP” title=”フェルマーの最終定理 (新潮文庫)”]
フェルマーの最終定理に関して言えばこの本がぶっちぎりでわかりやすいです。是非ともおすすめします(この本はちゃん読みました!サイモン・シンファンなので!!)

いかにして問題をとくか

[amazonjs asin=”4621045938″ locale=”JP” title=”いかにして問題をとくか”]
タイトルが大雑把すぎて内容が予測できないのですが、問題にチャレンジする時のアタックの仕方をいろいろ手ほどきしてくれるのではないかと予想。
東大でめっちゃ売れてるらしいので意識高い系の方は買っておくと合コンで自慢できます(実弾)
ただ、やっぱり高いのでなんとかならないでしょうか?似非意識高い系の方が読破をギブアップしてブックオフなりにきれいな状態のまま売ってくれていると助かるのですが(笑)

暗号解読

[amazonjs asin=”410215972X” locale=”JP” title=”暗号解読〈上〉 (新潮文庫)”]
[amazonjs asin=”4102159738″ locale=”JP” title=”暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)”]
サイモン・シンよりオススメの一冊。フェルマーの最終定理のほうが有名だとは思うのだけれど、個人的にはこの本がいちばん好きです。
暗号の歴史からコード・クリプトグラフィ・サイファーなどまあいろんな言葉が出てきます。歴史上の有名な暗号から、暗号がどのように利用されてきたかなどをものすごーくわかりやすく解説してくれます。あと、翻訳の青木薫さんの訳が素晴らしいの一言につきます。自身も物理学博士ということもあり、この分野に理解があるのが翻訳を通じて伝わってきます。
あと、宇宙創生っていう本もすばらなのでぜひ読んでみてください!!!!

私は存在が空気

[amazonjs asin=”4396634846″ locale=”JP” title=”私は存在が空気”]
すごく読みたいなーって数年前から思っているのですが、ハードカバーしかなくて買えていません(手が小さいので文庫本サイズ派なのです…)
永田栄一さんといえば映画にもなった「くちびるに歌を」の作家さんでもあります。これ、漫画と小説どっちも読んだんですけど最後のアレはどうにかならなかったんでしょうか…涙がちょちょぎれるんですけれども……

あとがき

ほしいものリスト公開しています。誕生日にください。
みんなも本を読もうね!!!!
逆にオススメの本があったら教えてください!!!