[決定版]北米版のアニメを買おう!!

北米版とは何か

国内向けではなく、アメリカとカナダのユーザー向けのDVDないしはBDのこと。

ちゃんとメーカーがライセンスをとっているので海賊版ではない。

その点は安心して購入して下さい。

なぜ北米版を選ぶのか

その理由は以下のとおりである。

  • ディスク枚数が少なく、ディスク交換に伴うストレスがない。
  • 海外版だけのおまけが付く場合がある。
  • 英語字幕があるので英語学習になる。
    • しっかりした翻訳家が監修しているので、翻訳の精度は高い。
    • しっかりしていない翻訳家の方はこちら
  • 英語吹き替えがついているものもあり、ネイティブの生の会話を聞くことが出来る。
  • そして圧倒的に安い。

国内版との比較

具体的にどのくらい安いんだ?って気になる人は以下を参考にされたい。

BDBOXとしては一般的な価格ですね。

それに対して北米版は…

これ、一巻とかではなく普通に全話収録されています。

北米版が四つ買えるくらいの値段の差があるわけですね。

北米版のここがダメ

ここでは北米版を買う際の注意点についてご説明します。

  • 再生できないプレイヤーがある
    • リージョンコードの他に国コードという制限がかけられており、アメリカとカナダ以外のプレイヤーでは再生できないようになっています。
    • でもPS3やPS4やPCでは再生できちゃいます。
    • 要するに一般的なBDレコーダーでは再生できないということです。
  • 字幕が強制的につけられる
    • 英語を勉強する分には問題ないのですが、不要な方にとっては邪魔です。
    • PS3やPS4では解除できないのですが、PCだと解除する方法があります。
  • 基本的に付属品はない
    • 非常に簡易なパッケージなので、箱を開けたらディスク以外は何も入っていないことが多いです。
  • 映像特典がない
    • 海外声優さんのオーディオコメンタリーくらいはありますが、制作ドキュメンタリーや日本の声優さんによる作品解説などは一切ありません。
    • ノンクレジットOPとEDはほぼほぼ確実についてきます。
  • 一話あたりの容量が小さい
    • ディスク二枚で12話を収録しているため、一話あたりの容量が4.5GBくらいしかありません。国内版であればその倍くらいはあるので理論的には当然画質にも差が出てくるはずです。
    • ただ、実際にはその差はほとんどわからないので気にする必要はないかもしれません。
  • トップメニューまでが長い
    • 映画みたいに最初に番宣があるのでなかなか再生できません。
    • PCだと実は飛ばせたりします。

国コードについて

北米版BDはリージョンはリージョンコードAで日本と同じなのですが、それとは別に国コードと呼ばれる特別なコードが埋め込まれています。

これが埋め込まれていると、視聴しようとしてもエラーが発生して見ることができません。

これは一般的には解除できないのですが、PS3やPS4やPCであれば設定画面から国コードを変更することでこのチェックを回避することができます。

PCで視聴する場合はPOWER DVDが最も手っ取り早いのではないかと…

ただ、個人的にはただ単純にBDを再生したいだけなら中古のPS3を買うのが楽なのかなという気はします。

国コードの外し方

“Passkey” とか “RedFox” とかでググると幸せになります。

使い方については一切ご説明できませんので悪しからず。

強制字幕の外し方

以前はJavaを書き換えることで対応できたのですが、今はどうなんでしょう?

最近北米版BDを買えていないので確かめられないのですが、今度試してみたいと思います。

北米版ってどこで買うの

デメリット・メリットを踏まえた上で、北米版を買いたいという方はこちらをお読みください。

国内アマゾン

安心安全でとにかく早く手に入ります。

何かあった際のアフターサービスも日本語で受け付けてくれるので安心感はぶっちぎりで一位です。

北米アマゾン

届くまでに一~二週間かかり、送料もかかってしまうものの価格はぶっちぎりです。

国内アマゾンよりも二割近く安いのは当たり前です。

いっぱい買えば送料の差以上にお得になります。

Right Stuf

知る人ぞ知る、北米版BD販売サイト。

実は日本のクレジットカードでも買えますし、たまに10ドルキャンペーンをやっていたりするので超お買得な商品があったりします。

ちなみにそのキャンペーンでたまこまーけっとの北米版を10ドルで購入したことがあり、大変重宝しています。

北米版の情報の仕入れ方

版権元のサイトで確認するのが一番良い。

北米版アニメを取り扱っている版権元は以下の通り。

だいたいこの4つのどこかがライセンスを取得しているのでチェックするべし。

Funimationは何故か日本IPからの接続をブロックしているので串を通さないと閲覧ができません。