no-image

Splatoon2のデータを保存するツール

はじめに

Splatoon 2の記録をAPIを叩いて取得する

イカリング2のデータをJSONで保存する

以前からいろいろ記事は書いていたけれど、結局使いにくくてしょうがなかった。

というわけで、JSON保存するためのライブラリ?を書いてみることにした。

SplaNet2

中略しておいて、完成したものがこれ。

GitHubにて絶賛公開中。まだまだ上手いコードの書き方がわからないので上手になりたい。とりあえず動くので、問題はなさそう?

つかいかた

  • 必要なのはiksm_sessionのみ。
  • iksm_sessionの取得方法はこの記事の上のリンク参照。
  • “php splanet2.php [option] [iksm_session]”で実行する。
    • オプション一覧
      • -a : 直近50戦のリザルトを保存(自分のデータのみ)。
      • -d : 直近50戦のリザルトの詳細を保存(自分以外の7人のブキやギアも保存)。
      • -i : 直近50戦のリザルトのキャプチャを保存(外部APIを叩くので、結構時間がかかります)
      • -r : 自分のきろくを保存(ブキごとの塗り面積など)
      • -t : タイムラインを保存(サーモンランの情報や、ゲソタウンの情報など)

取得したデータはこんな感じ。スクショが自動で保存できるのは個人的には嬉しい。

今後の目標

自動で戦績をツイートしてくれたら便利かと思っている。

50戦全ての履歴が埋まるには平均1試合3分と仮定して2時間30分かかるので、1時間に1回動かしておけば履歴取得漏れはしなさそう。