Nintendo Switchをダウングレードする

ダウングレードまとめ

NANDのバックアップがない状態でもダウングレードすることはできます。

以下の記事ではその方法について解説しているので是非どうぞ。

7.0.0ではCFWが起動しない

この記事の最後にも書いてありますが、システムファームウェア7.0.0ではTSECのキーが変更されて、AtmosphereなどのCFWが起動しません。

CFWの対応は順調

自分でキーを用意する場合の基礎については完成しました。

キーを用意しない場合の対応については数日から二週間程度かかる見込みで、現在作業中です。

https://twitter.com/SciresM/status/1090906872780009472

開発者によれば、既に自分でTSECキーを見つけられた人はCFWを起動できるような仕組みが完成しているようです。

TSECキーを見つけるためのツールとしてはbiskeydumpがありますが、これもやはりシステムファームウェア7.0.0に対応していないので動作しません。

おとなしくAtmosphereが完成するのを待ったほうが良さそうですね。

ダウングレードについて

対策基盤でないのなら実はニンテンドースイッチをダウングレードすること自体は難しくありません。

ところが、ニンテンドースイッチにはダウングレードを検出するシステムがあります。

それがヒューズを利用したダウングレード検出システムで、詳しくはGigazineさんの記事を一読してください。

つまり、要約するとこういうことになります。

  • 起動時にブートローダがヒューズの数をチェック
  • システムソフトウェアのバージョンとヒューズの数が一致していれば正常起動
  • 少ない場合はヒューズを焼いて、システムを起動
  • 多い場合はダウングレードされたということなのでシステムを起動しない

少ない場合は問題ありませんが、多い場合はシステムが起動しなくなり、これは俗にいう文鎮化ということになります。

文鎮化は英語圏ではブリック(brick)と呼ばれています。

意味としてはレンガです。

一度焼かれたヒューズを復活させるのは技術的に極めて困難なので、ダウングレード対策はカンペキのように思えますが…

CFWのバイパス機能

実はCFWには上述したヒューズチェックのバイパス機能が備わっており、hekateからAtmosphereを起動することでヒューズの数が一致していなくても起動することができます。

ただし、RCMを経由しない通常起動はヒューズが一致しないためできなくなります。

OFWで起動したい場合はhekateを使ってstock(OFW)で起動する必要があります。

ダウングレードの方法

以下のサイトで詳しく解説されているので、それを参考にしましょう。

大前提として、システムファームウェア6.2.0のNANDが保存されている必要があります。

一応、FWを抽出する方法はあるのでできないことはないですが、今回はそっちの方法は解説しません。

もしもNANDのバックアップがない状態でダウングレードしたい奇特な方がいらっしゃったらコメントでなにかお願いします。ひょっとしたら記事を書くかもしれません。

違うデバイスのNANDをリストアする行為はただ単にブリックするだけです。

絶対にやめましょう。

また、実行前に現時点でのNANDのバックアップをとることを強くおすすめします。バックアップをとらずにリストアに失敗すると復旧できなくなります。

やり方をおさらいすると、次のようになります。

  1. 6.2.0のNANDとBOOT0/1をSDカードに配置
  2. RCMからhekateを起動
  3. BOOT0/1を復元
  4. GPPパーティション(もしくはrawnand)を復元
  5. hekate4.6からCFWを起動
  6. 終了

簡単そう???

実際にやってみた

運のいいことにNintendo Switchエミュレータであるyuzuを試したときにFW6.2.0のNANDを保存していました。

これを使えばダウングレードもできるはずです。

バックアップしたNAND

バックアップしたNANDはこのように配置されています。

ここで、BOOT0, BOOT1, rawnand.binの三つのファイルをrestore内に移動させます。

移動させたらTegraRcmSmashを使ってhekateを起動し、toolsからrestoreを選択します。

NANDの復元は危険を伴うため、10秒間の猶予時間が与えられます。本当に実行するかどうかはしっかりと吟味しましょう。

そして…

二時間が経過しました…

二時間の動画なんてとっても面白くないので、記事の読者様には二時間後のスイッチを用意しましたので、こちらをご覧ください(料理番組風

二時間前のFW7.0.0のニンテンドースイッチ

おかえり…

二時間後のFW6.2.0のニンテンドースイッチ

こちらが二時間後のニンテンドースイッチになります。

しっかりとシステムファームウェア6.2.0にダウングレードできているのがわかりますね。

Kosmos119

Atmosphereのmismatch

Atmosphereを自力で更新しようとするたびにこのバージョンミスマッチが起きるんですけど、一体どこでミスマッチしてるんですかね…

ちんぷんかんぷんなので、全部セットであるKosmosを使いたいと思います。

KosmosはAtmosphereにいろいろファイルを加えて簡単に使えるようにしたものです。

正直、SwitchのCFW界隈は疎いのでこっちじゃないと使えません。

使い方は簡単で、ダウンロードして展開してSDカードのルートにコピーするだけです。

というか、ニンテンドースイッチのダウングレードをしようとしている方ならこの程度は解説不要ですね。

シェアする