no-image

マニューバーはどうなったのか

更新内容

通常射撃時の弾とプレイヤーとの当たり判定の大きさをわずかに縮小し、相手に当てづらくしました。

これだけではさっぱりわからない。

以前の強化では弾の半径を1.25倍にしようとして1.5倍にしてしまうという超強化アップデートをしてしまった。

この間違えた超強化が2.2.0の出来事であり、2.2.1で1.25倍に修正されるというのは記憶に新しい。

そこから当たり判定を小さくするとなると1.20倍とか、1.15倍くらいで収まるのだろうか?

しかし、アップデート内容ではどのくらい弱体化されるのか全くわからない。

というわけで、調べてみた。

検証方法

もちろん、試し打ち上で試射してみるとかいう不確実性極まりない検証方法は用いない。

そのあたりはきっとどっかのYoutuberがやってくれるでしょう

えむいーさんはそんな方法ではなく、内部データを見ることでどのように値が変更されたかを確かめました。

こっちの方が絶対に確実です。

最新のアップデータの取り出し

方法は省略しますが、最新のアップデータからTwinsNormal.bprmを取り出します。これは暗号化されているので複合し、TwinsNormal.xmlにします。

こうすることでVSCodeで正しく中身を閲覧することができます。

さてさて、内部データはどうなっているのかな…

TwinsNormal.xml
d6b1950b

<D2 Name=”d6b1950b” StringValue=”2″ />

d6b1950bとは

これはプレイヤーコリジョン半径のパラメータ名で、2.2.0で誤って3に設定(1.5倍になってしまった)された値です。

それが2に戻ったということは…

マニュの当たり判定完全に初期に戻ってるwwwwwwwwwwwww

まとめ

流石に初期のスカスカ具合に戻すのはやりすぎだと思うんですが、どうなんでしょう?

個人的には1.15倍くらいが落とし所だったと思うんですよね。

スプラマニューバー系統はクアッドホッパーとは違ってスライドだけで戦うブキではないですし、二丁拳銃故に弾の片方しか当たらなくてキルタイムが異常に遅くなるっていう問題もあるので、初期のパラメータに戻してしまうと流石に立ち打ちが弱すぎてどうしようもない気がするのですが…

というか、単射程で唯一前線で戦えていたマニュとクアホを弱体化してイカ研は何がしたいんでしょうか?

シューターが強くなったからシューターを使えということなんでしょうか?

それならスパッタリーも強化していただけないでしょうか(切実

というわけで、マニュの当たり判定弱体化は完全に初期に戻ったということでした。

記事は以上。