no-image

ニンテンドースイッチのBAN解除について

ニンテンドースイッチのBANの種類

一括りにBANと言っても実はいくつかの種類が存在します。それらについて調べた結果いろいろわかったので記事にしたいと思います。

The use of online services on this console is currently restricted by Nintendo.
Please contact Customer Support via Nintendo Support website and quote this error code.
support.nintendo.com/switch/error

ちなみに、BANされるとこんなメッセージが表示されます。

Error Code:2124-4007

俗に言う本体BANというもので、本体固有の証明書が取り消されてしまうため一切のニンテンドーネットワークへのアクセスができなくなります。

Error Code:2124-4025

証明書BANと呼ばれるもの。これは本体固有の証明書ではなく、使っている(主に違法な)ゲームのバックアップの証明書がBANされたことを意味している。

Error Code:2124-4027

スプラトゥーン2の永久本体BANとのこと。

ゲームBANというもので、そのゲームで一切のニンテンドーネットワークへのアクセスができなくなります。

LFS(Layered FS)を有効化した状態でロビーに入っただけでBANされた。

https://twitter.com/asasasa98765/status/1031780739845517312

未実装ステージをプラベで遊ぶ・IPSwitchを有効化した状態(BGMを消す)でオンラインプレイする。

https://twitter.com/Khangarood/status/1077453421358317569

BGMを消す(俗に言うミューハ)は相手からすると全くわからないし、良くないことではあるものの全塗りチートなどに比べれば優先度は低そうな気がします。

にもかかわらずBANしてきたということは、任天堂の対策の意気込みの強さが現れていますね。

逆に言うと、単にセーブを改造したりチートをする程度では本体BANまではいかないことがわかります。してもいいと思うんですけどねえ…

Error Code:2124-4607

スプラトゥーン2の永久本体BANとのこと。

“2124-4027” との違いはよくわかっていない。

BAN解除の可能性

結論から言ってしまうと、ない。

というのも、ニンテンドースイッチは本体に固有のID(実際には証明書)が刻まれており、ニンテンドーネットワークに接続する際にそれを任天堂が検証するため。

これはWiiUのときと違い、NANDに書き込まれているわけではないのでNANDを書き換えたからといってBAN解除できるわけではない。

では、本体のどこに刻まれているかというとCPU内部のTrustZoneという領域である。TrustZoneはARM(ニンテンドースイッチが使っているCPU)のセキュア領域に該当し、一般のアプリケーションから直接アクセスすることはできない。

端末のルート権限を取得していても、である。

つまり、BANされた証明書の書換えは極めて困難です。

仮に(BANされていない)証明書の書換えに成功したとしても、証明書の共有はすぐに任天堂側に検知される。違うIPで同時に二つの証明書がニンテンドーネットワークに接続してきたらそれは証明書を共有しているとすぐにわかるからです。

ちなみにFW1.0.0にはTrustZoneレベルでコードを実行できるバグがあります。

まあ例え証明書を書き換えられたとしてもホワイトリスト方式をとっているので意味がないとは思いますが…

BANに対するハッカーの言葉

以下はハッカーであるOatmealDome氏、Zewia氏の言葉の引用である。

  • 「UNBANする唯一の方法は新しいスイッチを買うこと」
  • 「証明書の共有は『俺をBANしてくれ』といっているのと同じ」
  • 「仮にUNBANが来ても任天堂はすぐ対策する」

BAN解除なんかに夢を持たずに二台目のニンテンドースイッチを買ったほうが遥かに早いです。

BANされるとできなくなること

  1. システムアップデート
  2. ゲームのアップデート
  3. eShopへのアクセス
  4. Nintendo Switch Onlineへのアクセス

システムアップデート

システムアップデートに関してはChoiDujourNXを使用することで対応できます。詳しくは以下の記事をどうぞ。

Nintendo eShop

eShopにアクセスできなくなるということは、ダウンロード版のゲームが再ダウンロードできなくなることを意味します。

アカウントを移行すればダウンロード権をもったアカウントを別のBANされていないニンテンドースイッチに移行できそうですが、アカウント移行にはNintendo Switch Onlineへの接続が必須なのでそれもできなくなります。

このあとでNSOへのアクセスを要求される

つまり、購入したダウンロード版のゲームがすべて無意味なものになるということです。

ニンテンドースイッチを改造するというのはそのくらいリスクのある行為だと言うことをまず認識してください。

ゲームのアップデート

BANされた本体ではアップデートできなくなりますが、Match version with Local Users(近くの人とバージョンを合わせる)という機能を使うことで一応アップデートができます。

これはローカル通信ですので、Lan-Playではアップデートできません。

二台持ちしていればどうとでもなるので、二台持ちがおすすめです。

BAN対策

BANされないための方法ではなく、これならやっても大丈夫だったということを以下の記事にメモしています。

https://tkgstrator.work/?p=12140

参考にしてみてください。