ウデマエメーターが割れる仕組み

ウデマエの仕組み

このウデマエメーターの仕組みについては海外のハッカーのOatmealDome氏が解析していたのでその結果を日本語で報告したいと思います。

当記事では大まかにしか紹介しないので、もしも詳細に興味がある方は氏の記事を読まれると良いと思います。

基本

スプラトゥーン1ではウデマエはC-からS+までありました。

ウデマエゲージは0から99まであり、勝つと数字が増え、負けると減ります。そして99に達するとランクが上がり、0になるとランクが下がります。

つまりどのくらいメーターが貯まっているかわかったんだね。

同様にスプラトゥーン2ではC-からXまでのウデマエがあります。

しかし、ウデマエX以外では0から99までの数字が表示される代わりにウデマエメーターと呼ばれるバーが表示されるだけです。

ヒビが四つ入ったときにOKラインに達していればウデマエキープとなり、達していない場合はウデマエが一段階下がります。

昇格・降格ポイント

  • 1試合で10-20ポイントがもらえる(S+の場合は9-20ポイント)
  • OKラインはSランクまでは40、S+以降は50ポイントで到達できる
  • S+以上であれば割れたときに1段階だけ下がる
  • ランクが下がると持っていたポイントの40%が引き継がれる

加えて、表示されている通常のウデマエメーターに加えて隠されている降格メーターが存在します。

降格メーター?

降格メーターが見えないから不満がたまると思うんですよね。

これは通常のウデマエメーターと同じで0から100までの値が存在します。

降格メーターが100に達するとウデマエが降格し、25ポイントごとにヒビが入ります。また、90ポイントに達するとピンチが表示されます。

要するに降格ポイントが100貯まる前に昇格ポイントが100貯ればウデマエが上がるってことです!

C-~S+

C~SS+
最大獲得(昇格/降格)ポイント2020
最小獲得(昇格/降格)ポイント109
OKライン4050
ひび割れライン25ごと25ごと
ピンチライン9090
最大飛び級410

X

王冠500位以内
降格ライン2000
月内降格ライン1900
ランク表示ライン2000
必要バトル数10
最大初期パワー2300
最小初期パワー2000
初期偏差150

仕様からわかること

ウデマエ昇格・降格に勝数は関係ない

「何回勝ったのにウデマエゲージが全然貯まらない!」とか「何回しか負けてないのに割れた!」とかは全然関係ありません。

六勝すれば必ずOKラインに達する

S+以降であれば勝てば必ず昇格ポイントが9入るので、OKラインである50までは六回勝てばいいことになります。

四敗ではメーターは割れない

四敗では最高でも降格ポイントが80しか貯まらないので絶対に割れません。

つまり、最低六勝四敗のペースであればウデマエは降格しないということです。

降格しないためには最高勝率60%が求められるってこと!?

一度割れれば40%が引き継がれるから話はもうちょっとややこしいんよ。

勝率五割あればウデマエは上がる

結論から先に言えば、一度勝率六割でウデマエキープをするとそこからは勝率五割を維持すれば必ずウデマエは上がっていきます。

一度OKラインまで達すれば、割れても最低でも昇格ポイントが20は貯まっているので、次は30だけ貯めればいいことになります。

これは四勝で必ずOKラインに届くことを意味しており、降格ポイントが100貯まるには最低でも五敗が必要なので四勝五敗で少しずつ昇格ポイントが溜まっていくわけです。

まとめ

ウデマエメーターが割れる要因として勝数と敗数は全く関係なく、関係あるのは昇格メーターと降格メーターがどのくらい貯まるかだけに依存します。

昇格メーターと降格メーターの進み具合は自分のガチパワーと相手チームのガチパワーだけで決まります。

どれだけキルしたとか、塗ったとかはまったく関係ありません。