no-image

ウデマエメーターが割れる仕組み

ウデマエメーターの仕組みは意外と知られていない

このウデマエメーターの仕組みについては海外のハッカーのOatmealDome氏が解析していたのでその結果を日本語で報告したいと思います。

当記事では大まかにしか紹介しないので、もしも詳細に興味がある方は氏の記事を読まれると良いと思います。

基本

スプラトゥーン1ではウデマエはC-からS+まであり、数字は0から99までありました。

勝つと数字が増え、負けると減ります。そして99に達するとランクが上がり、0になるとランクが下がります。

同様にスプラトゥーン2ではC-からXまでのウデマエがあります。

しかし、ウデマエX以外では0から99までの数字が表示される代わりにウデマエメーターと呼ばれるバーが表示されるだけです。

ヒビが4つ入るとOKラインに達していれば同じランクに留まれますが、達していない場合はウデマエが一段階下がります。

ガチパワーとは何か

ガチパワーはグリコ2レーティングで計算されます。

レーティングでよく用いられるのは簡便に計算できるイロレーティングですが、最近はグリコ2レーティングのほうがレーティングのインフレが起きにくく使われやすい傾向があるようです。

グリコ2レーティングはレーティング偏差と呼ばれる変数が必要なので、ニンテンドー以外が正確にその値を計算することはできません。

よって、イロレーティングで近似値を求めようとしたのが上記事になるのですが、なかなか正確に計算できました。

もしもあなたが改造されたニンテンドースイッチをもっているなら、(Xランク以外であっても)セーブデータをcheckpointなどのプログラムを使ってダンプしてSplatHeXでガチパワーの値を見ることができます。

ウデマエメーター

  • 1試合で10-20ポイントがもらえる(S+の場合は9-20ポイント)
  • OKラインはSランクまでは40、S+以降は50ポイントで到達できる
  • S+以上であれば割れたときに1段階だけ下がる
  • ランクがダウンすると持っていたポイントの40%が引き継がれる

加えて、表示されている通常のウデマエメーターに加えて隠されている降格メーターが存在します。

これは通常のウデマエメーターと同じで0から100までの値が存在します。

降格メーターが100に達するとウデマエが降格し、25ポイントごとにヒビが入ります。また、90ポイントに達するとピンチが表示されます。

メーターが85のときに負けると、ピンチが表示されずに一気に四つ目のヒビが入る可能性があります。

C-~S+

C~SS+
最大獲得(昇格/降格)ポイント2020
最小獲得(昇格/降格)ポイント109
OKライン
4050
ひび割れライン25ごと25ごと
ピンチライン9090
最大飛び級410

X

王冠500位以内
降格ライン2000
月内降格ライン1900
ランク表示ライン2000
必要バトル数10
最大初期パワー2300
最小初期パワー2000
初期偏差150

まとめ

ウデマエメーターが割れる要因として勝数と敗数は全く関係なく、関係あるのは昇格メーターと降格メーターがどのくらい貯まるかだけに依存する。

昇格メーターと降格メーターの進み具合は自分のガチパワーと相手チームのガチパワーだけで決まります。

どれだけ活躍したかはまったく関係ありません。