[オプション] Switch-Lan-Play

switch-lan-playにはいくつかのオプションがあるのだが、その殆どは詳細が説明されておらず一体何に使えるのかさっぱりわからない。

そこで今回はそのオプションを一つ一つ試してその効果を紹介するものとする。なお、Switch-Lan-Playの導入には過去の記事であるイカの内容を参考にしていただきたい。

バイナリ配布ページです。特にこだわりがなければ0.0.6をご利用ください。

そのうちGUIを作ろうと思っています。

また、どうしても導入が上手くいかないという方がいた場合はDiscordで質問をしていただければ導入までのお手伝いをさせていただきます。

実装済みのオプション

–pmtu

pmtuとは簡単に言えばパケットを分割して送信することで通信の品質が悪い場合にラグを減らすための方法。

このオプションは0.0.6から有効で、–pmtu 1000のように指定することで効果を発揮します。

デフォルト値は0で、0の場合はオフと同じです。ニンテンドースイッチではmtuの値のデフォルトが1400なので–pmtu 1400と指定するのは意味がありません。

作者の方曰く「とりあえず1000を使っておけば良い」とのことなので1000を使っておけばいいと思います。

配布しているバッチファイルのうち、lan-play-pmtu.batというファイル名のものはpmtuオプションが自動で1000に設定されています。

–broadcast

何の効果があるのか全くわかっていません。

–relay-server-addr 255.255.255.255:11451を指定した場合と同じ効果が得られるので特に気にしなくていいと思います。

–fake-internet

インターネット接続を偽装してくれるオプションです。これをオンにするとニンテンドーネットワークに繋がらなくなり、ゲームのアップデートやスプラトゥーン2におけるロビーの機能が全く使えなくなります。

また、ゲーム起動時のニュースもスキップできるのでイカッチャだけやりたくてスプラトゥーンを起動する人には効果があるかもしれません。

lan-playの状態でニンテンドーネットワークに繋ぐ行為は規約違反の可能性があるため、このオプションをつけておけばlan-play時には絶対にニンテンドーネットワークに繋がらない(ガチマッチやサーモンランにいけない)ので安心です。

–help

現在のバージョンと使い方を表示してくれます。表示してはくれるのですが、これだけでは意味がわからないという人が多いと思います。

switch-lan-play 0.0.6
Usage:
    lan-play-win32.exe
        [--help]
        [--version]
        [--broadcast]
        [--fake-internet]
        [--relay-server-addr <addr>]
        [--netif <netif>]
        [--pmtu <pmtu>]
Address format is a.b.c.d:port (IPv4).

–version

現在のバージョンを表示します。最新版は0.0.6です。

–netif <netif>

ネットワークインターフェースを指定します。これは利用者の環境によって異なるので値を予め決めておくことはできません。

1. \Device\NPF_{8E39E039-F3F5-410A-8D19-89BCAD977F54} (VMware Virtual Ethernet Adapter)
        IP: [192.168.149.1]
2. \Device\NPF_{241A7483-6949-4605-8616-039DAA3D0E20} (Realtek Ethernet Controller)
        IP: [192.168.1.5]
3. \Device\NPF_{3148D2A3-1C95-4AAE-8F1A-8F7DDE6E1725} (VMware Virtual Ethernet Adapter)
        IP: [192.168.96.1]
Enter the interface number (1-3):

えむいーさんの環境の場合だと常に2に正しいIPアドレスが表示されるので–netif 2と指定すればいいのですが、このくらいそもそもそんなに手間でないのでこのオプションを付ける意味はないと思います。

–relay-server-addr

サーバのIPアドレスを指定します。配布しているバッチファイルではすでに指定してあるので特に設定を考える必要はありません。

未実装のオプション

–password-file

接続に必要なユーザ名とパスワードのうち、パスワードファイルを指定します。まだ実装されていない機能なので使えません。

–password

接続に必要なユーザ名とパスワードのうち、パスワードを指定します。まだ実装されていない機能なので使えません。

–username

接続に必要なユーザ名とパスワードのうち、ユーザ名を指定します。まだ実装されていない機能なので使えません。

–netif-ipaddr

不明。

–netif-netmask

不明。

シェアする