サーモンラン役立つかもテク集

役立つかもしれないテクニックの原石をおいておきます。

どんどん増やす予定です。

参考動画に関しては、自分の動画はそのまま貼り付けていますが、Twitter上で見つけたものに関してはTwitterのURLをそのまま貼り付けています。

海上集落シャケト場

シェケナダム

難破船ドン・ブラコ

トキシラズいぶし工房

ヒカリバエ

リフト横の横滑りセミ

トキシラズのヒカリバエはこの位置が安定します。

キケン度MAXの2オペでさえもこの方法で安定してクリアできるので、他にも方法はあるかもしれませんが最適解の一つで間違いないかと。

横滑りで壁に張り付くと満潮でも落下の心配が少ないため安心です。ただ、壁をしっかりと塗っていないと張り付けずにそのまま落ちてしまうので塗りは怠らないようにしましょう。

朽ちた方舟 ポラリス

ヒカリバエ

ヒカリバエ2オペでの動き

通常ヒカリバエは金ジャケが上にくるまでに時間がかかるため、納品不足になりやすいと言われるが、2オペの場合はキケン度MAXでさえもノルマが12しかないのでドロップさせた金イクラを安全に運ぶことができればノルマ達成はそこまで難しくありません。

つまり、納品役が安全に納品できてかつターゲットされているイカが安全に生き残ることができる動きを探せばよいわけです。

この一連の動きは、一度ライドレールに乗ることでシャケを対岸まで移動させて時間を稼ぎ、そのスキに壁に張り付いて納品役に納品させることを目的としたものです。動画を見てもらえばわかるように、結構ちんたら動いているにもかかわらずちゃんとセミできています。

壁に張り付いている間は金ジャケは段差下まで降りてくるので、セミ役でさえもセミ終了後に1つ納品できるくらいの時間的余裕が生まれます。

ヒカリバエ3オペでの動き

3オペの場合はもっと柔軟に動くこともできます。この編成ではダイナモローラーがいるのでダイナモローラーにターゲットがついている場合は基本的に残りの二人は納品役に回ることができます。

ダイナモローラーは金ジャケではノックバックを受けてしまい、そこから体勢が崩れることがあるのですが、予め金ジャケにダメージを与えておいて一撃で倒せる状態にしておけばノックバックは発生しません。

ザコシャケは触れた瞬間に倒せるだけのポテンシャルがダイナモローラーにはあるので、他のブキをもっているイカは金ジャケだけ殴っていれば十分間に合います。

ヒカリバエ4オペでの動き

先程までの解説はイカッチャでの2オペ3オペを想定したものであり、通常のヒカリバエであればおすげさんが考案したこの位置取りでの迎撃が有効なようです。

ただ、これ慣れるのが結構難しいと思います。やってみたら下手くそすぎて全然成功しなかった(笑)

ちょっとでも左にいると危ない

見ていただければわかりますが、中央までいかなくてもちょっとでも左に寄ってしまうとシャケが左からまわってきて危ないようです。

任意のステージ

ステージを問わず、使えるテクニックをご紹介します。実行可能というだけで、本当に有用なテクニックかどうかは保証しません。

ハコビヤ

任意のステージでできるハコビヤ22秒撃退

ハコビヤは一回目の襲来でわざと撃退せずに22秒まで放置すると二度目の襲来が来ません。

なので低ノルマの場合は22秒で追い返してから納品するという動画のような動きができてしまいます。もちろん、この動画の場合はハイプレがあるので一回目で使っておけばもっと楽にクリアできています。

22秒からの納品は、シャケコプターをリスキルしていない限りは1人あたり3つか4つが限度なのでノルマが10以上の高レート帯では使えません。火力がなく、二度のハコビヤ撃退が望めない場合はこういう方法もひょっとしたら使えるかもしれません。

キケン度が上がるとハコビヤの本体の耐久力が上がるのでどのキケン度、どの編成であればこの戦法が使えるのかまだまだ調べなければいけないことがたくさんあります。

シェアする