ikawidget2復活の兆し!?

アップデート以降使えなくなっていた

ニンテンドースイッチオンライン(以下NSO)の有料化に伴うアップデートで既存のサードパティアプリ全てでログインができなくなるという問題が発生した。

詳しい内容はこちら。

使用変更の理由は推察しかできないものの、ルート化端末によるチート行為を阻止するためだと思う。しかし、わざわざ認証方式まで変える必要はなかったのではないかと思う。

技術的な話をすると、ニンテンドーのサーバからデータをダウンロードするにはiksm_sessionと呼ばれるセッションキーが必要なのだが、本来これはニンテンドー公式アプリでしか発行できないものである。

ところが有志がそのキーの発行に必要なTokenの生成法を逆アセンブラを使って見つけ出すことに成功しました。

今までikawidget2でログインできていたのはそのためです。

しかし、あるアップデートでセッションキーの発行にfという新たなパラメータが必要になり一度ikawidget2はログインができなくなってしまいます。それも有志がまた解析してfの生成法も見つけ出してしまいました。

なぜ使えなくなっていたか

それはそのfの生成法が変わったため。

GUIDやtimestampを利用して生成しているらしいのですが、これ以上はえむいーさんも深く理解しているわけではないのでよくわかっていないです。

NSOのアップデート以降ikawidget2やsplatnet2statinkでログインができなかったのはセッションキーの発行に必要なfの新たな生成法がわからなかったためです。

このままプログラマは任天堂の圧力に屈するのか…誰もがそう思っていた最中…

ログインの問題修正完了!?

とうとう新たなfの生成法が判明したようです。

これに関してはもう「すごい」の一言しかありません。みなさん、ikawidget2の開発と更新には無償の不断の努力が積み重ねられていることに感謝しましょう。

iOS版の更新は?

Android版とiOS版の作者さんは知人のようなので、近いうちにiOS版も復旧することが予想されます。

※生成法がわかればそのコードをJavaからObjective-C(またはSwift)に移植するだけなので。

ただし、iOS版には審査というものがあってアップデートであっても「すぐに配信」というわけにはいかないのでAndroid版よりも一週間程度遅れることが予想されます。

ユーザにできるのはアップデートが配信されることを待つことであって、作者さんに「いつ修正されますか?」なんてきくことではありません。きいたところでリリースが早くなるわけでもありませんし、くだらない質問に返事している分だけリリースが遅くなります。

シャケ勢御用達アプリ SalmonRec

ここでサーモンランのデータ保存に対応したアプリのご紹介。

今までは手打ちでデータを入力しなければならず「便利だけどめんどくさすぎて使う気が起きない」って感じだったのですが、イカリング2のアップデートでサーモンランの記録が取得できるようになったことと、iksm_sessionを指定することで自動データ取得に対応したことで使いみちがでてきました。

ところでiksm_sessionの有効期限は12時間しかありません。

つまり、12時間ごとにアプリを起動してデータを保存しないと再度iksm_sessionを設定しないといけなくなるのでやっぱりめんどくさそう…

自動でアプリ側でURL叩くとかそんな機能があるんでしょうか?(どっちにしろ起動しっぱなしでないといけませんが)

ところで今日の九時からドンブラコでサーモンラン開幕ですね。誰か一緒にやりましょう。