スプラトゥーンでマウス操作する

TPSとFPS

そもそもスプラトゥーンはTPSゲームである。TPSとはThird Person Shootingの略で第三者視点で行うシューティングゲームのことである。

一般的なPCゲーはFPSであり、これはFirst Person Shootingの略である。何が違うかというと、操作しているプレイヤーが画面に写っているかどうかで簡単に判断できる。

プレイ中に可愛いイカちゃんが見れるのもスプラトゥーンがTPSだからこそ!!!

日本でFPSよりTPSが流行る理由

FPSは腰の位置にカメラがあるので、照準と着弾点が完璧に一致します。

つまり、直感的ですごくわかりやすい。

その代わり動かしているプレイヤーが見えないので酔う人が多い。

その点TPSは視点が広く、自分のプレイヤーが見えるので酔いにくい。あと、イカちゃんが可愛い。

そういう意味でもFPSよりもTPSの方が日本のニーズに合っていたと言える。

FPSのほとんどはキーボード操作

実際にPCでFPSをやっている人なら知っていると思うのだが、FPSゲーの殆どはキーボードとマウスで操作する。

よって、当然「スプラトゥーンをマウスとキーボードで操作したい」という要求が生まれるわけである。

しかし残念ながらニンテンドースイッチはUSBマウスに対応していない。通電はするが、入力を全く受け付けないのだ。

Cross Hair Converter

実際にプレイしている動画がこれ。

まあまあ普通にプレイできているのでこれはこれでありなのかもしれない。

問題はちょっと高いところかな?

XIM APEX

並行輸入品かどうかの違いで機能は同じ。

あと、追加でこれが必要。

COOV N100

次はちょっと怪しい感じのデバイスになります。

デュアルショック4(以下DS4)はPlayStation4用の純正コントローラのことです。これを使えばニンテンドースイッチとDS4間での変換はできる模様。

このままではDS4しか使うことしかできませんが、それをマウスやキーボードの入力に変換するための別の機材が必要になります。

この辺りはXIM APEXと似たような感じですね。

そしてやっぱり怪しいデバイスを接続します。

動くことには動くみたいですね。

DELTA Essentials

購入しました。確かにマウス、キーボードでフォートナイトやスプラトゥーン2などのゲームをプレイする事ができました。しかし、動きがあまりにもカクカクします。自分のマウスが悪いのだと思い、マウスを変えましたがそれでもまだカクカクします。
minecraftなどは多少のカクつきでも気にせずプレイできました。しかし、フォートナイトやスプラトゥーンなどのゲームにおいてはかなり悪いです。返品を検討しています。

switchで利用することで購入しました。こういう商品が初めて使っています。意外と楽しいです。なぜなら、自分がPC操作が大好きです。接続がとても簡単です。

星5のレビューをつけているのですが、なーんか日本語がヘンなのでサクラの可能性アリですな。しかもこの人、この商品にしかレビューつけてないし…

GIMX

フリーソフトでコントローラをエミュレートするもの。PCと接続しておけば、コントローラの入力をPCが変換してくれるというわけです。

その代わりゲーム中はPCをつけっぱなしにしないといけないかつ、ゲーム中はPCが全く使えないという問題が生じます。

そのため、格安のオンボードCPUを使って変換機を作るのが良い方法だとか。

Orange Pi ZeroとかRaspberry Piが有力候補な様子。ラズパイだとカクつくって書かれているんですが、1のことなんでしょうかね…(そこが気になる

ちなみにこの方法、最も安く環境を整えられる代わりにかなり専門的な知識が必要になるのでエンドユーザには全くおすすめできません。

GIMXはそのままではNintendo Switchに対応していないので上記の怪しいN100アダプタをかませてあげれば良いようです。

まとめ

コンバータにはいろいろなタイプがあるっぽいが、一番安いのがCOOV N100でした。

怪しい感じもしますが動作確認もできているようなので、とりあえずマウスで動かしたいならこれが一番でしょうか?

マウサーにはあんまり興味がないのですが、面白そうなので買ってみようと思います(ぁ