ニンテンドーオンライン有料化きた!!!

オンラインが有料化

えむいーさんがスイッチを購入したのが去年の11月頃。

「いつ有料化するんだ?」と待たされること10ヶ月経ったが、ようやく本日から有料化された!!

有料化されたところで、そのプランの加入方法について説明しようと思う。

まず、そもそもとしてウェブからプランを購入する画面を見つけるのが死ぬほど見つけにくい。これならヤフオクの解約画面を見つけるほうがまだ簡単だと思ったほどに難しい。

というわけで、迷うわないようにリンクを貼っておきます。

選べるプランは個人向けが3つ、ファミリー向けが1つである。

ファミリー向けまたは12ヶ月プランの特典としてギアがもらえるので、これをもらわない手はない。というわけで、スプラトゥーンをこれからも続けていくつもりなら迷うことなく12ヶ月プランを購入しよう。

家族でニンテンドースイッチを二台以上持っているならファミリープランがオススメだ。

ニンテンドースイッチでプラン加入する場合

eショップのメニューからプラン加入する。

アプリを開くと下の方にNintendo Switch Onlineという項目がある。

無料体験と書いてあるが、加入が強制されるのでほっておくと8日目以降は自動で一ヶ月プランの料金が引き落とされる。

最初から一年プランに入るつもりであれば無料体験をせず、おとなしく一年プランを選択しておくのがオススメ。

見つけにくいのだが、この「無料体験」の下にプラン購入画面がある。こういうところが微妙にわかりにくいので個人的にはウェブ版がオススメ。

クレジットカードか、ペイパルのアカウントがあれば決済可能。ここから先は簡単なので省略させていただく( ˘ω˘)スヤァ

ファミリープランを適応するには?

ファミリープランに加入しているユーザがファミリー内に一人でもいれば、ファミリー内のユーザは全員がオンラインを楽しめる。

以下のリンクから設定を行う。

多分ニンテンドースイッチ本体でもできるのだが、ウェブから行うほうが楽。

「ファミリーに招待する」を押すと次のような画面が表示される。

ここのメールアドレスとはニンテンドーオンラインのメールアドレスのことである。

どのアカウントにどのメールアドレスが紐付けられているか忘れてしまった方は確認しよう。

「送信する」を押すと登録されたメールアドレスに招待用のリンクが送られてくる。

それを開いて登録を済ませると、ファミリーのメンバーに追加される。

ファミリーは8名まで追加可能なので、一般的な家庭であれば十分だろう。

ちなみにこれは日本のアカウントで作成したファミリーに海外のアカウントを追加している。どちらがどちらでも問題ないようだ。

オクトエキスパンションなどの追加コンテンツは購入したスイッチと紐付けられていて、同一のスイッチにログインしているユーザ全員がオクトエキスパンションを楽しめたが、こっちは多分ユーザ管理されているのでどのスイッチでプレイしているかは関係ないと思われる。

海外版の方がお得?

日本版が4500円なのに対して…

現在のレートで35ドルとは約4000円なので年間500円くらい違ってくる。まあ、こんなのは微々たるものなのだが、どうしてもケチりたい人は北米版に加入しよう!

ファミリーの誰かがファミリープランに加入していればいいみたいなのでこのアカウントでファミリープランに加入してみたいと思います。

特に500円差が気にならない人は普通に国内向けファミリープランに加入すればいいと思います!!!

北米版加入の方法

注意点として、現在のアカウントでニンテンドープリペイドなどで残高が残っているアカウントは国内版アカウントから北米版アカウントへの地域の切り替えができません。

もし、残高が残っている場合はそれを一度使い切るか、別のアカウントでファミリープランを契約する必要があります。

北米版PayPalアカウントの作成

ここから海外版のペイパルアカウントを作成すればいい。クレジットカードは日本のものでも大丈夫。

NSOアカウントの国/地域の変更

国内版eShop

一般的には国を日本に設定している方が多いと思うので、eShopに接続すると日本語で案内が出てくると思う。

しかし、この状態では北米版のプランに加入できないのでまずは設定の変更を行う。

パソコンからログインして、国を変更しよう。

変更後に再度eShopを起動すると何やらエラーがでて再起動を促される。

再ログインを促されるが、正常な動作なので安心してください。

本体の言語が日本語なのに、英語のeShopを開こうとしたので警告がでますが無視してOK。

無事に北米版のeShopに接続できました。

あとは最初に登録した北米版Paypalアカウントで支払いを済ませればOKです。

ケチな方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?