相横歩取り

こんにちは。えむいーの数少ない友達のひとり、けーやです。
今日は先手の横歩取りへの対抗として、後手番の相横歩取り戦法について紹介していきます。
相横歩取りは先手有利な戦法のため、先手が悪手を指してくれなければ後手番はなかなか勝つことができません。
しかし、定跡を知らなければ(研究をしていなければ)間違えることも多いため、個人的には有力な戦法だと思っています。
どんどん指して、ドヤ顔で先手狩りをしていきましょう!(角道を閉じてくる陰キャは許さない。絶対にだ。)
さて、図1は先手が横歩取りをしてきた場面です。

図1 ▲3四飛 まで

後手が相横歩取りを目指すには、ここから△8八角成▲同銀△7六飛とします。(図2)

図2 ▲7六飛 まで

ここでの先手の応手は、▲7七銀か▲7七桂の2つが挙げられますが、今回は最も激しくなりやすい▲7七銀以下を紹介していきます。
▲7七銀以下、△7四飛▲同飛△同歩と飛車交換をするのが一般的な進行です。(図3)

図3 △7四歩 まで

さて、ここでの先手の応手は、プロの棋譜を見ても圧倒的に▲4六角が多いです。対して後手は△8二角と打って受ける人が多いようですが、これは悪手です。▲4六角には手抜いて△8六歩とし、こちらも攻めましょう。(図4)

図4 △8六歩打 まで

先手が△8七歩成を手抜いてきた場合(悪手)

ここで先手が△8七歩成を手抜き、▲9一角成などするのは悪手です。後手が少し良くなります。そのため、先手はほぼ確実に受けてきますが、たまーに手抜いて攻めてくる人もいるので、紹介しておきます。
▲9一角成以下、当然△8七歩成と進みます。ここで▲同金(図5)とされたときに、手拍子で△7九飛と打ってはいけません。▲6九飛と合わせられ、△同飛成▲同玉と後手が一手損をしてしまいます。

図5 8七同金 まで

図5での最善手は、△2八歩打です。ここで先手が▲同銀(大悪手)としてくれれば、今度は△7九飛が打てます。(図6)

図6 △7九飛打 まで

今度は、▲6九飛打と合わせても△7八飛成で金銀両取りがかかりますし、▲4八玉と逃げても同じく△7八飛成で王手金取りがかかります。これははっきり後手勝勢です。
というわけで、△2八歩打には手抜いて▲8一馬△2九歩成▲6三馬と進むのが一例です。(図7)

図7 ▲6三馬 まで

詰めろなので後手は受けなければなりません。しかし、先手も2九のと金が銀取りになっているので忙しいです。▲6三馬以下、△4一角打▲同馬△同玉と進めば、先手の攻めが切れるので後手優勢です。▲同馬に代えて▲7三馬でも、△6二銀と上がっておいて問題ないでしょう。(図8)

図8 △6二銀 まで

ここで先手が馬を逃がしてしまうと、大悪手となり後手勝勢です。例えば▲5五馬と逃げれば、△3九と▲同金に△7九飛と打てます。先手はかなり厳しいでしょう。(図9)

図9 △7九飛打 まで

というわけで、先手は馬を逃がすことができません。したがって、図8では▲同馬△同金に▲4八銀とし、馬を切って自陣の銀を逃がします。(図10)

図10 ▲4八銀 まで

後手に手番が回りました。攻めに有効な手としては、△2七角打や△7八角打が思いつきます。ここでは△7八角打が最も有力でしょう。(図11)

図11 △7八角打 まで

これが詰めろかつ金取りになっているので、先手は金取りを受けつつ王手をかける▲8一飛打を強いられますが、ここで後手は△6一歩と金底の歩を打っておけば固いです。△6一歩打以下、▲6八玉△8九角成▲8八金△9九馬と進むのが一例ですが、後手優勢ですね。(図12)

図12 △9九馬 まで

次に、△2七角打が最も有力になる変化を紹介しておきます。
先ほどは、図8から▲同馬△同金に▲4八銀と進んでいましたが、▲同馬△同金に▲6五香と打ってきた場合、△6三歩打▲4八銀と進みます。先手は6筋に嫌味を付けることができたのと、歩を打たせたことで先ほどの変化よりも得しています。(図13)

図13 ▲4八銀 まで

ここで先ほどと同じように△7八角打としてしまうと、▲6五香打の分だけ先手が先ほどよりも得しているため、後手優勢とまではいきません。そこで、図13では△2七角打とするのが最も有力です。(図14)

図14 △2七角打 まで

ここで先手が▲5八玉などしてしまうと、△4九角成と馬を切り、▲同玉に△7九飛▲5八玉△7八飛成と進んで後手有利です。(図15)

図15 △7九飛打 まで

したがって、図14で先手は▲5八金とするのが最善ですが、それでも△4九飛打▲6八玉△8九飛成として後手有利は変わりません。(図16)

図16 △8九飛成 まで

以上が、図4からの△8七歩成を先手が手抜いた場合の咎め方の例です。

先手が△8七歩成を受けた場合

以上の通り、図4で先手が手抜いて攻めるのは悪手です。そのため、先手は▲8八歩打として受けてくるのが一般的です。対して後手は、△2七角打とします。△4九角成と切ってから△3八歩と叩いていくのが狙いです。(図17)

図17 △2七角打 まで

先手が△4九角成を手抜いてきた場合(悪手)

ここで先手が△4九角成を手抜き、▲9一角成などするのはやっぱり悪手です。後手が少し良くなります。しかし、ここでは結構手抜いてくる人も多いので狙えるかもしれません。
▲9一角成以下、当然△4九角成と進みます。▲同玉に、狙い通り△3八歩と打ちます。(図18)

図18 △3八歩打 まで

ここでの先手の応手は、3つ考えられます。▲4八銀(悪手)、▲同玉、▲同銀です。まずは▲4八銀から見ていきましょう。
▲4八銀以下、△2八飛打▲5八玉△3九歩成と進んで後手優勢です。簡単ですね。(図19)

図19 △3九歩成 まで

次に▲同玉を見ていきましょう。
▲同玉以下、△5八飛打▲4八飛打△5九飛成と進みます。(図20)

図20 △5九飛成 まで

ここで先手は、次の△2七金打を受けなければ負けてしまいます。したがって、▲2八香打△2六歩打▲1八角打と受けさせたところで△8九竜とするのが一例です。(図21)

図21 △8九竜 まで

シェアする