ビットコインのマイニングは儲かるのか?

何故マイニングを今更始めたのか

パソコンで特にゲームもしないのにGTX1060を買ってしまってそのスペックを持て余していたのだけれど、「ひょっとしたらこれはマイニングに使えるのでは?」という思いつきから実際に掘ってみることにしました。
コンシューマ用のグラボの中では割と性能がいいはずなので、大儲けとはいかないまでもそれなりの小遣い稼ぎにはなるのではないかと思って調べてみた。

必要なもの

案外少ない。問題点はPCの値段がそれなりにすることだろうが、削りに削れば8万円くらいで構成できるのではないかと読んでいる。

BITFLYERで口座開設

本人確認書類の手続きとかはあるけれど、それをしなくても採掘自体は可能。
売買をしたければ本人確認が必要なのでしっかりとすること。
アカウント登録が済めば設定画面から「お客様用ビットコインアドレス」というものがあるので、それをメモしておく。

ここまで済めばBITFLYER側の設定は終わり。

Awesome Minerの設定

ダウンロードしてきてインストールするだけ。
初回起動するとこんな画面がでるはず。英語だけれど、簡単な文章ばっかりなので中学校を卒業しているなら読めるはず。

NextをクリックするとMinerのタイプを選択しろとでる。今回は利益重視のマイナーを組みたいのでManaged Profit Minerを選ぶ。これは30分毎に自動でAwesome Minerがマイニング用のアルゴリズムを切り替えてくれるという機能を持っている。

選択した上でNextを押す。

グラボの種類を選ぶ。グラフィックボードがない状態だとマイニングは最高に効率が悪いのでやめておくこと。のちのち売却することを考えるとRADEON系よりもGeForce系の方がいいと思われる。

Optionsから設定を変更する。通貨は日本円換算したいのでJPYを選択。

Zpoolを選択してBITFLYERで取得したビットコインアドレスを入力する。これを間違うとせってく掘ったビットコインが虚空に消えることになるので注意。
http://www.zpool.ca/にアクセスして自分のビットコインアドレスを入力すればちゃんとプールできているかが確かめられます。

結局どのくらい稼げるの?

うちのPCは500W駆動している。24時間30日動かすとすると1日200円前後で1ヶ月で6000円くらいは電気代にかかる計算になる。

それに対してマイニングは「GTX1060で行っても1日に250~350円掘れるか」といった感じなので大きく見積もっても1日に150円しか儲からないことになる。
となると1ヶ月で4500円となる。儲かっているとは言い難いが、小遣い稼ぎ程度にはなっているのかもしれない。

支払いについて

0.0025BTC以上の残高があると支払われる模様。
現段階のレートだと0.0025BTC=5400円程度となる。1ヶ月で7000円くらいは掘れるので、1ヶ月マシンを動かしっぱなしにすれば支払いは受けられそうである。

結局のところ

個人規模でマイニングでガリガリ稼ごうというのは無理。
電気代の安い地域(日本はめちゃくちゃ電気代が高い)で専用のプラントでも作れば話は別かもしれないが、個人が汎用のプラットフォームで稼ごうとするのは相当難しいのではないだろうか。
自由化で先行する欧米の電気料金の状況によると、日本の産業電気料金の高さは世界でトップクラスで家庭用もかなり高いことがわかる。

フィンランドの電気代結構安いやん????

日本の電気代のおよそ75%くらいの値段なので、いっその事別宅にパソコンを持っていってもいいのではないかと思った。
まあ実際にはパソコンの輸送コストがハンパではないので、あっちでパソコンを買ったほうがいいのだろうけれど。