スプラBANの対象とは?

アンチチートシステム

バージョン3.1.0からアンチチートシステムが実装されました。

これによるとファイルの完全性チェックを行っていて、それに引っかかるとBANフラグが立つようです。一度フラグが立つと翌日にBANされてインターネットコンテンツが利用できなくなるようです。

で、これを独自に研究していた方がいるようなのですが、どうやって調べたんでしょうね…まさか何度もBANされたわけではないでしょうし…

完全性チェックは導入されましたが、以下のことはしても大丈夫なようです。

  • モデリング編集(タコゾネス化とか)
  • BGM置換(ミュージックハック)
  • テキスト編集
  • セーブ編集(ギアハックとか?)

この中で一番めんどくさそうなのがセーブ編集でしょうか…ギアを変え放題なのはちょっとオンラインゲームとしては面倒くさい感じです。かといって200万人以上いる全ユーザのギア情報を保存しているのも大変でしょうし…

ここはオンライン有料化と共に変わるんでしょうか。

あと、これらは現状BANチェックに引っかからないようですが、将来的に安全かどうかは保証できないそうですので悪しからず。

シェアする