システムバージョン6.0.0

オンライン有料化くるぞ!

ニンテンドースイッチのシステムバージョン6.0.0が近くリリースされるとかなんとか。

オンライン有料化と共にリリースされるのでしょうか。

ちなみに有料化は9月中旬だとかなんとか。結局いつやねん!!!(笑)

Nintendo Switch Online|Nintendo Switch|任天堂
Nintendo Switchの有料サービス「Nintendo Switch Online」をご紹介します。

「Nintendo Switch Online」の利用券は、2018年9月のサービス開始以降、以下の場所からご購入いただけます。

え、事前に買えないんですか?

ってことは有料化して繋げなくなってから「よーし利用券買うか!」ってしなきゃいけないわけですね。めんどくさ!!!

料金プラン

これ、未だにどういうプランなのかよくわかってない。

ファミリー|ニンテンドーアカウント サポート|Nintendo
お子様のニンテンドーeショップの利用制限や、Nintendo Switch Onlineのファミリープランご利用時に必要となる、ニンテンドーアカウントの「ファミリー」の設定についてご案内します。

ファミリープランにしておけば年間600円もしないという事実。もちろん8人家族で8台もスイッチを持っている人はそうそういないだろうけれど。

あと、未だに気になるのは有料コンテンツの紐付けってどうなってるんだろうってことですね。

スイッチ本体にコンテンツが紐付けられているっぽいので、例えば「オクトエキスパンションだとスイッチ本体の数だけ買わないといけない」ってことで合ってますよね?

チート対策は万全?

exefsをあてた状態でロビーに入ってプラベしたらそれだけでBANされたとかなんとか。

つまり、ゲームファイルとかシステムファイルのハッシュ値かなんかをサーバに送信しているということになりますね。改造した状態でネットに繋ぐとそれだけでBANされるということになるので、チートすると速攻弾かれるようになるみたいです。

本体BANの覚悟をしてまでチートする人はいないと思うのでチート対策はまあまあいい感じじゃないでしょうか。問題はUNBANができるかできないかなのですが、完全にシステムを掌握されてしまうとこれもまた時間の問題の気も…

NES/SNESのコントローラが使える?

未配布のはずのバージョン6.0.0を解析して画像データからファミコンとスーパーファミコンのコントローラが使えることが明らかに。

NES/SNESというのはファミコン/スーパーファミコンの北米での呼び方です。日本だとFC/SFCなんですがなんで変わったんでしたっけ(理由忘れた)

スーファミのコントローラすごく好きなので(ぷよぷよ通で死ぬほどコントローラ破壊してしまった)、スイッチでも使えるようになってくれると嬉しい。

あ、ホリ製じゃないやつでお願いします。

改造対策は万全ではない?

NSP/XCI検出機能は搭載されていないらしい。

NSPっていうのはインストールするとメニューから起動できるアプリのこと。eショップとかそういうやつですね。XCIはゲームカートリッジからダンプしたゲームデータのこと。つまりはゲームのバックアップのことです。

つまり、自作アプリとかバックアップアプリはインストールしていても検知されないらしい。

おわかりいただけただろうか

聡明な方なら気づかれたかもしれない。

「なんでまだ公開されていないファームウェア6.0.0の解析ができてるの?」と…

まず、CDNからファームウェア6.0.0が流出してしまい、それの暗号化を誰かが解いてしまったということになります。もちろんサマーウォーズみたいに天才少年が自力で鍵を見つけたとかそういうのではなく、マスターキーが過去に何度か流出しているので今回もマスターキーを誰かが見つけてしまったのでしょうね。

現在はマスターキー5まで見つかっているそうですが、恐らく同様の手法で次々に見つけていけるでしょう。違法コピーやチート行為には当然反対の立場ですが、このような解析は非常に興味深いのでどんどんやってほしい感じがします。

こういったハッキングを元にしてシステムはどんどん改良されていくので。

それにしてもSwitchは一年足らずでほとんど丸裸にされてしまいましたね…汎用型チップを使っているので仕方ないといえば仕方ないのですが、PS3みたくCellのような専用チップを使えばこうはならなかったのでしょうか?

シェアする