対早石田 一手損角換わり

定跡研究

早石田は振り飛車側の代表的な奇襲攻撃であるが、単純早石田には後手側から巧妙な返し技がある。
※△6五角戦法は後手番の戦法なので、便宜上先後を逆にして解説していく。

△6五角戦法の基本図

△6五角戦法の成立条件はたった1つなのでわかりやすい。それは先手が早石田を目指し、△4三歩と角道を止めずに飛車を振ってきた場合である。

後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=5 ▲3二飛 まで

この局面からの進行は、

△2二角成 ▲同銀 △6五角!!
後手の持駒:角
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v銀 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 角 ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=5 ▲6五角 まで

この△6五角がこの戦法の名前の由来となっており、次の△4三角成と△8三角成を同時に受ける手がない。
この局面ではいくつかの手があるのでそれらについて解説していく。

▲3六歩

後手の持駒:角
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v銀 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=5 ▲3六歩 まで

角の成り込みを受けずに攻める手。
幾つかの攻め筋があるが、全て受けきることができるのでその手順を研究しよう。

▲3六歩 △同歩 ▲5五角打 △7七桂 ▲2八角成 △同銀 ▲3六飛 △3七銀

一見すると△同歩は▲5五角打の両取りがあって嫌なようだが、飛車の方は飛車角交換になるだけなので、香取りを受ける△7七桂が必須の一手。

後手の持駒:飛 歩
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・v飛 ・ ・|六
| 歩 歩 桂 歩 歩 歩 銀 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩
後手番
手数=16 ▲3七銀 まで

この進行は△7七銀が飛車の筋を完全に止めており受けきっている形。こちらは馬を作る順が残っており後手有利。

▲3六歩 △同歩 ▲5五角打 △7七桂 ▲3六飛 △4三角成 ▲2八角成 △同銀 ▲3八飛打 △同金 ▲同飛成 △5八飛打 ▲2九龍 △7八玉

こちらは一気に攻め潰そうという順で、受け方を知らないと一気に負けてしまうので注意。
▲3八飛打が狙いを込めた一手で、△同金と取るしかないが▲同飛成が王手銀取りの強烈な一手。
ただ、ここでは△5八飛打がそれを上回る好手で、銀取りを受けた絶妙な手になっている。この場面で先手の正着は本手順のように▲2九龍と桂馬を取る手だが、▲4八金のように飛車取りに当てるガジガジ流は△1五角打(+1684)が打った金を王手で抜く手で先手勝勢。
ちなみに、▲4七龍と次の▲4八金打で飛車を殺そうという狙いは△6一馬と相手の守りの金を取りつつ王手をかけて、同玉の一手に△2五角打(+2111)の王手龍取りで先手勝勢である。

後手の持駒:金 桂 歩
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 馬 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 歩 歩 歩 ・ 歩 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 飛 ・ ・ 銀 ・|八
| 香 ・ 銀 金 ・ ・ ・v龍 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二
後手番
手数=22 ▲7八玉 まで

▲5二金

一度4三の地点を受ける手。こちらの狙いは馬を作ることなので△8三角成とする。

▲5二金 △8三角成 ▲3六歩 △同歩 ▲5五角打 △7七桂 ▲2八角成 △同銀 ▲3六飛 △3七銀
形としては先手が角成を無視して▲3六歩と突いた形と似ている。しかし、▲3六歩型は馬を4三と8三のどちらに作るかの選択肢が後手にあったが、この手順では8三にしか作れないのでこちらの方が先手が良い。
  1. ▲3二飛
    △7八銀(+750)として後手有利。
  2. ▲7六飛
    △6五馬 ▲7四飛 △5五角打 ▲3三歩打 △7四馬 ▲同歩 △9一角成 ▲7二銀 △8六香打(+1892)
*検討 時間 04:35.6 深さ 30/40 ノード数 1000010745 評価値 750
読み筋 ▲7八銀(79) △9四歩(93) ▲5六馬(83) △6二玉(51) ▲8六歩(87) △3三銀(22) ▲6六歩(67) △9五歩(94) ▲4六歩(47) △7二銀(71) ▲8五歩(86) △8二歩打 ▲8四歩(85) △4四銀(33) ▲2六歩(27) △6四歩(63) ▲2三馬(56) △3三飛(32) ▲5六馬(23)

たまにすぐに飛車角交換をしてこない場合がある。主な進行は以下の通り。

▲5二金 △8三角成 ▲3六歩 △同歩 ▲5五角打 △7七桂 ▲3六飛 △1八飛 ▲7六飛 △7八銀(+196)
これは早石田側がかなりやれる局面なのでしっかりと覚えておくこと。
後手の持駒:歩二
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・ ・v銀 ・|二
|v歩 馬v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 歩 歩 歩 ・ 歩 歩|七
| ・ ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛|八
| 香 ・ ・ 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二
後手番
手数=22 ▲7八銀 まで

▲7二銀

美濃囲いの狙いを見せつつ△8三角成を受けた手。
ただし、居飛車側としては△4三角成の方が攻めやすいのでこちらの受けをしてくることは殆ど無いかもしれない。
えーっと、書き足りないです(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました