[Sigpatch] FW11.0.1向けがリリース

CFW

Sigpatch

SigpatchとはSignature patchのことで、日本語訳すると「署名パッチ」となります。

これがなんのために必要かというと、非署名のNSPをatmosphereで起動させるためです。atmosphereは海賊版対策のために署名がないNSPを起動できないようにしているので、その制限を解除するというわけですね。

ただ、カートリッジやeShopからダウンロードしたゲームであればダンプ時にチケットを含んだままNSP化することが可能ですので、ちゃんと設定してダンプしていればこのパッチが必要になることはあまりありません。

必要となるのはNSP形式の自作アプリ(Tinfoil)などをインストールする場合です。

FW11.0.1向け

Release Sigpatches for AMS 0.16.2 / FW 11.0.1 · eXhumer/patches
Updated to add all missing patches between AMS 0.14.4 / FW 10.2.0 and AMS 0.16.2 / FW 11.0.1.

今回のアップデートではFW10.2.0から11.0.1までの中で対応が抜けていたものに対して、パッチが効くようになったようです。

ただ、これはただのパッチファイルだけなので、ロードするためにはHekateの設定を変更する必要があります。

HekateでSigpatchを有効化する手順

以前書いた記事で、Hekateの設定ファイルを変更してCFW起動時にSigpatchを読み込むようにする方法について解説しているので、詳しくはこちらをどうぞ。

まとめ

この前ちゃんと自分で証明書込みでダンプしたはずのNSPが動かなくてビビったのはここだけの秘密。

カートリッジからBaseを抜き出す場合、WAIN DUMPERだとちゃんとインストールできるのにNxDumpToolだと署名うんたらのエラーがでてきました。

で、WAIN DUMPERが何故かうちの環境で動かなかったので仕方なくSigpatchを入れたという経緯があります。

それよりもSysNANDのFWが11.0.0以上だとカートリッジ読み込みのためのドライバの問題か何かでCFW側でカートリッジが読み込めず(場合によってはCFWがクラッシュする)バグがあるので、これもなんとか解決したいです。

そうでないとそもそもカートリッジのダンプによる証明書の検証なども行えないので。

おもろいなーって思っていたら漫画がいつの間にかでていたので、買おうと思います。

記事は以上。

コメント

  1. 匿名 より:

    これ ( https://github.com/ITotalJustice/patches/releases/ ) との違いってありますカネ?どっちの方が良いトカ。僕は↑が良いと思いますケド

タイトルとURLをコピーしました