no-image

スプラトゥーンの概要見れるサイトつくった

Spl@Net2

今のところ表示してるのは全体の勝率と、ルール別の推定ガチパワーと今までの最高ガチパワーです。

ウデマエX以下のガチパワーの算出については以下の記事を読んでください。

ガチパワーを簡易的に計算する

ウデマエボタンを押してもなんにも反応しないんだけど、押すとルール別のノックアウト率とかそういう細かいデータを出せるようにしてもいいかもしれませんね。

まあそれはまた後ほどやります。

忘備録

そのうち別記事として書くかも。

Javascript

さっきのページでは勝率をプログレスバーとして表示しているのですが、その幅を動的に変えたいのです。

もちろんPHPでやればかけないこともないんだけど、Javascriptを使ってフロントエンドで動かしたかったので。

 $(".text).css({
      width: 100%
    });

例えばこうやるとcssのstyle属性をjavascript側から変えられるのだ。これ、すっごい便利じゃないですか。

$(".text").html("tkgstrator");

これはinnerHTMLというやつでHTML内のドキュメントを書き換えられます。ちなみにこのコードはHTML内のclass名textのテキストが全て”tkgstrator”に書き換えることができます。

うーん!超便利じゃん!!!

というわけで今回はこのコードをいろいろ使ってHPを更新してみました。

ランバト集計の方もそろそろ手をつけないといけませんね…

Python

MySQLコネクタっていうのを使ったら割と簡単にできました。

公開しない?

しない。

何故ならデータを集めるのにiksm_sessionが必要だから。

もちろん他人のiksm_sessionを登録すれば利用はできるのだが、セッションキーを人に預けるというのは秘密鍵の漏洩に等しくイカリングを乗っ取られることと同義です。

イカリング自体でできることはせいぜいゲソタウンで注文をするくらいなのですが、それでも人の秘密鍵を預かるなんて事はできないので、少なくとも登録制のサービスにはするつもりはありません。

まあこの辺はikawidget2かstatinkに期待してください。