サーモンランで最も納品が楽そうなWAVEを探そう

Nintendo Switch

イベントなし198納品というドリーム

198納品は全満潮昼のポラリスのみで達成されている。

[LanPlay] ポラリスイベントなし198納品

クマスロが二枚いるのでちょっとセコそうな気がするが、一枚だと195納品くらいは出せた気がする。満潮ポラリスだとステージが狭すぎてヘビが多いときつかったのでクマスロは必須かもしれない。

他のステージでも198納品は可能か

実は同じシードをトキシラズで試してみたのだが、192納品までしか出すことができなかった。

ポラリスと違ってトキシラズは対岸にカタパかタワーが湧くと途端に全回収が困難になるためだ。なので、ポラリスとは違うシードでないと全回収は難しいように思われる。しかし、運が良ければ不可能ではないはずだ。

そこで、WAVEの難しさをプログラムに計算させ、簡単そうなWAVEから198納品が可能なWAVEを探すことにした。

上手い評価関数を考えよう

シードからどんなWAVEがくるのか完全に予測できる以上、どれが最も簡単かを調べるには湧き情報からそのWAVEの難しさを求めるための評価関数が必要になってくる。

これが実は一番難しいところで、人間は感覚的に「簡単・難しい」を判断できるのだが、それをコンピュータに判断させるためにパラメータ付けしなくてはいけないのだ。

感覚的にカタパッドやタワーが多いと難しい気がするし、特に後半に複数出現されると納品時間が足りず厳しい印象を受ける。なので今回は出現した秒数と出現した回数で評価することにした。

オオモノの基本パラメータ

基本重みはSalmon Statsからの解析で得られたオオモノのレートを切りの良さそうな数字にして得た。

本来であればタワーは1550くらいしかない(たおすのは)簡単なオオモノなのだが、納品数を増やすという点だけに限れば出現すればするだけ減るのは明白なのでカタパッドと同じくらいでてこられると厄介だと扱うことにした。

オオモノ基本重み
バクダン1600
カタパッド2650
テッパン1600
ヘビ1550
タワー2650
モグラ1500
コウモリ2050

ところがこれだけでは全く不十分で、出現した数やどのタイミングで出現したかが鍵となってくるのである。

そこで、タワーとカタパッドについては湧きが後半になればなるほど最大1.5倍のバイアスをかけ、逆に最後に出てくれると嬉しいモグラやテッパンについては湧きが後半になればなるほど最小0.5倍のバイアスをかけることにした。

これにより、評価関数はモグラやテッパンが後半にいればいるほど「そのWAVEは簡単だ」と評価を下すようになるのである。また、いくら最初に湧けば回収が楽だといっても、たくさん湧くと邪魔なだけなのでカタパッドとタワーに関しては出現した数が3以上なら無条件で「そのWAVEは簡単ではない」と判断させるようにした。

評価1650以下のWAVE

一般的には回収率が最も高くなりやすいのはステージが最も狭くなる満潮だが、ドンブラコに関して言えばむしろ逆に干潮のほうが簡単という可能性もった。

なので今回は全満潮と全干潮についてある一定以上簡単そうだと思われるWAVEを列挙することにした。全満潮と全干潮は全部で2300万件くらいあるので計算には20分ほどかかったが、なんとかデータを得ることができた。

0x00FCE0D6 202020
0x040ED4BB 000000
0x0F060F36 000000
0x1BD75B35 202020
0x20150464 202020
0x20A92265 000000
0x20D1CF4E 202020
0x221F7F58 202020
0x2765404F 000000
0x3086E914 202020
0x3372EA00 202020
0x3A593211 202020
0x42A748BE 202020
0x49724DEA 000000
0x50E8B07C 202020
0x5287FD93 000000
0x5449A3FE 202020
0x6AA44C2A 202020
0x7B03E1D6 202020
0x7D2F9460 000000
0x7F9D7EBD 000000
0x8172F464 000000
0x85C0D9CA 000000
0x91742AF4 202020
0x9402A5CB 000000
0xB44BD7AF 000000
0xB5638F5C 000000
0xCBE8B6AC 000000
0xCC307874 202020
0xE19C9235 202020
0xE65E806B 202020

ちなみに、プログラムミスのせいでそれぞれのシードが全満潮なのか全干潮なのかがわからなかったのでなんとか分かるように修正した。

実際にこれがどんなWAVEなのかはOcean Calcで予測してみてほしい。

夜ありで最も稼げるWAVEは何か

夜イベントを認めれば、最も稼げるのは間違いなくキンシャケ探しだろう。これには異論の余地がないと思われる。

なにしろ、ダイナモさえいれば適当にやっても100納品を超えるのが当たり前なのだ。100納品を超えられる可能性があるのはトキシラズの満潮グリルくらいのものだろう。

つまり、満潮キンシャケ探しx2の間にどんなWAVEを入れるのかという問題になるのである。

霧イベントはオオモノの数が少ないのでどんなに多くても94納品しかいかない上に、そもそも94納品が可能なのかという問題もある。キンシャケが10×4ドロップしなければいけないという運にもかかっているので、現状ドロップ数アルゴリズムが解明できていないのでこれは試すだけ時間の無駄だろう。

ドスコイはまずありえないので除くとして、残るはラッシュ、ハコビヤ、グリルとなるわけだ。

ここで問題となるのがブキの適性で、キンシャケ探しを優先してダイナモローラーを入れてしまうとハコビヤとグリルがとてもきつくなってしまう。実際、クマスロとスパッタリーを入れた火力を最大限に振った編成でも満潮グリルで80納品程度しか達成することができなかった。

となれば、ラッシュが最も安定しそうな気がしてくるのである。

ただし、トキシラズは満潮グリルが非常に美味しいのでラッシュよりも効率が良い可能性はあるし、ドンブラコではラッシュが稼げなさすぎるのでやはりグリルが一番稼げそうな気がする。

昼WAVEに関しては候補が絞れたので、次はキンシャケ探しイベントに重点を置いてみようと思う。

記事は以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました