no-image

ヘッドマウントディスプレイ欲しいな

目の前の大画面でスプラトゥーン2したくね????????

ぼくはしたい!!!

ヘッドマウントディスプレイとは

頭部に装着するディスプレイ装置のことである。ウェアラブルコンピュータの一つ。スマートグラスとも呼ばれる。

両眼・単眼に大別され、目を完全に覆う「非透過型」や「透過型」といったタイプがある。3D/2Dにも分類できる。

全文まるまるWikiからコピーしてきた。要は頭につけるゴーグル型のディスプレイと思っていただければよく、有名どころであればPSVRがよく知られている。

こんなやつがほしい

とにかく軽いやつ

頭につけてて違和感があるのは嫌なので、できれば軽いほうがいい。重い方がいいなんて言う人はまずいないでしょう。

スタンドアロンでなくて良い

多くのヘッドマウントディスプレイ(以下HMD)はスタンドアロンタイプです。スタンドアロンっていうのは、HMD自体にCPUやメモリが搭載されていて一つのデバイスとして動作します。

当然、CPUやメモリやらの分で余計に重さが増えます。

デカくなるのは勘弁してほしいので、個人的にこの機能はいらないです。

あればアマゾンプライムとかのアプリをHMDで起動させられるので、寝たまま映画が見れます。

ない場合は単純にHDMIで送られてきた信号を画面に映すだけの装置になります。

OLED

OLEDというのはわかりやすい言葉で言えば有機エレクトロルミネッセンスのこと。通称有機EL。

というか今どき液晶とかないでしょwwwwwwwwwww薄さもコントラストも視野角もリフレッシュレートも段違いなので。

液晶にするとバックライトの分だけ厚みが出ますし、その分どうしても重くなります。ちょっとくらい高くなってもいいのでモニタはOLEDは譲れない。

もちろんHoloLensみたいに網膜投影なのがベストではあるのだが。あれ、視力関係ないからね。

ちなみにホロレンズはこれ。開発者向けしか売ってないので値段がハンパない。それでも友達に買った人がいる。

HDMI入力必須

ぼくは別にVRゲームをしたいわけではないのでジャイロはいらないし、3D機能も別にいらない。必要最小限の機能だけほしいのだ。

なのでHDMI入力は必須。

選ばれたのは

綾鷹でした(違)

いろいろググってでてきた製品を様々な観点から見てみることにしました。

PSVR

解像度:1920(960×2)x1080

[amazonjs asin=”B0783Q6WH5″ locale=”JP” title=”PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版【Amazon.co.jp限定】日本驚嘆百景 聖なる頂き~霊峰富士~ 配信”]

お手頃なんだけど、PS4がないのに買っても機能の半分も活かしきれないし(そもそもシマネティックモードしか使えない)ので使い勝手が悪そう。

あと、解像度が1920×1080に対応してはいるものの、VRモードにすると片目は960×1080の解像度になります。これはDVDよりもちょっといいくらいの画質になるので、見た目の粗さが目立ってしまいそうです。

あと、Amazon限定でわけのわからないデモソフトみたいなのがついてくる。最高にいらない。

Oculus Go

解像度:2560(1280×2)x1440

[amazonjs asin=”B07CSNN25F” locale=”JP” title=”Oculus Go オキュラス 単体型VRヘッドセット スマホPC不要 2560×1440 Snapdragon 821 (32GB) 並行輸入品”]

OLEDでなく液晶っていうところが珠に瑕。

しかもHDMI入力がないので好きな画面を映すことができない。これでは意味がない。

Oculus Rift

解像度: 2160(1080×2)x1200

[amazonjs asin=”B074DTNKMY” locale=”JP” title=”Oculus Rift オキュラス リフト (Oculus Touch 同梱版) 並行輸入品”]

ヘッドセットがついている。ぶっちゃけるとヘッドホンがあるので別にいらないっていう気もするのがだが、アレばあったで申し分ない気もする。

VRのゲームはしないのでセンサーは全くいらない。

Oculus Goの上位版で、OLEDに変更になっているのも嬉しい。

GOOVIS G2(Cinego)

解像度:3840(1920×2)x1080

[amazonjs asin=”B07BFJ8PRX” locale=”JP” title=”ヘッドマウントディスプレイ 2D/3D映像 AndroidOS4.4 Wi-Fi機能搭載 Bluetooth4.0対応 GOOVIS-G2″]

恐らくスペックで言えば最強のヘッドセット。

何が最強って、HMD内部にレンズが入っていてメガネがなくても度数調整できるところ。

これがあれば家中のメガネを捨てることができますね!!

問題は値段で、Oculus Goが5台くらい買えてしまう。流石にこれは悩みますねー。

と思ったら本家サイトで買えば799ドルくらいで買えてしまうようだ。おっと、これは心が揺れ動いてきたぞ。

HoloLens

買うのは必ず公式サイトで。

amazonは転売しているので10万円以上値段が高いです。なのでリンクも貼りません。

そろそろHoloLens2が発売されるとかなんとか。33万円っていうのはいくらなんでも高すぎるので10万円くらいになってほしいところです。

HMZ-T3

ソニーのHMDだったんだけど、後継機が発売されず死亡。

その後継機はProject Morpheusとして発表され、PSVRとなったのであった。

結論

欲しいのはやっぱりGOOVIS G2なのだが値段がやはり高いのが問題。

必要最低限の機能しかないシンプルなHMDをソニーさんかどこかが作ってくれませんかね…