[WindowsSupport] BootCampアシスタントをWindowsからダウンロードする

家電

BootCampとは

Boot Camp - Official Apple Support
Learn how to install and use Windows on your Mac with Boot Camp. Find all the topics, resources, and contact options you need for Boot Camp.

MacでWindowsを動作させるための仕組みで、仮想OSではなく(ほとんど?)ネイティブしている点が優れている。

標準機能でMacでWindowsは起動できるのに、WindowsでMacは起動させられない。これ、ズルくないですか?

BootCampサポートとは

MacでWindowsを起動したときにでてくる、灰色のひし形のソフトウェアのこと。

中央下のひし形がBootCampサポート

これがあればWindowsとMacOSを自由に行き来できるのだが、起動時にOptionキーを押せば別にBootCampサポートがなくても好きな方を起動できる。

こいつにはもっと大事な役目があるのです…

こいつが入ってないとキーボードが光らなくて暗所での作業効率が落ちる!!!!!

で、この前Windowsの初期化をして気付いたのですが、初期化を行うとWindowsはWindows自体はちゃんと再インストールしてくれるのですがBootCampサポートはMacで作成したインストールディスク(またはUSB)を使わないとインストールされないのです。

つまり、Windowsの初期化を行うとBootCampサポートがインストールされず、そのためにキーボードが光らなくなってしまいます。

じゃあ、BootCampサポートインストールすればええやん?ってなるんですが、BootCampサポートはAppleの公式ページからダウンロードできない上に、Macのデバイスごとに全く異なるものが用意されているのでいざダウンロードして起用しようとしても「このデバイスではサポートされていません」みたいな警告がでてインストールできません。

Brigadier

で、公式ページを見ると「Macを起動してBootCampアシスタントからBootCampサポート(WindowsSupport)」を再ダウンロードしてください、とか言われるんですよ。

いやいや、Windows起動したいのになんでいちいちまたMac起動するのめんどくさいやん、しかもいちいちまたインストールディスクつくるのもめんどくさいやんって思っていたら以下の記事を見つけました。

Windows10に対応したサポートソフトウェアはAppleのウェブサイトからダウンロードすることができず、他に方法はないかと調べてみると「Brigadier」というツールを使う方法が見つかった。

Brigadier

timsutton/brigadier
Fetch and install Boot Camp ESDs with ease. Contribute to timsutton/brigadier development by creating an account on GitHub.

まあメチャクチャ簡単に言うと起動しただけでいま使っているMacのデバイスを認識して、利用可能なBootCampアシスタントをダウンロードしてくれる神ツール。

ただ、もともとBootCampサポートがMac用のアプリケーションなのでダウンロードしたファイルを解凍するために7zipをインストールしておく必要があります。

どっちも全く同じはずなのだが、brigadier.exeだと何故かうまくいかなかったのでzipファイルをダウンロードして展開したほうがいいかも。

WindowsSupport自体は1GBくらいあるので少々時間がかかりますが、自動でダウンロードして展開してくれるので待つだけです。

BootCampサポートのダウンロード成功!

あとはダウンロードされたBootCampファイルからSetup.exeを実行すればBootCampサポートが再インストールできます。

まとめ

今までこのBootCampサポートの再インストールが必要になったときはわざわざMac立ち上げて再度Windowsインストールディスクを作成していたのですが、このツールのおかげでWindows側から再インストールできるようになってめちゃくちゃ楽になりました。

このツール開発してくれた人、マジで神ですな。

記事は以上。

コメント

  1. より:

    Boot Camp は Mac 搭載の EFI ROM で Windows を起動できるようにしているだけなので、Firmware の違いを除いて差がなく、ネイティブと言えると思います。

    要するにただのマルチブート環境です。東大などで採用された vThrii みたいにハイパーバイザを導入する特殊な環境も最近はあるみたいですが、Boot Camp はより単純な構成でしょう。

    Apple は何に使うつもりなのかいつのまにか Hypervisor.framework を作っていたので Boot Camp とは別のマルチブート環境なんかもそのうち用意するつもりなのかもしれませんけど。

    あと最初の一回だけは Boot Camp で作ったブートローダで環境を作成しないと怖いですね。macOS のアップデートみたいにこっそり Firmware を変更してくる可能性は幾らでもありそうなので…

    • えむいー より:

      おお、やはりBootCampはネイティブなのですね。他の仮想OSでは問題になるUSB周りのトラブルもないのでかなりローレベルで対応しているとは思っていたのですがやはり。
      そうですね、最初の一回だけはBootCampアシスタントでつくったブートローダでないとWindowsのインストーラが上手く起動しないのでここだけはMac純正を使ったほうが良いと思います。
      自作PCでWindowsが普通に動かせる日が早くきてほしいものです。

タイトルとURLをコピーしました