[Hack] Nosigpatchを簡単に導入するSigpatch Installerとは

CFW

Sigpatchとは

当ブログでも再三に渡って説明しているのだが、atmosphereには海賊版対策として署名のないNSPはインストールも起動もできない仕組みが備わっています。

コレ自体はとても良い機能なのですが、この機能があると自分でカートリッジからNSPをダンプした場合にも署名を保存しておかないとインストールできなくなってしまいます。

Tinfoilのような非公式アプリをApplet Mode以外で起動させるにもSigpatchが必要になってきますので、使いたい方は導入必須です。

Sigpatch Installer

https://github.com/HarukoNX/Sigpatch-Installer/releases

従来であればSigpatchはいちいちPCでダウンロードしてSDカードにコピーする必要があったのですが、それを一括で行ってくれるSigpatch Installerがリリースされていました。

Sigpatch InstallerをダウンロードしてSDカードのswitchフォルダにコピーするだけです。

SYSNANDとEMUMMCのどちらにインストールするかが選べます。SYSNANDはなるべくオリジナルの状態で起動したいので、今回はCFW(EMUMMC)を選択しました。

選択後+ボタンを押すとインストールが始まり(一瞬で終わります)、自動的に再起動がかかります。

おまけ

本来であればSigpatchなしでNSPを起動したいのですが、そのためにはゲームデータを証明書付きでダンプする必要があります。

ゲームカードやアップデータからNSPを抽出するための方法としてはNXDumpToolを使うのが一番簡単でわかりやすいと思います。上の記事で使い方について解説しているのでどうぞ。

記事は以上。

コメント

  1. 匿名 より:

    いつも拝見させてもらっています。
    sigpatchが公開停止になっているようですね。
    今後、NSPの導入・起動ほどうなるんでしょう。
    自分はまだSigpatch Installerを導入していないのでわからないんですが、
    これはまだ有効なんでしょうか?

    • えむいー より:

      Sigpatch Installerはgithubのレポジトリからnosigpatchをダウンロードしてきているだけなので動かなくなっていると思われます。

      NSPの起動自体はatmosphereでサポートされているのでユーザ側がちゃんと署名(Ticket)付きでゲームをダンプするように心がければ特に問題はないと思います。

タイトルとURLをコピーしました