スプラ体験版を製品版に変更しよう

スプラ’20体験版

4月30日~5月6日までの一週間、スプラトゥーンの体験版が任天堂eShopから無料でダウンロードできます。

基本的には七日制限がある以外は製品版と同じように遊べるのですが、体験版にはいくつかの制限があります。

  • ヒーローモードで遊べない
  • イカッチャで遊べない
  • 5月6日以降オンラインに繋げない

要するに、オフラインでも遊べる機能が無効化されているわけです。

まあオフライン機能を無効化しておかないと、体験期間が終わってからも遊べてしまうので仕方ないですよね。

ということで、スプラの体験版は5月6日以降も起動はできるのですがインターネット接続ができずオフラインモードで遊べないということは実質遊べないのと同じなわけです。

で、その制限を取っ払ってしまおうというのが今回の目的です。

ぼくが買ったとき12000円くらいしたのに7700円になってんだけどwwwwwww

体験版の中身

スプラ体験版はスプラトゥーン1.0.0の基本データに5.2.0のアップデータが適応されたものが配布されています。

なので、データとしては完全に5.2.0と同一なのです。ではどうして体験版としての制限がかかっているかというと、あるファイルによってリージョンが決められているからです。

RegionLangMask.txt

romfs/System/RegionLangMask.txtこそがスプラトゥーンのリージョンを決定しているファイルです。

コード意味
JPjaJP版日本語
USenNA版英語
USesNA版スペイン語
USfrNA版フランス語
EUenEU版英語
EUesEU版スペイン語
EUfrEU版フランス語
EUdeEU版ドイツ語
EUitEU版イタリア語
EUnlEU版オランダ語
EUruEU版ロシア語
TrialJPJP体験版
TrialUSNA体験版
TrialEUEU体験版

NA版をEU版、JP版をEU版といったように違うリージョンには変更できないのですが、同じリージョンであれば自由に変更できます。

つまり、TrialUSをUSenに変更することは可能だということです。

NXDumpToolを使った方法

NXDumpToolを使うにはLockpickでprod.keysを習得する必要があるので、先にやっておきましょう。詳しいやり方は以下の記事で解説しているのでどうぞ。

スプラの体験版はゲームカードではないので「Dump installed SD card / eMMC content」を選択。

インストールされているスプラの体験版を選択。

「RomFS options」を選択。

「Save data to CFW directory (LayeredFS)」はYesにしておいた方が自動でフォルダつくってくれるので多分楽です。

Yesに変更したら「Browse RomFS section」を選択します。

一番下の「System」を選択します。

「RegionLangMask.txt」を選択します。

出力できたらおしまいです。

RegionLangMask.txtの編集

FTPでファイルを転送して編集したりしてもいいですが、一番簡単なのはvgeditを使うことなんじゃないかと思います。

動画のように二分くらいで切り替えられてしまうので楽ちんですね。

文字化けしてるのは無視して最後の一行だけ変更します。