タマヒロイルートマップ

Nintendo Switch

タマヒロイルートとは

タマヒロイがどのルートを使ってイクラを持ちかえるかが正確にわかれば水中のタマヒロイを倒すことで金イクラを回収することができる。

これをタマヒロイのリスキルと便宜上呼ぶこととする。

タマヒロイルートの意味

タマヒロイを水中でリスキルした場合、水中に金イクラをドロップさせることは不可能なので(イカちゃんが拾えないため)、たおした位置から最も近いドロップ可能な陸地に金イクラがとんでくることが知られています。

タマヒロイに限らず、水中のオオモノを倒すと金イクラがとんでくるので覚えておいたほうがいいです。

トキシラズ満潮のヘビとかが有名よね。

回収しにくい位置の金イクラをタマヒロイに回収してもらい、水中でリスキルすることでコンテナ近くまで寄せることができるのです。

水中におけるインクの扱い

ところが、基本的に全てのブキのインク攻撃は水にぶつかった瞬間に無効化されてしまうので水中のタマヒロイをたおす方法はそんなに多くはありません。

水のオブジェクトを貫通して水中にダメージを与えることができるブキは以下の通り。

ブラスターの爆風

全種類のブラスターの爆風は水中にダメージをあたえることができます。

ただし、メインの射撃が水面に触れると爆風も無効化されてしまうので気をつけましょう。最も手軽に水中を攻撃できるのがこのブラスター種と言えるでしょう。

ドスコイキャノンの爆風

ブラスターの次に手軽なのがこれで、キャノンの弾を水際に着弾させることで水中のタマヒロイをリスキルできます。

ボムの爆風

スプラッシュボムの爆風は水オブジェクトを貫通するのでダメージを与えることができます。

正直、失敗すれば75%のインクが無駄になるのであんまりおすすめできません。

ジェットパック

ジェットパックはジェットとメインの爆風のどちらも貫通します。

ジェットは1Fで2ダメージなので50Fあてればタマヒロイを倒せます。流石にメインを使ってしまうのはもったいないので使う価値があるのはこっちかと。

ハイパープレッサー

全地形を貫通するハイパープレッサーは当然水オブジェクトも貫通します。

ブラスターを除けば最も安定するのがハイパープレッサーですが、貫通性能が良すぎるのでタマヒロイを早く倒してしまってドロップ位置がズレてしまう失敗をしがちなので注意しましょう。

スーパーチャクチ

動画にはしてないのですが(単にチャクチが支給されなかった)、スーパーチャクチも貫通します。広範囲に一気にタマヒロイを確定一発で倒せるのはひょっとしたらこのスペシャルかもしれません。

タマヒロイマップ

とりあえずトキシラズとポラリスの二つのステージを調べてみました。

トキシラズいぶし工房

満潮時

満潮時は一度コンテナ側高台に登れば全て同じ方向からタマヒロイは抜けていきます。

なので、この図で言うところの赤いエリアの右側にあればあるほど回収されにくく安全です。

青いエリアは段差をジャンプしてかえっていくので思ったよりも早いので注意。網奥のやつは少し運んでもらったほうが良いかもしれません。

朽ちた箱舟 ポラリス

満潮時

湧いた位置と違う位置からタマヒロイが返っていくエリアは全部で六つです。

金網の赤エリアは回収できなくても仕方ないとはいえ、中央左の赤エリアはなんにもないところから突然ジャンプしてタマヒロイがかえっていくので想像以上に早いです。

青いエリアは見落としがちなので注意しましょう。

干潮時

タワーの位置とタマヒロイの動きが近かったのでついでにタワーに友情出演してもらいました。

AとBのタワーはブラスターがいれば確実にリスキルできますし、特にAは最もやりやすいルートです。機会があれば狙ってみると良いでしょう。

DとEはタワーの金イクラをそのままコンテナ側に運んでくれればいいのですが、位置によっては後ろに持っていかれるので確実に回収できるとは限りません。

Cはコンテナ側からは少し難しいですが、射程の長いブラスターがいれば外周からリスキルできます。ただ、結構水深が深いのでキャノンの爆風でリスキルできるかは微妙なところです。

まとめ

とりあえず水にもぐってタマヒロイのルートを確認しただけなので、実際にどういう風に利用するかは他の方々のアプローチ待ちとしたいと思います。

ちなみに、ポラリス・トキシラズ以外のステージはタマヒロイが基本的に沖に遠ざかっていくので美味しいリスキルポイントはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました