Windows10でIPsec/L2TPに接続しよう

VPN

Virtual Private Networkの略で、本来繋いでいるネットワークAから別のネットワークBを経由することで、あたかもネットワークBから接続しているように振る舞える仕組みのこと。

例えば、社内からしかアクセスできないデータを社外から見たい場合に、社内にVPNサーバをおいておけばそれを経由することで解決できたりする。

もちろん、VPNサーバのセキュリティがザルだと第三者にVPNサーバにアクセスされて社内のデータが洩れてしまうのでVPNが信頼できるかどうかはVPNの暗号化レベルにかかっているのである。

Windows10で接続する

バッファローの公式サイトだとIPSec/L2TPのVPNにはWindows10からはアクセスできないって書かれているんですが、普通にできます。

Windowsの設定

設定画面から「ネットワークとインターネット」を選択。

左の方にあるVPNをクリック。

「VPNを追加する」をクリック。

VPN接続設定

よっぽど厳格なVPNでなければ事前共有キーを使ったL2TP/IPsecだと思うのでそれを解説します。

パラメータ名設定する値
VPNプロバイダWindows(ビルトイン)
サーバ名またはアドレスVPNサーバアドレス
VPNの種類事前共有キーを使った~
事前共有キー設定した共有キー
サインイン情報の種類ユーザ名とパスワード
ユーザ名設定したユーザ名
パスワード設定したパスワード

接続してみた

無事接続できましたとさ。

ちゃんと繋がっているかは診断くんを見ればわかります。

おつかれさまでした(何の記事だ)