[Hack] KosmosでTinfoilを動かそう

CFW

Tinfoilとは

NSPをインストール・アンインストールしたりできるツールのこと。

正直なところ、GoldleafがあればTinfoil自体は不要なのだが、動かしたい方がいると思うので解説記事を書くことにしました。

環境

ここが結構大事だと思うので載せておきます。

ツールバージョン
FW10.0 → 9.2.0にダウングレード
Kosmos15.5
NANDEmuMMC + SD Partition
SDFAT32
nosigpatchKosmos_patches_04_10_2020_bootconfig_tinfoilv8+.zip

導入方法

Atmosphereは海賊版対策として証明書がないNSPに対してたとえそれが自分がカートリッジからダンプした正規のものであったとしてもインストール出来ないような仕組みが施されています。

なので、Tinfoilをインストールしてもそのままでは実は動きません。

というか、そもそもTinfoilがインストールできません。

海賊版対策の仕組み

Tinfoilは正規のゲームじゃないので当然証明書もない。なのでインストールできないのは当たり前です。

解決策は二つあるので、それぞれ紹介しようと思います。

NEUTOS

こちらの方法を使う場合、Hekateが使えなくなります。

https://github.com/borntohonk/NEUTOS/releases/tag/0.11.1-NEUTOS
  • ダウンロードしたらSDカードからatmosphereとseptフォルダを削除する
  • 解凍したファイルをSDカードに全てコピーする
    • boot.datやhbmenu.nroも忘れないように
  • TegraRcmGUIからpayload.binをインジェクションする

hekate_ctcaerではないペイロードをインジェクションするので、hekateが使えなくなるというわけです。

試してみたところ、FW10.0でも無事動作することを確認しました。

nosigpatch

一番楽なのがnosigpatchを使う方法です。

が、Kosmos15.5 + FW10.0に対応したnosigpatchはまだリリースされていません。

Kosmos15.5 + FW9.2.0であれば動作します

なので、現状はFW10.0に対応したnosigpatchを待つか、ダウングレードする必要があります。

ちなみにnosigpatchはリリースされれば以下のリンクからダウンロードできます。

ここに載っているnosigpatchは使ってみたけど動かなかったので多分ダメです。おとなしくKosmosからの公式リリースを待つのが吉です。

パッチの当て方は簡単で、ダウンロードしたファイルをデフォルトのKosmosに上書きしてあげるだけです。

bootloader/hekate_ipl.iniというファイルにkip1patch=nosigchkとあればパッチが当たっています。

[CFW (EMUMMC)]
fss0=atmosphere/fusee-secondary.bin
atmosphere=1
kip1patch=nosigchk
logopath=bootloader/bootlogo.bmp
icon=bootloader/res/icon_payload.bmp
{}

起動してみた

さっきと同じようにTinfoilのNSPをインストールしようとするとエラーが出ずにインストールできます。

nosigpatchが無事動いた!

起動してみてもエラーがでずに動作しました。

コメント

  1. 匿名 より:

    記事を作成して頂きありがとうございます。
    https://github.com/Joonie86/hekate/releasesのページが見つからないのでもう少し待ってみる事にします。
    いつも丁寧に説明して頂けるので本当に助かります。
    自分の場合、SDカードがexfatでしかCFWを起動する事ができない為、SDカードも新しく購入してみてFAT32で試したいと思います。

  2. 匿名 より:

    記事を作って頂きありがとうございます。
    https://github.com/Joonie86/hekate/releasesのページが見つからないので、少し待ってみる事にします。
    自分の場合FAT32でkosmos起動しないのでexfat運用しています。
    exfatで起動しないようであれば新しくSDカードも購入してみようと思います。

  3. 匿名 より:

    記事にして下さりありがとうございました。
    nosigpatchがリリースされるまで少し待ってみようと思います。

  4. 匿名 より:

    AtmosphereであればGoldleafであってもNSPのインストールは不可なのですね
    FW10.20でFAT32でNSPのインストールについての記事を更新してほしいです

    • えむいー より:

      はい。atmosphereには署名チェックがあるので証明書がないNSPはインストールできません。

      nosigpatchなどを使えばインストールは可能ですが、DMCAの問題などでパッチが削除されたりするなど、個人的には推奨できる手段ではありません。証明書付きでダンプすれば問題ないのですが、それができない環境なのでしょうか?

      記事を書くのはやぶさかではないのですが、nosigpatchはアップデートで使えなくなったりするので可能であればこの方法をおすすめします。

  5. 匿名 より:

    fat32でNSPをインストールするにはsplitNSPというソフトを使わないといけないのですね

    https://yyoossk.blogspot.com/2018/10/fat32sd4gbnspsplitnsp.html?m=1

    • えむいー より:

      これは4GB以上のNSPファイルをFAT32でフォーマットされたSDカードにコピーする方法であって、NSP自体は4GB以下のNCAファイルの集合(インストールされるときはNCAとしてコピーされる)ので、splitNSPを使わなくてもFAT32のSDカードにNSPをインストールすることは可能です。

  6. 匿名 より:

    サムスンのMicroSDを使用していますが、アトモスフィアはexfatでは起動しません(FAT32なら起動します)
    管理人さんはどのメーカーのMicroSDを使用していますでしょうか?

    • えむいー より:

      ぼくはSamsungの256GBのMicroSDを使っています。atmosphereやニンテンドースイッチはexFATとの相性が良くないのでFAT32が個人的にはオススメです。

      FAT32ですと4GB以上のファイルを分割する必要があるのですが、それが手間だということでしょうか?
      もしどうしてもexFATが使いたいのであれば、推奨はしていないのですがChoiDujourNXを使うことでexFATを認識するようにニンテンドースイッチを初期化すれば動作するかもしれません。

      以前(FW8.0くらいまで)はこの手法で認識しましたがFW10.0.4でも同じようにうまくいくかは保証できませんのでご了承ください。

  7. 名無しさん より:

    OFW11.0.1のものをChoiDujourNXで9.2.0にしたsysmmcを使っているのですが、tinfoilのインストールはできたものの起動するとフリーズして使えません、、

    他のダウンロードソフトの方も同様に起動できませんでした。

    nosigpatchは起動しても適応されていなかったので、説明されている画像の文をsysmmcのところに直接書き換えて使っています。

    • えむいー より:

      SysNANDはダウングレードすると不完全なダウングレードになるためおすすめしません。
      インストールできるのに起動できないというのは少し不思議な気もします。

      どちらにせよSysNANDでの運用は非推奨ですので良ければEmuNANDで試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました