なにやってんだ、任天堂?

API更新再び

よくわからないのだが、任天堂のAPIに再び変更がありsplatnet2statinkでiksm_sessionの取得ができなくなったらしい。

ひょっとしたらただ単純にflapg APIが落ちているだけなのかもしれないけれど…

flapg API

前回の鬼アプデを乗り切ったikaWidget2さんでもログインできなくなっている。

見てみるとflapg APIにPOSTしたときに404エラーがでているようである。

調べてみたところ、どうもパラメータにx-ver=3というものを指定するとレスポンスが返ってこなくなるようだ。つまり、flapg APIが認識できないパラメータになっているということである。

任天堂、仕様変更していた

任天堂の公式アプリを調べてみたところ驚愕の事実が発覚。

v1.5.2

APIのバージョンが1.5.2の頃はこんな感じのフローチャートでした。

flapg_apiも一回叩くだけで良かった古き良き時代。

v1.6.1.2

これがこの前行われてSalmoniaがログインできなくなった元凶のアップデートです。

flapg_apiを二回叩かないといけなくなっている上に、api/tokenが返す二つのレスポンスのうちid_tokenを使わないようになっているという謎仕様。

死にステータスになってるじゃん?って思っていたのですが…

v1.6.1.2(rev)

これが今回ikaWidget2を含め、全てのアプリ・ソフトでiksm_sessionが取得できなくなった原因のアップデートです。

バージョンは変わっていないのでマイナーアップデート(もしくは修正)だと思うのですが!!!!

おい!!!!!なんで!!!またid_token使ってるの!!!!!!!!!

まとめ

これは完全に憶測にすぎないのですが、前回のアップデートで任天堂が誤ってid_tokenを使わない仕様変更を行ってしまったのではないかと思います。

何故なら、わざわざ死にパラメータであるid_tokenを返す意味がないからです。いや、これは確実にやってしまいましたね、任天堂。

対応はどのくらいかかる?

flapg APIにどのくらい変更が入っているのかが不明なので現状ではなんとも言えないのですが、やっぱり長くて一週間程度かかるのではないかと思います。

記事は以上。