ポケモンの現状に憂いしかない

背景

ぼくは子供の頃はポケモンが大好きでした。世代がバレるかもしれませんが、初代(赤・緑・青)と第二世代(金・銀)で遊んでいた世代でした。

このCMでテンション上がりまくりだった

なんで楽しかったのか、というのは一言では難しいかもしれません。初代は微妙に世代が違うのでほんの一通りの殿堂入りとバグ技でデータ壊しまくっていた事しか覚えていません。

金・銀での革命

  • セレクトボタンがべんりボタンとしてすぐ自転車に乗れる
  • カラー対応し、グラフィック面が大幅に進化
  • ポケギアの登場、おこづかい管理システムなど
  • シナリオのボリュームアップ、特にジョウト地方
  • ポケモンの種類が151から251に増加
  • あくタイプの登場でエスパー一強に歯止めをかける
  • ゲームバランスの向上(初代はドわすれが強すぎた)
  • 曜日イベントの登場
  • 夜しか登場しないポケモン

ぼくはポケモンはルビー・サファイアでやめちゃったのでそれ以後知らないんですけど、どうして時間変化ってなくなっちゃったんでしょう?たまの土日に夜プレイしてホーホー捕まえるのとかものすごく楽しかったんですけど。

お子様が夜中にプレイして生活習慣が悪くなっちゃうとかそんなんですか?というか、いまも夜イベントってないまま??

ポケモンのデザインの変化

ぼくがポケモンを遊ばなくなった最たる理由がデザインの変化です。

ルビー・サファイアをプレイしていて一番思ったのが「え、なにこれポケモン??」でしたね。

調べてみたらルビー・サファイアで金銀までのメインデザイナーであった田尻氏から別の方に変わったみたいです。

極端な抽象化と具体化

初代はモチーフが花だったり亀だったりドラゴンだったりわかりやすくていいですね。

第三世代もまあ何となく分かるんですが、後半になるにつれて細部が書き込まれすぎて生物としての本質を見失っている気がするんですよね。

「こんなに細かくデザインする必要ある?」って言うのが一番です。そうでもしないと差別化できないんでしょうか。

迷走するデザイン

バニリッチ

このバニリッチは第六世代のポケモンで、当然ぼくは遊んだことがないのですが、正直初めてみたときは目を疑いましたね。

こいつ、野生で生息してるんだよね??どうやって生きてるの??まず自立できないよね??????

ポケモンは想像上のキャラクターですがクリーチャーじゃないんですよ、現実世界の動物たちと同じように野生で生活し、たまに人間との交流があったりそういう ” モンスター” であるべきなんですよ。

これはもうタダのイラストですよ。デザイナーの方々、ポケモンが生き物だってことを忘れてはいませんか?

マホイップ

このキャラクターなんてもう完全にただのホイップクリームとイチゴじゃないですか、なんだこれ。

ウールー

キミ、メリープじゃないの??似てるけど。

イシヘンジン

これもとても生物とは思えないデザイン(まあその辺は初代のイシツブテとかもそう)で、小学生が描いたのかな?って思ってしまうレベルでほんと心が折れます。嫌いとか受け付けないとかじゃなくて、がっかりします。

単純に可愛くない

ノズパス

たぶんモアイ像とかがモチーフなんだろうけど、単純に可愛くない。

右のゴーストはこわい系っていうイメージがあるけど、左のジュペッタはこわいというより気持ち悪い。感性の問題かもしれんが…

その他の第三世代の可愛くないポケモンたち。サマヨールとかなんで単眼にしたの?

似ているけど可愛いポケモンたち。この違い、わかります?

ルビー・サファイアの救世主、ジラーチ

抽象化されるポケモン

クラブは現実世界のカニとしての原型を残しつつ、ポケモンという世界に落とし込んだデザインをしていますが、ヘイガニはキャラクターとしての要素が強すぎる気がします。

普通にザリガニをベースにデザインすることも可能だったのに、なんでこうなっちゃったんでしょう。

悪ふざけしてるとしか思えない

ラブカス

第三世代でマジギレしたのがこのポケモン。もうね、アホかと。

こいつでてきた時点でプレイを辞めたと言っても過言ではない。

ゲームフリークに求めること

ここまで書くとなんだか「いまのポケモンはクソ!!金銀までのデザインに戻せ!!」みたいに主張してそうだと勘違いされるかもしれないですが、ぼくは別のそういうことを言いたいわけではありません。むしろこのままで結構、特に何もしなくていいです。

ゲームフリークがデザインを変えるのも自由、それを気に入らなくてぼくが遊ばないのも自由。ぼくが遊んでいた第二世代からもうこれだけ年月が経ったのですから、今更方針を転換することももう無理でしょう。

実際、ポケモンのソード&シールドは大ヒットしているようですし、ぼくが単に時代の流れに合わなかった。求めているものが違ったということなんだと思います。

でも、もしあなたが初代や第二世代を遊んだ経験のある方なら一度考えてみてほしいのです。「あのとき楽しかったポケモンはこんなのだっただろうか」と。

最後にぼくのおすすめのポケモン漫画であるポケットモンスタースペシャルをご紹介しておきます。

ぼくの記憶では初代開発者の方が「ぼくがつくりたかったポケモンはまさにこんな感じだった」とコメントを残していたと思います。

最後に

最近のポケモンはやれ努力値だとやれ個体値だの厳選だの、作業と貸していて本当にがっかりします。弱いと言われるポケモンには人権がなく(ポケモンだからポケ権か?)、性格などまで管理されて、条件に合わないとそのまま逃してバイバイ。

これ、ゲームとしては正しいんでしょうけど、ぼくが思い描いて夢見ていたポケモンの世界と全く相容れないんですよ。最初に必死に捕まえたポケモンと冒険を共にして、悪の組織と戦い、その喜びを分かち合う大切なパートナーだったはずなんですよね。

あー、書いていたら「あの頃のポケモンはもう返ってこないんだな」と悲しくなってきました。記事は以上。