アゲアゲさんがやりおった

将棋

対本田五段

評価値付きの棋譜は以下のリンクから見れます。

我慢の4九銀打

後手の龍が先手陣に侵入して嫌な格好になっています。次に8九龍と桂馬を取られては先手は持たないので龍の利きを止めないといけません。

ちなみに、1九龍と香車を取ることはできません。取れば2五桂が龍取りと桂馬取りの絶好の手になります。

2五桂と捌いて先手勝勢

ではどうやって龍の利きを止めるかなのですが、ここはソフトもかなり迷っていたようで「3九歩打」と「4九金」を候補手として示しました。

安全を狙うなら3九歩打ですが、これをすると将来的な2四歩打の筋がなくなってしまうので人間心理としては指しにくいところです。また、4九金は確かに歩を使わずに受けることができますが一歩間違えればどこかでこの離れ駒である金を抜かれてしまうのでやはり指しにくいです。

っていうか、完全にここから先を読み切っていないと指せないでしょう。多分、普通の人間には無理です。人生がかかった対局ならなおさらです。

アゲアゲさんも相当迷ったようで、最終的に「4九銀打」を選択されました。どうやらこの手は深く読ませるとソフトの最善手だったようです。

優勢を意識した8一角打

個人的にしびれた場面はこの8一角打です。取れば6二角成から後手玉は受けが一切効かない格好になるので、この角が取れません。

取れないところに角が打てるというのは先手が優勢であるということです。多分、この辺りでは既にアゲアゲさんも少し指せるのではないかと意識されていたのではないでしょうか。

疑問手の4四歩打

この4四歩打は取れば5三金打で寄り形ですし、5四金としても4三歩成でと金ができて先手優勢です。一見するとものすごく良い手に見えるのですが、ソフト的には疑問手だったようです。

というか、この4四歩打を取ることはおそらく本田五段も折田アマも考えていなかったんじゃないかと思います。この歩は取れないという前提の上で「取ればこっちの攻めが早くなるので3八歩成しかないですよ。でも3八歩成でお互い攻めあったときにこちらが一手勝ちなことまで読み切ってこの手を指していますよ」というように感じるのです。

ソフトも軽視した妙手6一金打

この6一金は逃げれば4三歩成から同玉に6三馬で銀を取られながら馬を作られるので先手勝勢になります。よって、取るしかないのですがここでソフトは評価値として-351と若干後手有利と判断しています。

そこでソフトの読みを見ると以下のようになっています。

  1. 6一金打 (-351)
  2. 同玉 (+224)
  3. 6三角成 (+400)
  4. 7二金打 (※6二金打) (+417)
  5. 4三歩成 (+264)
  6. 6三金 (+1094)

三手目の7二金打は実践では6二金打だったのですが、どちらにせよ6三金と動かすのでどちらに打ってもあまり違いがありません。

驚くべきことに、ソフトの読みどおりに進行しているにも関わらず、ソフトは6三金の時点で評価値+1094を返すのです。これは、6一金打を軽視して後手が受けきれると判断して評価値-351を返したが、進行してみると先手の攻めが切れないと評価を改めたということになります。

つまり、この寄せはソフトすらも予測できなかった好手だったということです。

玉を上部に逃さない3六歩打

玉が上部に逃げると寄せるのがものすごく難しくなるのですが、その上部脱出を防ぐ3六歩打が絶品でした。

先手は次に3五金打や3二角打などのやりたい手がたくさんあります。対して先手玉は絶対に詰まない格好(俗にいうZ)の状態になっているので攻めにだけ専念できます。

絶対に負けない2四歩打

最終局面、ソフトは3一角打から先手勝ち(25手)と示していますがこれはMateであって即詰みではありません。

「後手にMate25がかかっている」というのは「25手必至」よりも少し弱い概念で「先手は詰まず、後手には必至を解除しながら先手に王手をかけるような手がなく、無駄な合駒をしたとしても25手以内で後手玉が詰む」という状態を指します。

3一角打から進行すると、以下のようになります。

  1. 3一角打
  2. 2一玉
  3. 2二銀打
  4. 同飛成
  5. 同銀成
  6. 同玉
  7. 3二飛打
  8. 1三玉
  9. 1五歩

この1五歩が必至になっていて、先手玉はZなので詰みがありません。

実戦では折田アマは2四歩打と指しましたが、これはソフトは評価値+4095と返していますがこれも3一角までとはいかずともすぐに後手玉に必至がかかる格好です。

まず、この手自体が2三銀打からの詰めろになっている上に、それを受けるには例えば3一歩打とするしかないのですが、やはり2三銀打、3三玉、5一角のような手でほとんど必至のような形になります。

それ以外にも単純にじっと3四金とじりじり寄ってくる手も受けにくいです。受けが利かず、先手玉に詰みがないのでこの局面で後手の本田五段が投了しました。

もちろん、折田アマほどの棋力がある人が3一角打からの寄せが見えていなかったはずはありません。しかし、3一角打からの手順は銀と角を渡してしまうので万が一にも詰まされたり、角の利きを活かして王手をかけながら攻め駒を抜く筋があるかもしれません。

2四歩打は駒を渡さずに勝ちにいく、永瀬叡王のような絶対に負けないという意思を強く感じる手でした。

まとめ

正直、本田五段はタイトル戦にも挑戦して広瀬八段や渡辺三冠にも勝つようなほぼほぼトップ棋士に肉薄する実力の持ち主なので勝つのは厳しいかもしれないと感じていました。

が、結果的には中盤でリードを保ってから一度もそのリードを失わないまま寄せ切ってしまいました。編入試験合格者である折田アマ(新四段)はフリークラスと呼ばれるC級2組の一つしたのクラスから始まるのですが、この実力があればあっという間にC級2組に昇給するのはまず間違いないでしょう。

タイトル戦、というのは尚早ですがいつか浪速のアゲアゲ節を和服姿で見れる日が来ると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました