[決定版] カンケツセンの全て

Nintendo Switch

内部データからわかるカンケツセン

噂が絶えないので、カンケツセンの情報を全部まとめる記事を書くことにしました。ここに書いてある情報は99%正しいので、他のウェブサイトで違うことが書いていたとしたらこっちが多分正しいです。

アタリは予測不可

カンケツセンアタリの位置はマッチングが開始した時点で決まっていますが、それを事前に知る方法は改造以外ではありえないので、一発で当たりを見つけるような魔法は絶対にないと言い切れます。

ちなみにアタリ位置を調べるツールは以下でリリース中。

tkgstrator/StarlightSeedHack
SeedHack is the best way to fix waves for Salmon Run in the Shoal. - tkgstrator/StarlightSeedHack

ただ、パケット通信を傍受して解析することで将来的に予測できる可能性はあります。

ゴールは予測不可

アタリに対してあり得るゴール位置というものは存在しますが、どの位置がゴールになるかも完全にランダムです。

ゴール位置はアタリ位置に対して最大四箇所存在します。

以下の記事で満潮の場合にどこがゴールになり得るかを調べた結果があるのでどうぞ。

アタリ位置は当確率

1677万回くらいカンケツセンをあけた状況をシミュレートしましたが、ほとんど偏りがありません。なので、「ここが当たりやすい」といった美味しいカンケツセンはありません。

逆ルートは存在するとは限らない

例えばAのカンケツセンがアタリでゴールがBというルートがあったとします。このとき、BがアタリでAがゴールのルートが存在するとは限りません。

キンシャケのHPは6500

金イクラがドロップする金シャケのHPは以下の通り。

体力サイズドロップ総数
65000
60001
55002
50003
45004
4000大→中5
36006
32007
28008
24009
2000中→小10
1666.711
1333.412
1000.113
666.814
333.515
0小→無18

キンシャケがカンケツセンに隠れるとその大きさでの最大HPまで回復します。

大きさが小のときは333.3ダメージで金イクラをドロップしていくのですが、最後の三つ落とすときだけは333.5と余計に0.2だけダメージが必要。まあ誤差みたいなもんだけども。

ハイプレとジェッパは不向き

キンシャケに向かってハイパプレッサーを撃つのはジェットスイーパーで殴るよりもDPSが落ちてしまうので、金イクラをドロップさせるのが目的であれば絶対に撃たないほうがいい。

同様に、ジェットパックも一発の威力は高いものの硬直時間が長いためにDPSで考えると効率が悪いです。ただ、こちらはザコが一層できるのでザコシャケが多くて仲間がキンシャケを十分殴れないような状況なら使うのはアリ。

一番効率がいいのはボムピッチャーで、金イクラ数に不安があるならガンガン切ってしまおう。チャクチはザコ処理が一瞬で行えるカンケツセンにおける強スペシャルだが、誤ってカンケツセンをいっぱい開けてしまうと大惨事になりやすいので使う場所には注意。

タマヒロイの挙動

タマヒロイは金イクラ一つに対して一匹出現するので、キンシャケを砕くと16匹または18匹のタマヒロイ(どっちなのかは未検証)が出現します。

タマヒロイが金イクラを三つ持ち去るよりも一つ持ち去る方が圧倒的に速いので、ただでさえ納品が厳しいシャケト場やシェケナダムでは持ち帰られないように気をつける必要があります。

タマヒロイが湧けばハズレのカンケツセンからでるシャケの数は減りますが、まあこれが使える場面は特にないかと思います。

ドロップ数制限

サーモンランは描画の問題上、ステージ上に同時に存在できる金イクラの数が96個という制限があります。

なので、キンシャケを五体連続砕くと18*5=90個の金イクラが存在することになり、六体目のキンシャケが金イクラを6個しかドロップしてくれなくなります。そういう状況はリトライ可能なイカッチャなどで意図して起こさないと発生しないので、特に覚えておかなくても問題ありませんが…

ローラーによる金ピロ

ダイナモローラーなどでキンシャケを轢くテクニックを金ピロなどと呼んだりするのですが、ドロップさせるイクラの数を安定させる方法としてノックバックを無効化する技があるので紹介します。

左スティックを左右にガチャる

まっすぐ突っ立っているだけだとだんだん後ろに下がってしまいますが、左スティックを左右にガチャガチャするとノックバックが無効化されてダイナモローラーの轢き判定が多段ヒットします。

このテクニックは全てのローラー種で応用可能で、またこれを利用してヘビを一瞬で倒すこともできるので無闇矢鱈に振ってしまうのはインクがもったいないです。

カーボンローラーでのヘビ轢き

最良開栓手順

いくらネットを探してもここに紹介しているよりも良い手順は絶対に存在しないです。

何故これが最良で、もっと良い手順がないのかという理論を知りたい方はカンケツセン最小手数解について調べた記事を読んでみてください。

シェケナダム

通常潮

満潮

難破船ドン・ブラコ

通常潮

満潮

海上集落シャケト場

通常潮

満潮

トキシラズいぶし工房

通常潮

満潮

朽ちた箱舟 ポラリス

通常潮

満潮

キンシャケルート

アタリ位置に対してゴール位置とそのルートを調べてみました。

解析から一つのあたりに対してゴール候補数は高々四つであることはわかっているのでWikiの情報は誤りを含みます。

アタリとゴール位置はあっていると思いますがルートについては大雑把なので間違っていたら教えてください。

青がアタリ位置のときのゴール位置を赤い円で示しています。青い線がキンシャケが通るルートです。

シェケナダム

通常潮でのキンシャケルート
満潮でのキンシャケルート

高台はどんどんコンテナから離れていくルートしかないのでおいしくない。金網上でドロップしても拾えないことが多いので、無駄に追いかけないこと。

ドンブラコ

満潮ドンブラコ

一番奥のカンケツセンは最初に手前で曲がれば必ずコンテナ横までくるので、金網よりもコンテナ側で迎え撃とう。

シャケト場

通常潮でのキンシャケルート
満潮潮でのキンシャケルート

必ず室内を通るアタリ位置が二つあるので、そこがあたった場合はボムピッチャーを切るなどしてたくさん金イクラをドロップさせたい。

トキシラズ

通常潮でのキンシャケルート
満潮でのキンシャケルート

対岸がアタリなら必ずコンテナ側までくるので、コンテナ側で迎え撃とう。どうせ拾えないのでわざわざ対岸まで渡って金イクラをドロップさせる必要はない。

ポラリス

満潮でのキンシャケルート

全てのアタリ位置にルートが一つしか存在しない。コンテナ横のカンケツセンはゴール位置には絶対にならないので、キンシャケを撃つときに誤って開けてしまわないように注意しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました