[決定版] SwitchでBANされない方法

Hack

UNBANは不可能

よく質問されるのですが、BANされたニンテンドースイッチをUNBANする方法はありません。これはもう原理的に不可能なので、どんなにネットの海を探しても見つかりっこありません、諦めましょう。

なんで無理かというと、WiiUのようにNANDに固有データが書き込まれているわけではないため。

SwitchではCPU内のTrustZoneという領域に証明書が載っていて、ホワイトリスト方式で接続できるかどうかがニンテンドーサーバで判定されています。

BANされていないSwitchの証明書を共有すれば一時的なUNBANは可能ですが、これはもうBANしてくれといっているも同然の行為なのですぐにどちらもBANされます。つまり、まったくもって意味のない行為です。

覚えてほしい用語

OFWとCFW

OFWとは非改造機と全く同じ状態です。RCMを経由せずにスイッチを起動した場合は全てこの起動FWで起動します。

全てのHomeblewが起動しません。

CFWとは起動時にatmosphere=1フラグがオンになった状態で、LFS(Layered File System)が有効化されています。LFSはスイッチのOSファイルを置換して改変する仕組みですので、これが有効化されていると本体ファイルが改造されたことを当然任天堂側が検知できます。

なので、CFW状態でニンテンドーネットワークに繋ぐのは極めて危険です。

インターネットとニンテンドーネットワーク

インターネットとニンテンドーネットワークは似ていますが少し違います。

ニンテンドーネットワークはNSO(ニンテンドースイッチオンライン)に加入していないとアクセスできないインターネット接続のことを指します。

簡易メモを残しておくので、参考にしてください。

インターネットニンテンドーネットワーク
ファームウェア更新オンライン対戦
ゲームのアップデートeShopアクセス
DLCのダウンロード
アカウントの引っ越し

OFWとStock

OFWとStockは似ていますが、OFWがTegraRCMを使わずに起動した非改造機と全く同じ状態なのに対して、StockはTegraRCMを使ってStockから起動する必要があります。

OFWStock
Fuse焼きアリナシ
Fuseチェックアリナシ
TegraRCM不要必要
LFS無効無効
チート無効無効

何が違うのかというと、Fuseに関するチェックなどをスキップできるかというだけです。

FuseチェックはOSが起動するより前のブートローダ領域での話なので、OFWもStockも実質的には全く違いがありません。

ステルスモードと90DNS

ステルスモードとはSXOSに搭載されているニンテンドーネットワークへのアクセスを遮断する仕組みで、これをatmosphereでも実現するのが90DNSです。

簡単かつ確実にニンテンドーネットワークへのアクセスを防ぐことができるので、しっかり対応しておいたほうが良いでしょう。

質問に答えるコーナー

CFWでオンラインに繋いでも大丈夫?

「インターネットに繋ぐ」というだけの意味であれば全く問題ないです。

ゲームのアップデートやシステムアップデートではCFW状態でも現状BANされません。

ただし、eShopなどのニンテンドーサーバへのアクセスが必要なインターネットアクセスはCFW状態で行うとBANされます。

BANの種類はどんなのがあるの

スイッチのBANには本体BANとソフトBANがあり、エラーコードで見分けることができます。

本体BANされるとシステムアップデートや、全てのゲームでのオンラインプレイができなくなります。

ソフトBANはそのゲームだけのオンラインプレイができなくなります。

改造したセーブデータは大丈夫?

オフラインで使うだけなら問題ないと思いますが、改造したセーブデータをCheckpointなりで復元し、そのセーブデータをOFWでネット対戦などで使うと法律に反する可能性が極めて高いです。

なので、改造したセーブデータを使うのはオフラインだけにしましょう。

また、改造したセーブデータから得られたデータを非改造の端末に送るのも同様にダメです。なので、ツールを使って強制的に取得したポケモンをローカル(オンラインではない)で別の非改造機に送り、それをオンライン対戦で使うのもダメだということです。

ステルスモードってなに

SXOSに搭載されているステルスモードは90DNSと同じでニンテンドーサーバへの一切のアクセスができなくなる機能です。

CFW導入時にこれを設定しておけばゲームのアップデートやシステムアップデートも含めてすべてのニンテンドー関連の通信ができなくなります。

デメリットしかないように思えますが、CFW導入時はシステムアップデートの通知を受け取りたくない場合も多いと思うのでそういう場合に使えます。

考えうる最善の対策

何度も書きますが、BANされたSwitchは絶対にUNBANができず、CFW状態でニンテンドーネットワークに繋ぐ行為は法律に反する可能性が高いです。

つまり、CFW状態では絶対にネットに繋がらないような環境をつくればいいわけですね。

そのためのチュートリアルが以下のとおりです。

チュートリアル

  • 買ったばかりの未対策基板のニンテンドースイッチを用意
  • TegraRCMでHekateを起動
    • NANDのバックアップをとる
    • このバックアップはなくさないように
    • CFWで起動し、適当にアカウントを作成する
    • インターネット接続を設定する
    • 90DNSを設定する
    • NSOと連携しない設定にする
    • Kosmos ToolboxからStock(SysNAND)で再起動
  • Stock
    • アカウントを作成し、NSOと連携
    • こちらは普通にオンラインプレイができる

セーブデータのバックアップは公式機能の「アカウントの引っ越し」がオススメです。「セーブデータの引っ越し」でもできるかもしれないけど、未検証。

Checkpointは確実にバックアップをとれますが、あんまりおすすめしません、あくまでも最終手段で。

このチュートリアルで一台のスイッチに二つの環境をつくることで、完全に隔離できるのでBANの可能性を極めて低くできます。

以下、その理由。

  • CFW環境
    • NSO未加入なのでどうやってもニンテンドーネットワークに繋がりません
    • ヒューマンエラーを防げるので安全
    • ゲームのアップデートとシステムアップデートはできてしまいますが、これらがBANされないことは確認済み
    • これに加えて90DNSを設定することでそれらも防ぐ
  • OFW環境
    • CFWがEmuNAND上で動いているので、データがOFW(SysNAND)と混在する危険性がない
    • 改造セーブデータによるBANなどの心配がない
    • NSO加入しているので普通にネット対戦ができる

まとめ

一年くらいニンテンドースイッチの改造をやってきて、これが一番安全だと思うのでご紹介しました。

もちろん、BANされないことを100%保証することはできませんが、「EmuNAND+CFW側のアカウントがNSO未加入」であるだけでBANの可能性を可能な限り低くすることができると思います。

コメント

  1. えむいー より:

    9.2.0の場合はエラーがでなかったのですが、10.4.0など10.X系だとエラーがでるみたいですね。それについては事前に知っていたのでお伝えすればよかったですね、申し訳ないです。

    Goldleafで直接データ消すのはやはり危なそうですか。最終手段で必ずEMUNANDで行うことを書いておきます!検証ありがとうございます。

    自分もやったことがないので全ては推測になるのですが、(CFW状態で)仮にインターネットに繋がってもNSO連携済みのアカウントだったとしてもニンテンドーネットワークに繋げるまでは大丈夫なのではないかと思います。

    ゲームのアップデートなどではBANされないことは確認しているのですが、スプラトゥーンだとロビーに入る・アカウントの引っ越しをする・eShopに接続するなどをすると一発でBANされてしまいます。

  2. はじめてのCFW導入 より:

    その節はご回答ありがとう御座います。ニンテンドースイッチオンライン非加入(非接続)でゲームをオンライン機能使ってプレーするとBANされますか?

    • えむいー より:

      ニンテンドースイッチオンライン非加入ではオンラインプレイは(基本的に)できません。

  3. 匿名 より:

    Stock状態だと、eShop等にアクセスしても大丈夫ですか?

    • えむいー より:

      EmuNAND運用しており、SysNANDが汚れておらず、改造したセーブデータなども使っていないのであれば大丈夫な可能性は高いと思われますが、絶対の保証はできません。

タイトルとURLをコピーしました