[決定版] SwitchでBANされない方法

はじめに

よく質問されるのですが、BANされたニンテンドースイッチをUNBANする方法はありません。これはもう原理的に不可能なので、どんなにネットの海を探しても見つかりっこありません、諦めましょう。

なんで無理かというと、WiiUのようにNANDに固有データが書き込まれているわけではないため。

SwitchではCPU内のTrustZoneという領域に証明書が載っていて、ホワイトリスト方式で接続できるかどうかがニンテンドーサーバで判定されています。

BANされていないSwitchの証明書を共有すれば一時的なUNBANは可能ですが、これはもうBANしてくれといっているも同然の行為なのですぐにどちらもBANされます。つまり、まったくもって意味のない行為です。

質問に答えるコーナー

CFWでオンラインに繋いでも大丈夫ですか

「インターネットに繋ぐ」というだけの意味であれば全く問題ないです。

ゲームのアップデートやシステムアップデートではCFW状態でも現状BANされません。

ただし、eShopなどのニンテンドーサーバへのアクセスが必要なインターネットアクセスはCFW状態で行うとBANされます。

OKNG
ゲームのアップデートオンラインプレイ
システムアップデート eShopへのアクセス
アカウントの引っ越し

CFWでのオンラインプレイは普通に逮捕される可能性があるので絶対にやめましょう。

BANの種類はどんなのがあるの

スイッチのBANには本体BANとソフトBANがあり、エラーコードで見分けることができます。

本体BANされるとシステムアップデートや、全てのゲームでのオンラインプレイができなくなります。

ソフトBANはそのゲームだけのオンラインプレイができなくなります。

改造したセーブデータは大丈夫?

オフラインで使うだけなら問題ないと思いますが、改造したセーブデータをCheckpointなりで復元し、そのセーブデータをOFWでネット対戦などで使うと法律に反する可能性が極めて高いです。

ステルスモードってなに

SXOSに搭載されているステルスモードは90DNSと同じでニンテンドーサーバへの一切のアクセスができなくなる機能です。

CFW導入時にこれを設定しておけばゲームのアップデートやシステムアップデートも含めてすべてのニンテンドー関連の通信ができなくなります。

デメリットしかないように思えますが、CFW導入時はシステムアップデートの通知を受け取りたくない場合も多いと思うのでそういう場合に使えます。

考えうる最善の対策

何度も書きますが、BANされたSwitchは絶対にUNBANができず、CFW状態でニンテンドーネットワークに繋ぐ行為は法律に反する可能性が高いです。

つまり、CFW状態では絶対にネットに繋がらないような環境をつくればいいわけですね。

そのためのチュートリアルが以下のとおりです。

セーブデータのバックアップは公式機能の「アカウントの引っ越し」がオススメです。「セーブデータの引っ越し」でもできるかもしれないけど、未検証。

Checkpointは確実にバックアップをとれますが、あんまりおすすめしません、あくまでも最終手段で。

このチュートリアルで一台のスイッチに二つの環境をつくることで、完全に隔離できるのでBANの可能性を極めて低くできます。

以下、その理由。

  • CFW環境
    • NSO未加入なのでどうやってもオンラインに繋がりません
    • ヒューマンエラーを防げるので安全
    • ゲームのアップデートとシステムアップデートはできてしまいますが、これらがBANされないことは確認済み
    • これに加えて90DNSを設定することでそれらも防ぐ
    • 絶対にニンテンドーネットワークに繋がらないので安全
  • OFW環境
    • CFWがEmuNAND上で動いているので、改造されたセーブデータを使ってしまう心配がない
    • 改造セーブデータによるBANなどの心配がない
    • NSO加入しているので普通にネット対戦ができる

まとめ

一年くらいニンテンドースイッチの改造をやってきて、これが一番安全だと思うのでご紹介しました。

もちろん、BANされないことを100%保証することはできませんが、「EmuNAND+CFW側のアカウントがNSO未加入」であるだけでBANの可能性を可能な限り低くすることができると思います。