[NXDumpTool] NSPをPCレスで抽出する方法

HACGUIとの比較

HACGUIのメリット

  • HBからではなくNANDやSDカードから直接データを抜き出すのでCFWが動作しないバージョンでもNSPを抽出することができる。
  • eShopからダウンロードしたゲームを抽出する際にCFW(SYSNAND)で起動する必要がないのでBANのリスクが非常に低い
  • コンソールデータ削除機能がないのでeShopからダウンロードしたゲームをNSP化すると不都合が生じる

NXDumpTool

DarkMatterCore氏が開発したnxdumptoolを使います。

Kosmosだと初期状態から同梱されているので特に新しくダウンロードする必要はないです。

NXDumpToolでできること

カートリッジからXCIのダンプ

XCIはゲームカード形式ですが、これをサポートするのがSXOSだけですのでエミュレータを利用するのでなければXCIは選択しなくて良いでしょう。

カートリッジからNSPのダンプ

NSPはeShop形式でGoldleafやTinfoilなどを使ってSDカードや本体メモリにインストールできます。

アップデータをNSPとしてダンプ

アップデータはHACGUIを使わないとダンプできなかったのですが、本ツールを使えばPCレスでおこなえてとても便利です。

ただ、NXDumpToolはCFWが起動しないと使えません。その点ではHACGUIが勝ります。

ExeFS/RomFSのダンプ

実行ファイルであるExeFSやゲームデータであるRomFSをPCレスで展開して抽出することができます。

従来はhactoolでNCAを復号する必要があったのですが、それをしなくていいというのは便利ですね。ただ、今までPCでやっていたことをスイッチでやっているだけですので、PCに処理力が劣るスイッチでは人によっては時間がかかると感じてしまうかもしれません。

手順

Dump gamecard content

カートリッジからダンプしたいので今回はDump gamecard contentを選択します。

既にインストールしているデータをNSPかXCIとしてダンプする場合はその下のDump SD cardを選択します。

カートリッジのダンプ

今回はNSPとしてダンプしたいので上から二番目を選択します。

設定は多分適当で大丈夫です。ダンプ自体はSDカードがある程度高速であればスプラトゥーン程度であれば十分もあれば終わります。

無事にNSPのダンプができました!

NSPインストール

NSPのインストールはKosmos利用者であればデフォルトで入っているGoldleafを使うのが一番簡単かと思います。

2002-4518

このエラーはNSPの証明書に関するもので、ゲームカートリッジやダウンロードしたゲームデータをNSP化する際に固有データである証明書(Ticket)を多くのダンプツールがデフォルトで偽の証明書に置換していることが由来となるエラーです。

atmosphereでは海賊版対策として自身が正規にダンプしたNSPであっても証明書が正しくない場合はインストールできないシステムが備わっています。

なのでちゃんとした証明書付きでゲームを抽出するか、偽の証明書を弾くシステムを無効化する必要があります。

今まではGithubで普通にSigpatchが公開されていたのですが、現在はレポジトリが削除されてしまってダウンロードできなくなっています。

一応ミラーサイトを見つけたのですが、中身が改変されていないことは保証できませんので導入は自己責任でお願いします。

また、詳しい導入方法は以下の記事で解説しています。

まとめ

NSPとしてダンプすることはできるのだが、結局NSPをNCAに展開するにはPC側でTitleKeyが必要なことは変わっていません。

ただ、スイッチ自体でNSPを抽出できるようになったのはすごく便利ですね。