[四日目] 再びレビュワーに勝利した話

前回のお話

頭のおかしいレビュワーにリジェクトされて、コピペの押し問答を続けた挙げ句、最終的に異議申し立てからレビュワーチームのリーダーであるS氏にコンタクトをとりました。

すんなり申請が受理されて、そこから数回のアップデートはリジェクトもなくすんなりおこなえていたのですが…

また「アカウント情報を提出しろ」とか意味のわからない理由でリジェクトされた!!って言うのが前回のお話。

平文でパスワードとIDなんか送れるわけないだろ

いやいや、あなた流石に任天堂とツイッターがなんなのか知ってるでしょ…っていう感じなのですが、まあこのあたりはマニュアル通りに動くマシーンのようなレビュワーなんでしょう。

というか、過去にどんなやりとりをして「この件についてはチェック不要」みたいなことになってないんですかね?レビュワー間の引き継ぎってどうなってるんですか?

審査から受理まで

異議申し立てをしたのが24日の11:45とかだったと思うのですが、そこまですぐに返事をよこして(多分ムキになっていた)レビュワーからパッタリと返事が途絶えました。

営業時間が終わったためかもしれませんが、ひょっとしたら本件の取り扱いがレビュワーのリーダーに移行したためかもしれません。

で、Apple Connectに審査開始しましたよっていう通知が来たのが25日の1:53のことでした。

多分リーダーが(またS氏かな?)審査してくれているんだろうなあと期待しつつ、リーダーにもリジェクトされたらどうしようなんて内心不安でした。

以下、そのときのツイート

なんと二分くらいで審査が終わってしまいました。

仮に審査してくれたのがリーダーであれば前回もみてるし、不審なコードはないしまあええだろみたいなノリなのかもしれません。

最悪、クレーマー扱いされている可能性。あーでもそれなら審査通さんかな…

まとめ

正直、ほぼバグフィックスのアップデートでリジェクトされるだなんて思っていませんでした。

Apple Review Teamの方々は以前どんな理由でリジェクトし、それを受理するまでにどんなやりとりがあったかを大雑把でもいいから共有してほしいです。

あと、レビュワーは誰が誰かわからんのでレビュワー番号でもいいからなんかこっちから誰と喋っているのかわかるようにしてほしいです。

つまり、以前審査してもらったときと同じ人かどうか知りたいんですよね。誰かはわからなくていいんですけど。

そうでないと「前回も説明したんだけど~」といった説明ができないんですよね、対応お願いします。

ただ、審査の早さ(以前は余裕で二週間とかかかった)がすごく早くなっているのは個人的にはGOODです。審査が遅いとそれだけでリリースする気がなくなっちゃいますもんね。

問題はその代償としてレビュワーの質の担保が十分できていないところでしょうか…うーん、これは難しい。

今回リリースしたサーモンランアプリは以下のURLからインストールできます!

記事は以上。