17ライブから勧誘を受けた話

17ライブとは

イチナナライブと読み、新鋭のストリーミングプラットフォームであるようだ。

そんなイチナナライブからDMがきたのがつい先日のこと。

そこで今回ご連絡させていただいたのが、17 Liveが目指すビジョンにマッチかつ、普段のゲーム配信を17 Liveにて活動を行なっていただき、より良い世界を一緒に作っていけるのでは無いかと思い、ご連絡させていただきました!

(中略)

ライブ配信やゲームライバーとしての活動にご興味をお持ち頂きましたら、目標、ご要望などをお伺いした上で、報酬面や詳細な条件などのご説明などをさせていただければと思いますので、少しでも気になりましたらお気軽にお尋ね下さい。

まず思ったこと

この広報担当、絶対ぼくの配信見てないだろー!!

超アングラなことをしているのに連絡してくるとはこれ如何に…

アングラ中のアングラ動画

まあでも新規参入した側からすれば既存のユーザを奪うのが最も効率がいいのは間違いないので、とりあえずフォロワーが中途半端に多い人に手当り次第に声をかけているんだとおもいます。

既に数千人以上いるなら声をかけてもそうそう簡単に移行してくれるとは思えないし、一桁だと呼んでも意味ないしで二桁~三桁くらいが狙い目なのではないかと。

感想

声をかけて頂いたことはまあ素直に嬉しいですし、報酬やプロ契約っていう言葉が我々一般ユーザにとって非常に憧れのある言葉であることも理解できます。

しかし、その上で自分はこういった配信者としての活動に限界を感じているのも確かです。

というのも、配信者としての生活するのに十分な報酬をこれから先稼いでいく自信が全くないからです。

このシステムは配信者に「ギフト」として投げ銭してもらってそれ(イチナナライブの場合は50%)が収入になるわけです。

他の人が真似できないテクニックや知識を公開したり面白いトークで収入を得るといえばきこえはいいですが、 なんか施しを受けているみたいで個人的にはちょっと受け入れにくいんですよね。

まあそれを言ってしまえばプロサッカー選手やプロ野球選手だって試合でパフォーマンスを見せることで収入を得ているので同じといえば同じなので単に自分の気持ちの問題なのだと思います。

ちなみに別にブログ書いて食っていくつもりもないので(そりゃこれだけで食えれば話は早いんだけど!)

記事は以上。