逆転裁判攻略した

逆転裁判とは

CAPCOMが販売している史上初かつ唯一の裁判ゲーム。

ジャンルとしては推理ADVになるのだろうが、やっぱり自分は推理ゲームが好きなんだなあって再認識しました。

持っている漫画は探偵モノが多いですし…

あれ、でも推理小説はあんまり読みませんね…(それこそ緋色の研究とかめっちゃメジャーなものくらい

感想

3まで終えた感想としては、奇抜すぎるキャラクターが法廷の雰囲気を壊しているかなあと感じました。

終盤の真面目なところではそういうのはないのですが、序盤などは矢張を代表とするトンデモキャラが法廷で暴れたりするので、個人的にはそれが最後まで受け入れられませんでした。

逆に、霊媒というオカルトは「そういうものを前提とした世界観」と考えることで驚くほどすんなりと順応することができました。

ああいうのはSF考証とかそういうの抜きで「あるもの」として仮定すれば話が破綻するような超常現象が可能になることがない限りは面白いんですよね。

特に完結編である3の最終章ではDL6号事件からの一連の伏線が一気に回収されていく様がものすごく快感でした。

まとめ

次にやるなら当然4ということになるのですが、あまりに評判が悪いので飛ばして5をやろうと思います。

でも5って3DSでしか発売されておらずうーん…ってなっていたのですが、調べてみるとiOS版があるそうです!

というわけで5をiOS版でちまちま進めていこうかなと考えています。

SalmonStatsの開発などもあるので、それまでスプラとかハックの記事はご無沙汰になるかもしれません。