no-image

[Splatoon2] 統計から見るガチアサリ

ガチアサリはなぜ面白くないのか

ガチアサリは面白くないと言われることが多い。

「なぜ面白くないのか」を色々と考えてみた。

理由1 ノックアウト率が異常に低い

ガチホコバトルでノックアウト率が低いステージといえばアジフライスタジアムやチョウザメ造船だが、あの悪名高きアジフライスタジアムのガチホコでさえもノックアウト率は17.33%あるのだ。

それに対してガチアサリではノックアウト率が20%を切るステージが3つもあるというのだから、如何にガチアサリがノックアウトしづらいかが直感的にわかると思う。最も低いモンガラキャンプ場のガチアサリなどはノックアウト率が15%を切っているので「ほとんど5分間フルタイムでガチマッチをやらされる」ルールだと言える。

ノックアウト率が30%を切っているステージがガチホコバトルの5ステージに対して、倍以上の13ステージもあるというのだから、これはもう驚くほかない。ノックアウト率30%といえばアロワナモールのガチホコに相当する。アロワナモールの最後の20カウントがどれほど減らしにくいか、当然ご存知だと思う。ガチアサリはあれよりもカウントが進まないステージが全体の6割を占めているのだ。

ノックアウト率が高いということは、ゲームの進行度が速いということであり「カウントをすすめる楽しみ」や「防衛する楽しみ」など、勝敗に直結する場面が多いということを指す。

さらに、ノックアウト率が高いということは「力の差が十分にある場合はすぐに勝利を収めて気持ちよく次の試合に移れるし、負けたとしてもあっという間に負けてすぐに次の試合に気持ちを切り替えることができる」ということでもある。

しかし、アサリはノックアウト率が極めて低いので「対面勝負で圧倒しているのに相手が防戦一方なのでカウントが全く進まない」「負けが濃厚なのに防衛が簡単なせいでなかなか負けられず、負け試合を延々と5分間やらされる

という、仲間が一人回線落ちしたナワバリバトルを5分間もやらされているような状況に陥ってしまうのだ。

これではつまらないと言われてしまっても仕方がない。ガチアサリはもっとノックアウト率を高くすべきである。

理由2 一人では勝てない

ガチホコバトルに関して言えば、どんなに仲間が下手でもガチホコを持って進めるくらいはできる。つまり、自分が8人の中で最も上手いのであれば相手をキルし続けて人数有利な状況を作り出せば必ず勝ちにつながるのである。

ガチエリアも同様で、仲間がエリアを塗ってさえいれば、エリアを塗りにくる相手を倒しているだけで勝ちに繋がる。

ガチヤグラもヤグラに乗ってさえくれれば、自分一人でなんとかできるのである。

つまり、他の3ルールは自分一人で頑張ればなんとかなるルールなのである。

ところがガチアサリだけはそうではない。ガチアサリで勝つためには以下の5つをしなければいけない。

  • 相手をキルして人数有利な状況を作る
  • アサリを集めてガチアサリをつくる
  • ガチアサリを相手ゴールに入れる
  • 防衛してきた相手をキルしてゴール前を有利な状況にする
  • アサリを集めてシュートしてカウントを減らす

これらをすべて一人でするのは圧倒的な実力差がない限り、絶対に不可能である。

つまり、仲間との連携が必要不可欠になってくるのだ。ところがガチマッチではお互いに意思疎通することができない。

そういう点で、連携できずに負けた場合などに非常にストレスがたまるルールだと言える。

理由3 戦略を知らない仲間が多い

ガチアサリにも勝率を上げるための戦術が当然存在する。

ガチホコでいうところの「籠城」にあたるのだが、これを知らない仲間が多すぎる。

ガチアサリにおける当然の戦略をイカに記す。知らなかった人は覚えましょう。

  • カウンターアサリはすぐには取らない
    カウンターアサリはどれだけ放っておいても消滅しない。すぐにとって敵陣に突っ込むイカがいるのだが、ただただこちらが進められるカウントを減らすだけの愚行です。カウントを進められそうなときにだけ取りましょう。
    特にパブロがカウンターアサリをすぐにとって敵陣に向かっていってやられてガチアサリ落としたときなんか殺意にも似た何か黒い気持ちがふつふつと湧き上がりますよね。
    延長線の条件に「ガチアサリがステージ上にあること」というのがあるので、延長条件に入れずにそのままゲームセットということも防げます。意味なくカウンターアサリを取らないこと。
  • 仲間にアサリをパスする
    アサリは仲間(もしくは敵)と共有できるので、ガチアサリ完成間近な仲間が敵陣ゴール前にいたらパスしてガチアサリを完成させましょう。こんなの超当たり前だと思うんだけど、できない仲間が結構いるのでビビります。
  • ガチアサリをもってスーパージャンプ
    これを知らない仲間が圧倒的に多い。スーパージャンプは着地の数フレーム前から行動できるので、相手ゴール地点付近に仲間がいるときにガチアサリを持ってスーパージャンプすればほとんど100%相手ゴールにシュートを決めることができます。
    ということは、仲間が一人ゴール前にいればいいので、ガチアサリ持ちがゴール前に行く必要はまったくないわけです。つまり、パブロがガチアサリを作ってゴール前に行くのはわかりますが、カウンターアサリをとってゴール前に行くのは、途中でやられてガチアサリを落とす危険性があるだけで、まったく意味がないわけです。パブロが相手ゴール前に着いたのを見て仲間がカウンターアサリを拾ってパブロにスーパージャンプすればいいだけなのですから。カウンターアサリをすぐにとってしまうとこの戦略ができないので、カウンターアサリを意味もなくすぐにとるのはやめてください。
  • カウンターアサリは1つしか発生しない
    カウンターアサリは同時に1つしかゴール前に落ちないので、2連続相手にシュートを決められた場合は、2つ目のカウンターアサリが落ちてくる前に1つ目のカウンターアサリを取らないとガチアサリを1つ分損します。
  • ガチアサリは積極的に作る
    特に後衛の仲間に大事です。アサリを大量に抱えたままゴール前を守っていると「ガチアサリもって来た相手にやられる」→「防衛失敗してやられる」→「アサリをばらまく」→「シュートを決められる」→「落としたアサリを拾われてカウントを減らされる」という負の連鎖が発生します。
    ガチアサリであれば相手は拾うことができないのでカウントが進む心配はありません。また、ガチアサリが後衛にあれば相手は「ガチアサリスーパージャンプを警戒せざるを得ない」ので動きに制約が生まれます。更に、自チームだけガチアサリを持っている場合は1秒毎に3ずつスペシャルポイントが増えます。
    前衛がガチアサリを持っていると居場所バレするデメリットもありますが、後衛であれば問題ありません。
  • 後続が続かないのにバリアを割らない
    ガチアサリをシュートしたのに、ペナルティ分すら減らすことができなかった」みたいな状況は単に相手にカウンターアサリをプレゼントしただけになります。逆転負けの可能性が増えるだけなので絶対にやらないこと。
理由4 カウント0率が異常に高い

ガチホコバトルでノックアウトもされていないのにカウント0で負けることは稀である。

エリアは完封された場合などはカウント0で負けることもあるだろうが、人数が4 vs 2以上の有利状況になればほとんど確実にエリアを取り返してカウントを進めることができるだろう。ヤグラもエリアと同様に、人数有利になれば程度の差はあれ少しはカウントが進む。

ところが、アサリは人数が4 vs 2になっても相手陣に突っ込まなければいけないため、カウントが進まない状況が多々ある。せっかく倒した相手が復活してくる場所に(カウントを進めるために)、自分からわざわざ行かなければいけないのである。

詳しいデータは後述するが、負けた側がノックアウト以外で1回もガチアサリをシュートできなかった割合が10%を超えるステージが9ステージもあるのである。これは「負け試合のうち(少なくとも)10試合に1回は何もできずに負ける」ということを意味する。

点が相当入りにくいサッカーですら平均得点が2.5点はあるのに!!

最もガチアサリをシュートしにくいマンタマリア号などはカウント0率が17.85%に達する!!!

「少なくとも」と書いたのはノックアウト負けする試合を除いているためだ。こちらが点を入れたのだが、ボコボコにされてノックアウト負けするという「何もできない試合」がそれなりにあることに注意。

しかもノックアウトされていないので、そんな試合が延々と5分間続くのである。そんな試合がこうも頻繁に起こるようでは苦痛というほかない。

ガチアサリにおける統計

stat.inkのガチマッチのデータを集めて分析した結果がこちら。

[table id=9 /]

ガチホコバトルと同様にガチパワー1800以上の試合のみでデータ分析を行った。

イカ研究所に進言したいのだが、モンガラ・ハコフグ・モズク・マンタマリア号の4ステージに関しては「ノックアウト率の低さ」・「カウント0率の高さ」からステージ改修を行うなど、何らかの対策をしたほうが良い。

個人的にはゴールの位置を変えるだけで対応可能な気がしている。

当然、イカ研究所はすべてのガチマッチのデータを持っているのだからこれよりもよっぽど精度のいいデータを持っている。にもかかわらず、これらのステージがこのまま放置されている状況は非常に好ましくない。

各ステージにおける統計

ガチアサリに関してはかなり詳しく分析を行った。

主に調べたのは以下の項目である。

  • ノックアウト率
    AチームまたはBチームがノックアウトした試合数を全試合数で除することで求めた。
  • カウント0率
    ノックアウトされていない試合のうち、負けた側のカウントが1つも進んでいない試合数を求め、ノックアウトされていない全試合で除することで求めた。
  • 平均カウント
    ノックアウトされていない試合のうち、両チームが進めたカウントの和を求め、ノックアウトされていない全試合で除することで求めた。
  • 安全ライン
    ノックアウト勝ちでない試合の勝利チームのカウントの和を求め、ノックアウト勝ちしていない全試合で除することで求めた。
  • 敗北側カウントグラフ
    負けた側がいくつカウントを進めたかをグラフにしたもの。カウントが0の値は、カウント0率と一致する。
  • 勝利側カウントグラフ
    勝った側がいくつカウントを進めたかをグラフにしたもの。カウントが100の値はノックアウト率と一致する。
  • 各カウントにおける勝率グラフ
    ノックアウトされない場合にそのカウントまで進めた場合どのくらいの勝率があるかを求めた。
カウントについて

アサリは1個いれるとカウントが3進むので、10個入れない限りは1の位が0になることはない。

つまり、グラフをみて40, 50のような10の倍数のカウントが多ければ、ガチアサリは入ったが後続が続きにくいステージであることを意味している。

敗北側カウントについて

もし敗北側カウントが19であったなら「相手に先にガチアサリを入れられ、こちらも入れ返したが負けた」ということになるが、カウントが20であったのなら「先にガチアサリを入れたが、後続が続かずカウンターアサリで逆転負けした」か「後続が続かないのに無意味なガチアサリを入れた」のどちらかを意味する。

この点に注意して各ステージの指標を見ていきたい。

バッテラストリート

勝利側カウントグラフ

主だった偏りもなく、普通のステージと言える。

敗北側カウントグラフ

0, 20, 30, 40が飛び抜けて確率が高いのがわかる。勝利側チームは精々これらの値が1%だったのに対して、敗北側チームはどの値も2%以上と、倍以上も勝利側に比べて後続が続いていないことがわかる。

このステージにおける勝利の法則は「後続が続くときにガチアサリをいれること」というのがはっきりと読み取れる。

勝率グラフ

カウント50くらいまではアサリを入れても勝率が伸び悩んでいることがわかる。50を超えた辺りから線形に勝率が上がっているので、50を目処にカウントを進める戦い方がしたい。

カウントと勝率の理想的な関係は線形性であるので、このグラフは平均的なグラフであるということができる。

フジツボスポーツクラブ

勝利側カウントグラフ

シュートするためには中央の網を越えていく必要があるので、必然的に後続が続きにくいステージ。これは勝利側でも顕著で、明らかにガチアサリ単発の攻撃が多いことがわかる。

後続を続かせるためにも、バリアをこわしたあとは相手をキルすることに専念したい。

敗北側カウントグラフ

勝利側よりも更に後続が続いていないことがわかる。

勝率グラフ
40付近から勝率とカウントが線形になっているのがわかる。85付近からは伸び悩む傾向が見えるので、ノックアウトできそうでない場合や、リードが僅かな場合は相手にカウンターアサリを渡すような不用意なガチアサリシュートは避けたいところだ。

ガンガゼ野外音楽堂

勝利側カウントグラフ

高台上からガチアサリを投げるのが防ぎにくいのでオススメ。また、アサリをいれてカウントを進めるときもやはり高台上が良い。ここを制圧してしまえば有利に戦えるはずだ。

敗北側カウントグラフ

絶望的にガチアサリが入らないステージ。負けるときは完封されているというイメージが目立つ。

勝率グラフ
50付近から線形になっている。主な立ち回りはバッテラストリートを参考に。

チョウザメ造船

勝利側カウントグラフ

ゴール前広場を制するものがこのステージを制すると言っても過言ではない。見晴らしがよく、全方位から攻撃されるので、アサリをいれることだけに夢中にならずに相手を減らすことも考えること。

敗北側カウントグラフ
結局は対面力が強いチームが勝てるステージなので、負けるときはとことん何もすることがないステージと言える。
勝率グラフ
55付近から線形になっている。

海女美術大学

勝利側カウントグラフ

ゴールが極めて入れにくい場所にあるため、カウントを進めるのが難しいステージ。

敗北側カウントグラフ

カウント20が確率が高いにもかかわらず、30、40はその4分の1以下であることから、そもそもガチアサリをあまり入れられていないことがわかる。数少ないチャンスをガチアサリ1つで終わらせてしまうのはもったいない。

勝率グラフ
60付近までは緩やかに増加するものの、60~70にかけて大きな勝率アップが見込める。多少無理してでもアサリをシュートしてカウントを進めたい。

コンブトラック

勝利側カウントグラフ

広く均等なグラフであり、アサリによる後続が続いていることがわかる。

敗北側カウントグラフ

単発率が異常に高く、これは対面力が負けていてスキを突いて一発相手に入れたが後続が続かず終わったことが読み取れる。このステージも対面力がものをいうステージだと言えるだろう。

勝率グラフ
45付近から線形になっている。平均的なステージである。

マンタマリア号

勝利側カウントグラフ

勝利側チームでさえ単発が非常に多く、29,39という数字も目立つことから、このステージにおいては如何にガチアサリを相手ゴールに叩き込むかが勝敗を分けると言えるだろう。相手のバリアが割れている間はこちらは責められることは絶対にない。まさに攻撃は最大の防御といった感じである。

敗北側カウントグラフ

カウント0率が20%に届かんとする恐ろしいステージ。負けるときは本当に何もできず、最高につまらない5分間を過ごすことになるだろう。ご愁傷さまというほかない。

勝率グラフ

カウントが進みにくいので少しのカウントでも勝率が他のステージに比べて高いことがわかる。このステージはガンガン攻めて相手にプレッシャーをかけたい。ガチアサリを持っていないことが相手を一番楽にさせてしまうので、常にガチアサリをキープする立ち回りをしたい。

ホッケふ頭

勝利側カウントグラフ

勝利側は効率よく後続が続いているのがわかる。

敗北側カウントグラフ

とにかく単発率が目立つステージ。50までの単発だけで20%近くある。勝利側チームのグラフからはカウントを進めやすいステージのはずなので、仲間と協力すること。特にパブロ。

勝率グラフ


70付近から線形になる。それまでは入れれば入れるほど勝率がどんどん上がるので、積極的に攻めるのが吉。

タチウオパーキング

勝利側カウントグラフ

ノックアウト率が高いので、全体的に確率は低め。確実な勝利のために、カウントはどんどん進めていきたい。

敗北側カウントグラフ

カウントを進めやすいはずなのにこれだけ単発ガチアサリが続いていたら負けても仕方ないと言わざるを得ない。

勝率グラフ

カウントが進みやすいステージなので、55カウントを進めても勝率が10%以下という厳しいステージ。バリアを壊すことではなく、カウントを進めることが大事なので仲間とタイミングを合わせて攻めること。特にスペシャルの使い所は間違えないようにしたい。

エンガワ河川敷

勝利側カウントグラフ

平均的なステージと言える。特筆する点はなし。

敗北側カウントグラフ

単発が多いのは言うまでもなく、単発率がそこまで高くない(4%前後)なのにもかかわらずカウントがあまり広く分布していないのが気になるところ。1つや2つしかアサリが入っていないと見るべきか。

勝率グラフ
ガタガタなグラフのステージ。ガチアサリを一つ入れるごと(カウント10ごと)に大きく勝率が上がっているのがわかる。カウントリードしていてカウンターも怖くないような状況であれば単発でシュートを決めてしまってもいいかもしれない。

モズク農園

勝利側カウントグラフ

勝利側でさえ単発率が異常に高い。パブロが一人でシュートをキメているせいかもしれないが、それですら勝利に直結するのだから恐ろしいステージ。裏から回り込むなど、多角的に攻めたい。

敗北側カウントグラフ

マンタマリア号と同じく、非常につまらないステージ。ここが来たらガチアサリはしないことをオススメする。

勝率グラフ
エンガワと同じく、シュートが決まるたびに勝率がぐっと上がる。防衛側が有利なのだが、慢心してゴール前に誰もいないというような状況が起こらないように気をつけたい。一回シュートを決められると、それだけで相手がかなり有利になるということを忘れないように。

Bバスパーク

勝利側カウントグラフ

平均的なステージ。

敗北側カウントグラフ

0率、20率が高く、ガチアサリを入れにくいステージだと言える。ゴールに行くルートが2つあるのでやはりこのステージも多角的に攻めたい。一方からのみ攻めるのは「スペシャルを使って止めてくれ」と言ってるも同然の愚行だ。

勝率グラフ
平均的なステージで特筆する点は特になし。

デボン海洋博物館

勝利側カウントグラフ

ゴール前広場は狭く、後続が続きにくいはずなのだが、勝利側はかなりカウントを進められていることがわかる。

これは、屋根上からシュートをきめているため。上と下を同時に一人が守ることは不可能なので、仲間と連携して防衛したい。

敗北側カウントグラフ
勝率グラフ
カウント80くらいまではカウント進めれば進めるだけ勝利に近づく。デスしてもいいのでアサリをたくさんいれよう。

ザトウマーケット

勝利側カウントグラフ

ゴール前は地理的不利なのだが、高台が妙に高いせいで壁際まで寄ればシューター系の攻撃が当たりにくく、アサリを継続して投げやすいのがポイント。

また、中央広場の目と鼻の先なので応援がきやすく、カウントが進みやすい。よって、このグラフのようになるのも納得である。

敗北側カウントグラフ

安心の単発率。ゴールが近いので、ガチアサリ自体は入れやすいのだが、ゴール位置が地形的に不利なため見られていると近づけず、後続が続きにくい。無意味なゴールは絶対に避けること。

勝率グラフ
カウントが進みやすいというステージの性質上、序盤までは非常に勝率が伸び悩んでいる。ここもやはりデスよりもアサリをたくさん入れることを優先させたい。

ハコフグ倉庫

勝利側カウントグラフ

勝利側がカウント1で勝っているのが非常に面白いステージ。とにかくガチアサリが入らないので、単発でも構わないのでガチアサリを相手より先にいれることを優先したい。

敗北側カウントグラフ

カウント0が16%超えるって笑うしかないでしょ(笑)

勝率グラフ
とにかくアサリが入らない。少しのカウント差が大きな勝率の差につながるので、一度のチャンスを絶対に逃さないように。特に、スーパージャンプシュートはこのステージで大きな威力を発揮する。

アロワナモール

勝利側カウントグラフ

敵ゴール前の制圧が鍵。左側の高台から攻めやすいのだが、シールドを置かれると通れなくなるのできつい。バブル、キャンピングシェルターが猛威を振るうステージ。正直面白くない。

敗北側カウントグラフ

単発ガチアサリで負けるべくして負けるステージ。単発ガチアサリは相手にカウンターアサリを与えているだけのスパイ行為と自覚せよ。

勝率グラフ
スペシャルで押し切ることができる場所にゴールがあるので、スペシャルを貯めて仲間と合わせたいステージ。ただし、ジェッパだけは発動中にアサリが投げられないという問題があるので、ガチアサリを持ったままジェットパックを発動しないように注意したい。

モンガラキャンプ場

勝利側カウントグラフ

勝利側チームですらこの有様。敵陣は侵入が困難で、ハイプレでも撃たれようものならほぼほぼ確実にガチアサリが止められてしまう。中央からの距離も遠く、後続も続きにくい。落としたガチアサリは拾えないしで、ガチアサリ史上に残るクソステージの1つ。

敗北側カウントグラフ

負けるときは何もできずに負けます。このステージは選ばないようにしましょう。

勝率グラフ
とにかくアサリが入りません。リードをとれたら残り時間と相談して早めの防衛でも問題ありません。

ショッツル鉱山

勝利側カウントグラフ

ゴール前が広く、制圧すればだいたい勝ち。中央からは少し距離があるものの、ザトウマーケットに比べたら遠いというだけでモンガラに比べたらめちゃくちゃ近い。

敗北側カウントグラフ

ゴール前を制圧されると中央まで広く塗られてしまい、防戦一方になる。そうなると負けるしかなくなる。このステージは対面力が重視されるステージと言えるだろう。

勝率グラフ
85ぐらいまでは順当に入れた分だけカウントが進みます。それ以降は少し伸び悩んでいるのですが、これはここから先が入りにくいというよりは、ここまで入れられる力があるならそのままノックアウトしているということを意味しているのかもしれませんね。

アジフライスタジアム

勝利側カウントグラフ

ゴール下が地理的不利なので、真下から特攻していれるのは困難。つまり、人数有利を作り出す必要がある。そのためにはやはり対面力が必要。敵陣高台を制圧すれば防衛がしにくいのでカウントはどんどん進められる。

敗北側カウントグラフ

ショッツルと似たような感じのグラフ。負けるときはだいたい何もできない。

勝率グラフ
一般的なステージといえます。

スメーシーワールド

勝利側カウントグラフ

少し偏りはあるものの、比較的平均的なステージと言える。

敗北側カウントグラフ

ゴール前がひらけているので相手をキルしないことにはゴールできない。このステージも対面力が要求されると言えるだろう。

勝率グラフ
最初の20カウントが大きな意味を持つステージ。実力が拮抗していると入れにくいということなのだろうか?

ホテルニューオートロ

勝利側カウントグラフ

広く分布しており、攻めが継続しやすいことがわかる。バリアを割ったあとはアサリを拾いに行くのではなく、ゴール前を制圧するような立ち回りがしたい。

敗北側カウントグラフ

単発ガチアサリで負けているのがひと目でわかる。以上。

勝率グラフ
平均的なステージ。しっかり攻めてしっかり守ろう。

まとめ

ガチマッチの4ルールの中で最後に追加され、延長の条件などが最も複雑でチーム戦が要求されるガチアサリについて今回は調べました。

勝利側、敗北側のカウントの進み具合から、負けたチームはガチアサリでバリアを壊したはいいものの後続のアサリが続けていないことがわかりました。

これは「ガチアサリだけが突っ込んでいるから勝てない」のか「勝てないチームはガチアサリしか突っ込めず後続が続かない」のかはこのデータだけではわかりません。

が、どちらにしてもガチアサリは連携が大事です。相手を減らさないことにはシュートもままならないので、仲間