iksm_session取得ツール

iksm_sessionとは

イカリング2で使われる認証用の文字列のこと。

専門的な言い方をすればセッションクッキーのことで、これが漏れると第三者にイカリング2でできることを全て乗っ取られてしまいます。

まあイカリング2でできることといえばゲソタウンで注文したりとか、プレイヤーを通報したりとかその程度なんですが洩れないに越したことはありません。

取得方法

Windowsでiksm_sessionを取得できるツールを作成したので是非試してみてください。

アンチウイルスソフトとかが反応するかもしれませんが、ウイルスではなので保存しておいてください。

実行するとこんな画面がでてブラウザがひらくと思うので、ikaWidgetのようにログインします。

ログインしたら「この人にする」で右クリックしてリンクをコピーします。

コピーしたリンクを貼り付けてエンターキーを押すとiksm_sessionの生成が始まります。

ちょっと時間(10秒くらい)かかるのでおとなしく待ちます。

config.jsonというファイルが書き込まれていたらiksm_sessionの生成成功です。

ファイルをひらくとiksm_sessionとsession_tokenが保存されているはずなのでご自由にご利用ください。

ブラウザでイカリングを見る

iksm_sessionの利用方法の一つにブラウザでイカリングをみるということがあります。

クッキーを設定するためにEditThisCookieというプラグインが必要なのでインストールしよう。

イカリング2のサイトにアクセスすると…

Forbidden

アクセスが禁止されているForbiddenが表示されます。

EditThisCookie

EdhitThisCookieを見るとよくわからない値が設定されていると思うので、ここの値を後述する方法で取得したiksm_sessionに書き換えます。

書き換えたらチェックボタンを押します。

イカリング2が見れた!

無事、イカリング2がパソコンから見ることができました!

ikasでつかう

ikasではWindowsからikaWidget2のようにリザルトを見ることができます。

自動でiksm_sessionを取得することもできますが、手動で設定したほうが簡単だと思います。

SalmonRecでつかう

サーモンランのリザルト集計ツールであるSalmonRecはiksm_sessionを入力することでデータを保存することができます。

ただ、一日SalmonRecを使わないでいるとiksm_sessionの有効期限が切れてしまうのがちょっとめんどくさいですね。

一度有効期限が切れてしまうと再びPCでiksm_sessionを取得して、設定しなければいけないので。

あと、記録がアプリからしかみれず他の人と共有するためにはスクリーンショットをいちいち取らなければいけないです。

Salmoniaでつかう

SalmoniaはSalmonRecと違ってリザルトをブラウザから誰でも見ることができます。

ちなみにぼくのリザルトは以下のURLから見ることができます。

また、iksm_sessionの自動取得にも対応しているので有効期限が切れたから再取得という手間もありません。

ぜひぜひ使ってみてください。